BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

国境を越える医療システムを作りだすICO「CareX」の特徴や将来性は?

近年、人類の医療技術はめまぐるしい発展を遂げていますが、すべての人間にその恩恵が与えられているとは言い難いでしょう。
それは住む地域や金銭的な環境による医療格差が原因と考えられていて、生まれた国や家庭によって必要な医療を受けられない人が大勢いることが問題となっています。
CareXはそんな人々にスポットを当て、満足のいく医療の提供を目指すICOとして活動しています。
スムーズな医療費の支払いや医療記録の提出がブロックチェーンによって実現されれば、今よりもずっと安価で素早い治療が可能となることが期待されます。
CareXは医療関係者はもちろん、医療が必要な世界中の人たちに注目されているので、今後伸びる可能性のあるICOです。
しかし利益を狙う投資だけでない素晴らしい可能性を持つICOなので、その特徴や将来性についてチェックしおいてもいいかもしれません。

医療を支える柱になるICO!?CareXの概要とは

医療を変える新しい一手

CareXは既存の医療サービスを仮想通貨のブロックチェーン技術によって変革することを目指す、新しいICOです。
現在は国ごとに格差のある医療を平等にし、誰でも必要な治療を受けられるシステムを確立することが目的となっていて、医療関係者を中心に話題となっています。
医者や看護師といったサービスを提供する側はもちろん、薬の開発や販売に携わる人にもメリットのあるICOであるため、今後の医療の在り方を考える人はチェックしておくべきでしょう。
日本も長寿国として有名ですが、今後はCareXのようなシステムの導入によって、これまで以上に快適な医療サービスが受けられるようになるかもしれません。
健康は生きている人全員に関連する分野なので、CareXのような医療ICOはこれから広まることも十分に考えられます。

豊富な支払い通貨

CareXはイーサリアムのブロックチェーンを利用したICOで、安全なセキュリティとスピーディな取引が魅力。一刻を争う事態も考えられる医療分野において、ブロックチェーンのシステムは大きなメリットになることが予想できるでしょう。
またCareXは、プレセールの購入の際に利用できる通貨が豊富なことでも有名です。
仮想通貨は世界に広まりつつありますが、国によっては自由な売買ができない可能性もあります。
そのためCareXはICOで定番のイーサリアム(ETH)に加えて、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、米ドルでの支払いに対応。特に米ドルで購入できる点は魅力で、海外出身なら仮想通貨を持たなくてもCareXのサービスを利用できます。
参加可能な通貨が幅広いということは、それだけ資金を集めやすいということでもあるので、ICOとしての成功に期待できるかもしれませんね。

安心して投資できるプロジェクト

CareXはICOのメリットとして、医療に関するデータの透明性を挙げています。
それを証明するかのように、CareXは公式サイトでプロジェクトに関するさまざまな情報を公開しています。
ホワイトペーパーやロードマップ、さらに開発をおこなっているチームの名前と顔写真を載せているのがポイント。
ICOとして信頼に足る透明性を提示しているので、安心して投資をおこなえる対象だといえるでしょう。
公式サイトにはCareXの詳しい情報が載っていますが、わからないことがあれば気軽にメールで連絡も取れるようです。
はじめてICOを利用するユーザーも、CareXなら思い切って投資に踏み切ることができるでしょう。

いつでも最適な医療を受けるために!CareXの特徴とは

世界の患者が適切な医療を受けられる世界に

CareXを一言でいえば、「国境を越えた医療システム」となるでしょう。
システムが完成すればブロックチェーンを通じて世界の患者に適切な医療を提供することが可能となり、いつでもどこでも必要な治療が受けられるようになるとのこと。
自分にどんな治療が必要なのか、その治療はどこにいけば受けられるのか。
そういった患者の疑問に答えるプラットフォームになるため、現在の医療格差を解消することになるかもしれません。
2018年3月現在、CareXはアメリカのプロバイダに加入していて、着実にそのシステムを広げています。
今後は世界に向けてCareXを拡散していくようなので、順調に資金が集まれば日本での活動もおこなわれるでしょう。
本当に適切な医療を受ける権利を世界中に広げていくCareXの試みは、医療のシステムを根本的に変えうる可能性を持っています。

医療にかかるコストや時間を削減

仮想通貨のブロックチェーン技術を用いたCareXは、医療にかかる費用や時間を大幅に削減するとしています。
独自トークン「CARE」は世界のどこにいても送金できるため、これまで支払いの際に生じていた無駄な要素は必要がなくなるでしょう。
またCareXのブロックチェーンは医療記録の保存や開示も簡単なものにするので、国外にいる医師から必要な診断をすぐ受けることも可能になるとのこと。
医療からコストと時間を減らすことは、患者にかかる金銭的負担と精神的負担を同時に解消することにつながります。
CAREトークンはその他にも国外で治療を受ける際の旅費などにも利用できるようなので、医療に直接関係しない費用も賄えるようです。

医療AIによる新しい診療方法も提案

CareXは既存の医療システムを大きく変える技術をいくつも提案していますが、今後は医療AIによる簡易的な診断も実践するようです。
医学的に訓練されたAIが診断の一部を担うことで医師の負担を減らし、より効率的な治療をおこなうことを目指します。
AIによる診断が一般化すれば、これまで医者にかかっていた時間やコストはさらに削減され、より深刻な症状を持った人にサービスを回すことができるでしょう。
新しい医療スタイルとして人目を引くので、CareXへの投資を促す効果もあるかもしれません。

本当に医療が必要な人が助かる世界!?CareXの将来性に注目

医療がさらに受けやすくなる

CareXは誰がどこにいても快適な医療が受けられるようになるICOなので、普及すれば多くの患者やその家族にメリットが与えられるでしょう。
金銭的な負担軽減はもちろん、「いつでも最適な治療を受けられる」という環境はとても安心できるものとなるので、お金には変えられない魅力になると予想されます。
また本格的な治療が必要でない人のケアも万全なので、CareXによってプラスの影響を受ける人は世界中にたくさんいることになるでしょう。
より医療が身近で、いい意味で簡易的なものとなるCareXのシステムは、将来医療を変革するきっかけになるかもしれません。

保険の代わりとして期待される?

CareXのスピードと透明性は、既存の保険の代わりになるのではと期待されています。
医療データの開示や診察が簡単に終わるので、CareXのプラットフォームで保険のようなサービスが進めば、すぐ補償がおこなわれるかもしれません。
CareXが世界規模となれば保険の代替え案として参入する企業が増える可能性もあるので、CareXはさらに充実した医療機関となるでしょう。
治療だけでなくそこに至るまでの保険もカバーすることができれば、CareXはまさに世界の医者として認められることになります。
そういった将来性に期待できるICOはめったにないので、CareXは今後も多くの資金を集めることになるでしょう。

CareXで世界の医療が大きく変わる!

医療に関する問題は、国や人種によって区別されることのない人類共通のものです。
CareXはそんな医療が抱える壁を破壊し、新しいシステムを作る布石となるかもしれません。そのため2018年は、特にCareXの動向に注目しておくのも良いでしょう。
順調に資金が集まってCareXのサービスがはじまれば、CAREトークンの需要が高まることもありえます。世界を変えるかもしれないICOであるCareXには、今後も熱い視線を向けておきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial