BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

未来の広告システムを構築するICO「Pingvalue」の特徴や将来性は?

普段何気なく過ごしていてもテレビや新聞、そしてインターネット上でさまざまな広告を目にする機会が多いと思います。しかし現在の広告は「数打てば当たる」というポイントを元に運用されているため、コストや時間がかかるのがネックです。
そこで、ICO「Pingvalue」は、そんな非効率的な広告からの卒業を提案し、企業と顧客をつなげる新しいプラットフォームを作り上げるとしています。
Pingvalueによって企業も消費者も、よりスムーズな取引が楽しめるようになるかもしれません。
ICOとして、Pingvalueにどのような価値が期待できるのか。
Pingvalueが持つ特徴をチェックしておきましょう。

人を中心とした広告システム!Pingvalueの概要とは

企業に正しい顧客を紹介するICO

Pingvalueは現在の混濁した広告システムを整理して、企業と顧客を適切に結びつけるプラットフォームを提案しています。
これまでのようにすべての媒体に広告を打つのではなく、狙ったユーザーに向けてピンポイントに情報を発信していくのが、Pingvalueの目指すシステムの概要です。
より効率的で利益を尊重した広告が当たり前のものとなれば、企業は自身のさらなる発展につなげることができるでしょう。
Pingvalueは企業が求めるユーザー、つまりはその商品やサービスに対して正しい顧客を紹介してくれます。
新規展開を考えている企業にとって、Pingvalueのプラットフォームはかなり魅力であり、採用に値するものだといえるでしょう。

透明性を持ったマーケティングをサポート

Pingvalueは広告業界全体に透明性をもたらし、顧客と企業の間にある壁を排除することを目指すICOです。
今の広告はターゲットが不明瞭であり、本当にその情報が欲しい人に広告が届いていないとPingvalueは考えます。
せっかく凝った内容や発信方法を工夫しても、そもそもその商品やサービスに興味がない人が相手からは無視されてしまうでしょう。
Pingvalueはそんな顧客と広告のすれ違いを防ぐことを目的としていて、そのためのプラットフォームと独自トークンを配布しています。
ブロックチェーン上で取り引きされるこちらの「PCOトークン」は、イーサリアムとビットコイン、そしてユーロでの購入が可能です。
イーサリアムのブロックチェーンを使っているため互換性に長けているので、ICOがはじめての人でも簡単にチャレンジができますね。

豊富な開発メンバーは投資を促す

多くのICOと同じように、Pingvalueは自身の有用性を示すために公式サイトを作成しています。
そのなかにはPingvalueの概要やロードマップが掲載されていて、すべての計画がオープンになっているのがわかるでしょう。
またPingvalueはその豊富な開発メンバーを惜しげもなく披露していて、層の厚さをうかがうこともできます。
ICOを実際に完遂する体力が十分にあると感じられるので、Pingvalueは投資先として有力候補となるかもしれません。
2018年3月11日までは、ツイッターやフェイスブックを通したキャンペーンが行われていたので、今後もお得に購入する機会が巡ってくる可能性はあります。
プレセール情報はこまめにチェックして、投資のタイミングを考えてみてはいかがですか。

効率的な広告戦略を実現!Pingvalueの特徴について

企業に効率的な広告システムを提供する

Pingvalue最大の特徴は、これまでにない効率重視の広告システムです。
宣伝に利用していた無駄なコストや時間を、ブロックチェーンの技術によって削減することができれば、企業は本来行うべき事業にその資金を回すことができます。
それは商品やサービスを安価にしたり、もっと良い事業への懸け橋となることでしょう。
広告の出し方にPingvalueという新たな手段が加われば、広告主はより自由度の高い選択が行えます。
それは広告費の価格競争を起こすきっかけにもなり得るので、Pingvalueの特徴が既存の広告という形を変えていくかもしれません。
Pingvalueは広告業に限らず、あらゆる事業と関わりのある分野に参入していくので、多くの業界から投資を受けられる可能性があります。
ICOとして成功するための資金を獲得することが予想できるので、Pingvalueに投資してトークンの価格高騰に期待してみるのもいいでしょう。

顧客の情報を正確に取得する

Pingvalueは企業がより理にかなった広告を打てるように、顧客の情報を正確に取得するプラットフォームを提供しています。
「Pingspots」と呼ばれるWifiホットスポットから、どんな顧客が、どんなアイテムを欲しがっているのかを明確にすることができるとのこと。
これまでは多大な時間とコストを使って集めていたそれらの情報は、Pingvalueによって簡単に手に入れられるようになるかもしれません。
顧客の正確な情報を取得できれば、企業側はそのデータを元にした魅力的な広告を作成できます。
それは顧客に対して有力なアピールになるため、業績の向上に期待ができるでしょう。これから起業や新ビジネスの展開を考えている人にとっては、Pingvalueのトークンはかなり価値のあるものとなりますね。

Pingvalueトークンにはメリットがたくさん

Pingvalueの独自プラットフォームを使用するには、PCOトークンで支払いを行う必要があります。
PCOトークンはさまざまなメリットを持つ通貨であり、これまでにないスムーズな決済をユーザーに提供してくれるでしょう。
セキュリティの高さやスピーディな取引完了は、企業にとっても消費者にとってもメリットになります。
トークンによって広告に即効性が期待できるようになれば、より広告の価値が高まることにもつながり、関連する事業が盛り上がるかもしれません。新しい広告の形態として、PCOトークンのメリットにも注目しておきましょう。

広告の効果がさらに高まる!?Pingvalueの将来性について

広告の魅力を最大限に引き出せるようになる

Pingvalueは将来的に、広告業全般のシステムを担うICOになるかもしれません。
もしそうなれば、Pingvalueは広告の魅力を最大限に引き出し、企業と顧客を間接的につなげる最良の手段を提供するでしょう。
人の目に止まり、購入したいと思わせる広告を作るには、現代の技術や環境をフル活用しなければなりません。
Pingvalueは仮想通貨のブロックチェーン技術とトークンを利用して、今の時代にこそ必要な公告を作成してくれます。
よりユーザーに密接した広告業が将来的に確立されるかもしれないので、今のうちにPingvalueへの投資を行っておくと収益になるかもしれませんよ。

本当に気になる広告だけが届く

Pingvalueはユーザーの情報を取得することで、本当に購入する可能性のある広告だけを届けるシステムを構築します。
ネットを見ている最中に、自分にまったく関係のない広告が表示されるという経験は誰にでもあることでしょう。
それは広告主にとってもマイナスなことであるため、今後Pingvalueのようなシステムによって改善されていくことが期待されています。
将来的にはネットやテレビで目にする広告は、すべて自分と関連性があり、ついつい購入意欲を刺激されるものばかりになるかもしれませんね。

Pingvalueで広告が変わっていく!

Pingvalueはデジタル広告の新しいスタイルとして、世界中に認知されることを目指します。仮想通貨ICOに興味がある人は、Pingvalueに投資してその後の動向に期待してみてはいかがでしょうか。
広告の在り方が変わることは、企業だけでなく、私たち一般ユーザーにも大きな意味があります。未来の広告スタイルの完成は、Pingvalueの発展次第となるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial