BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

エネルギー市場を変える新しいICO「Restart Energy」の特徴や将来性は?

日本は電力自由化によって、エネルギーの需要と供給の体制が変わりつつありますが、それは世界的に見ても同じことです。
これまでのエネルギーシステムを変えることは私たちの生活を豊かにすると考えられているため、今多くの国や企業が挑戦している分野となっています。
仮想通貨のICO「Restart Energy」もまた、そんなエネルギー分野に挑戦する新しい試みです。
トークンの機能を活用したRestart Energyは、エネルギーと私たち個人の関係性を変える一つのきっかけになることでしょう。
Restart Energyの特徴や将来性についてまとめているので、今後のエネルギー課題と仮想通貨の組み合わせに興味がある人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

エネルギー改革につながるかも?Restart Energyの概要とは

Restart EnergyはどんなICO?

Restart Energyは仮想通貨のブロックチェーン技術を、エネルギーシステムの管理に応用するICOです。現在の電力供給は一部の企業によっておこなわれることが多いですが、それをもっとグローバルで自由な市場に変えていくことを目指すそう。
Restart Energyが普及すれば多くの企業や個人がエネルギー事業に参加できるようになるため、エネルギーの売買が日常的におこなわれるようになるかもしれません。
これまでは一方的に売られるだけだったエネルギーの売買は、新しいエネルギー時代の幕開けにもなり得ます。
そのためRestart Energyは今、世界で注目されるICOの一つとなっているのです。

安心して投資できる対象

Restart Energyにはイーサリアムのブロックチェーン技術が用いられているので、安定した運用に期待ができます。
プラットフォーム上のセキュリティやスムーズな取引認証はもちろんのこと、多くのICOと同じERC20タイプなので互換性も問題ありません。
また、トークン購入にはイーサリアム(ETH)の他にもビットコイン(BTC)が利用できるようなので、比較的購入しやすいのも魅力です。
2018年3月12日現在、売り出された4億枚のトークンは完売しているようですが、もし今後販売が再開された場合はイーサリアム(ETH)かビットコイン(BTC)を準備するといいでしょう。
イーサリアムを応用したプラットフォームはICOの基本になりつつあるので、きちんとそのポイントを押さえているRestart Energyは今後も伸びていく可能性がありますね。

エネルギーの在り方を変えるきっかけに!Restart Energyの特徴

Restart Energyはエネルギーの支払いに利用できる

Restart Energyの大きな特徴は、配布するトークン「MWAT」がエネルギーの購入に利用できる点です。
プラットフォーム上でエネルギーを販売するすべての企業や個人から購入ができるので、まるで日用品を品定めするような感覚でエネルギーを買うことができます。
もちろん仮想通貨トークンであるMWATはいつでもどこでも利用ができるので、エネルギーの購入に対して面倒な手続き等は必要ありません。
30日ごとに供給元を変えることができるため、自分に合ったサービスを提供してくれる相手に簡単に乗り換えることも可能です。
またブロックチェーンを活用しているためコストもこれまでより低くなると見込まれていて、家庭が支払うエネルギーヘの負担が軽減するとされています。
それはエネルギー市場の価格競争を引き起こすきっかけにもなるため、将来のエネルギー料金は今の私たちが驚くような値段になるかもしれませんね。

エネルギー事業に誰でも参加できるようになる

Restart Energyはトークンの保有数に応じて、誰でもエネルギー事業に参加できるようなプラットフォームを構成するとしています。
トークン=エネルギーのような扱いになるので、Restart Energy上では買うばかりではなく売ることも可能なのです。
企業同士ではなく個人間でのエネルギー交換ができれば、お小遣い稼ぎはもちろん、エネルギーのさらなる有効活用につながるでしょう。
もちろんRestart Energyのトークンは今後仮想通貨取引所に上場する予定なので、単純な売買でも利用ができます。
Restart Energyはフランチャイズのような形で、エネルギーを販売するユーザーを増やしていくつもりのようなので、興味のある人はトークンを購入してみるといいでしょう。
エネルギーを自分自身で保有できれば、もっと身近なものとして電力やガスを利用できるようになりますね。

エネルギーコストの最適化を目指せる

自宅で利用しているエネルギーに支払っている金額に、納得できている人ばかりではありません。
もっと安くできるのではないか、もっと効率の良い方法があるのではないか、そんな考えを持つ人は世界中にいるのです。
Restart Energyはそういった人々に対して、エネルギーコストの最適化を提案するとしています。
Restart Energyなら自分で好きな販売スタイルや価格を選ぶことができるので、エネルギーに対して納得のいくお金を払うことができるでしょう。
それは金銭的なメリットだけでなく、精神的なプラスにもなります。
Restart Energyの特徴はただ利益になるだけでなく、日々の生活を豊かにするきっかけにもなることでしょう。

自由なエネルギー市場が楽しめる!Restart Energyの将来性を見てみよう

自然と家庭のお財布に優しい世界になる

Restart Energyが普及することによって、エネルギーコストは大きくプライスダウンするといわれています。
それは現在の地球に与えているダメージを減らし、環境保全に役立つ可能性もあるでしょう。
もちろん家庭のお財布にとってもありがたい結果が生まれるので、将来はエネルギーヘの支払いに悩むことは少なくなるかもしれません。
ユーザーが市場に増えれば増えるほど価格競争は起こりやすくなるので、あなたもRestart Energyへの参加を検討してみてはいかがでしょうか。

よりエネルギーの供給元がグローバルになる?

現在のエネルギーは、自国の企業からしか受け取ることができません。
しかし今後Restart Energyが認められていけば、世界のいたるところからエネルギーを受け取れる時代が来る可能性もあるでしょう。
世界規模の市場になれば、エネルギー技術はさらに進歩し、新しいアイデアや供給方法が確立されることもありえます。
地球全体のエネルギーシステムの進化にもつながるので、Restart Energyのプロジェクトが示す未来は誰にとっても魅力的なものとなるでしょう。
グローバルなエネルギー市場に将来性を感じる人は多いようで、Restart EnergyのICOは着実に成功に向けて歩みを進めています。
エネルギー改革に期待して、今のうちに投資対象としてチェックしておくのもいいですね。

Restart Energyでエネルギーをいつでも手元に

Restart Energyは、エネルギーにトークンという新しい「形」を与えるICOです。
システムが普及すれば、いつでもエネルギーを手元において、自由に利用できる社会が来るかもしれません。
そんな未来を創造するには、多くのユーザーによる投資が必要です。
この機会にRestart Energyの魅力をチェックして、ぜひ今後の投資を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial