BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

ICOシステムを自由化するICO「FreeZone」の特徴や将来性は?

現在、仮想通貨市場やブロックチェーンのシステムが世界的に広まりつつありますが、こういったビジネスでは、他のビジネスのような法律などのアドバイザリーや、投資するためのサポートを受けられる環境がまだありません。
FreeZoneは仮想通貨を伴うビジネスや投資をサポートするパイオニアとなるべく開設されました。

現行システムに手を加える形のビジネスは大きく伸びる可能性があるので、FreeZoneに要注目です。

FreeZoneの概要とは

FreeZoneがICOにあたり、5つの主要事業とその収益予測を公開しており、仮想通貨だけでなく、ドルや円などのリアルマネーでも投資を募っています。

FreeZoneは、仮想通貨をめぐる市場のサービスプラットフォームづくりを目指し、ICOをサポートするマーケティングや投資銀行業務、人々が普段利用する金融システムとの統合を図る支払いシステムと取引プラットフォーム
構築と銀行業務をおこなうとしています。
こういったプロジェクトのほかに、社会とビジネスとの相乗効果を意図し、仮想通貨を通じたコミュニティづくりも計画しているとのことです。

現在の仮想通貨主流のICOシステムよりも、より柔軟な資産運用が期待できる可能性を秘めているのがFreeZoneの掲げる理念です。ICOでは現行システムの改変が大きな期待を集める傾向にあるので、FreeZoneの事業計画にも期待が持てるのではないでしょうか。

一般的なICOの仕組みとは

FreeZoneは従来の通貨でも投資ができるICOなのですが、一般的なICOの仕組みとは、「事業を興す人が出資を求めて独自の暗号通貨(トークン)を発行し、その事業に投資したい人、援助したい人がトークンを仮想通貨(主にイーサリアム)で購入し、手に入れたトークンの価値上昇を待って市場で売り、差額の利益を得る」といったものです。

仮想通貨が登場するまでの資金調達方法としては、主にIPO(新規公開株)が使われていましたが、上場までに厳しい審査があり、証券会社を介して投資家に購入してもらわなくてはならなかったため、どんな事業者でもできるわけではないというのがネックでした。

しかし、ICOは独自の暗号通貨(トークン)の発行さえできれば、どんな小規模な会社でも資金調達システムを立ち上げることができます。最近流行りのクラウドファンディングに似てはいますが、トークンという、証券のように市場で売買できる仕組みを取り入れているのがICOです。良い企画を立てて人々の共感を呼べば、瞬時に多くの資金調達をすることも可能です。

資金調達する側のメリットとしては、短期間で資金を集められること、資金の返済や配当金が基本的に不要であること、証券会社などの仲介業者が入らないのでコストがかからず、事業の発展に集中できるという利点があります。

企業側のデメリットについては、自社の製品開発や企画に賛同をもらう必要があること、製品開発や販売が失敗すると投資家に損失をもたらし、今後の資金調達が困難になる恐れがあるという点です。

投資する側のメリットとしては、世界の有望なスタートアップ企業に少額から投資できること、事業が大当たりすれば相当の利益が期待できること、企業によってはその企業が提供するサービスがお得に受けられる特典があるなどのメリットが考えられます。

逆に、投資側のデメリットとしては、事業リスクを判断するのが難しい、トークンの流動性、集めた資金を持って会社が消えるなどの詐欺行為があります。

各国もICOに対して規制を行ってはいますが、実情に追いついてないのが現状です。時間が経つにつれて、投資家保護のための制度が確立されていくかもしれませんが、それまではICO投資には慎重を期したほうがよさそうです。

ICOの将来性とは

ICO投資については、法整備がまだ追いついていませんが、近いうちに変わっていくことでしょう。

現に、アメリカや中国、韓国などでICOへの規制が行われたり、日本でも金融庁が投資家に注意喚起行っています。しかし、世界的な潮流から見ても法整備に乗り出すのは時間の問題と考えられます。

自由度の高さにメリットがあるICOが規制されると、ICO市場の活性が失われるのではと危惧されます。

ICO成功事例

ここで、ICOに大成功して飛躍した企業を紹介します。

イーサリアム

現在、ビットコインに続く時価総額第2位のイーサリアムは、過去にICOを実施して誕生し、ICOのいわば申し子のような存在です。プレ・セールという、事前にトークン(ここでは仮想通貨のイーサリアム)を販売する期間がICOの過程でありますが、プレ・セールス1期目では、1イーサリアム=0.0005BTC≒30円で販売されていました。

正式な公開後は順調に価値が上がり、現在(2018年3月15日)1イーサリアム=63,300円にまで跳ね上がっています。イーサリアム発足当時に目をつけて投資した人がどれだけ莫大な利益を得ているのかがわかります。

このような事例がICOではまれに見られるということです。

アラゴン

アラゴンは、組織の運用に必要な給与計算や会計、資金調達などの事業運営に必要不可欠な業務を、イーサリアムのプラットフォーム上で統合管理できるアプリの制作を企画している事業者です。アラゴンは、ICOを行ってわずか15分で2,500万ドル=日本円で約25億円を調達することに成功しました。

まだ20代前半の若者が創造する事業になりますが、彼は天才的なプログラマーでEU高官の顧問を務めたりしていて、そのポテンシャルの高さがこの驚異的な人気に影響していると言われています。

MobileGo(モバイルゴー)

MobileGoはモバイルゲームのプラットフォームを作っている会社です。モバイルゲームを公開して収益を上げるには、GoogleとAppleの2社のストアに申請するしかなく、両者に売上の30%を強制徴収され、GoogleやAppleから支払いを受けるのに最大60日も待たされます。そのため、モバイルゲーム開発会社にとっては不利益なシステムですが、それを改善するためMobileGoはICOに打って出たのです。

30%という高額なマージンでなく、収益の10%をマージンとし、ゲーム会社に対する支払いを短縮する企画を打ち立ててICOに挑み、多額の資金調達に成功しました。

独占的な既得権益に立ち向かう姿勢が多くの人の共感を呼んだ一例でしょう。

ICO取引で十分注意すること

魅力的な事業内容を見つけると、その投資利益の大きさに期待が膨らみ、成長が見込める仮想通貨での取引ということでハードルが下がり、すぐに飛びついてしまうこともあるかもしれません。しかし、やはり気をつけたいのはそのICOが詐欺行為でないかどうかということです。

国内の法整備が整うまでは特に注意が必要です。現に、今でも詐欺まがいのICOが発生し被害が出ています。

これを防ぐには、必ずホワイトペーパーを確認し、評判などもよく調べた上で投資をおこなうようにしてください。ホワイトペーパーとは、ICOをおこなう前に公開される文書のことです。事業構想や技術の詳細、ICOをおこなうまでの背景、理念が記載されています。

ただし、海外企業のホワイトペーパーは英語で書かれてあることがほとんどで、日本人には事業内容の理解を深めることができないという側面があります。そこで、ICOを予定している企業情報を代わりに翻訳してくれている日本語サイトも登場しました。

そういった便利なサイトも活用し、充分納得の上で投資をおこなうべきです。そして、これはもう当たり前のことですが、仮想通貨やブロックチェーンの知識を充分に得ておくことです。

安全な投資をおこなうためには、勉強をしてきちんとした知識を得るべきです。気軽に少額投資できると言っても、やはり投資は情報に流されずに自分の頭で判断するのが基本中の基本です。

成長が見込まれるICO関連サービスのパイオニア、FreeZoneに投資してみませんか?

これから大いに発展していく可能性のあるICOシステム。株式や債券など、企業が資金調達をおこなう時のように、ICOをおこなう事業者をサポートしようという目的を持つのがFreeZoneです。成長産業に参入する企業は今後大きく伸びる可能性があります。ICO業界の成熟度を見極める練習として、FreeZoneのICOを少額投資から試してみてはどうでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial