BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

安定した通貨価値を作りだすICO「Havven」の特徴や将来性は?

仮想通貨はその価格変動率(ボラリティ)が話題となり、さまざまな投資家たちによる支援を受けてきました。
少額での投資が大きな利益につながることも珍しくなかったため、これまでもたくさんの人たちにメリットを与えてくれたことは有名でしょう。
しかしその価格の変わりやすさは、普段から利用される通貨としてはやや不適切だとされるのも事実です。
そのため今後仮想通貨が現物の通貨に代わっていくには、価格の安定度が重要になると考えられています。
だからといって現在の価格変動率を失うと、投資対象としての価値が下がってしまうというデメリットもあるため、面白くない思いをする人も出てくるでしょう。
そんなジレンマの解消に乗り出したのが、ICO「Havven」です。
Havvenはボラリティと安定性を同時に獲得する市場の形成を目指す、画期的なICOとして注目を集めています。

安定した仮想通貨を生み出す!Havvenの概要とは

価格がぶれないコインによる取引を実現

仮想通貨は決済手段として非常に優秀な通貨ですが、その価格の変動率がときに問題とされてしまいます。
デジタル通貨の性質上需要と供給が上手に調整できないため、どうしても短期的なボラリティが発生し、安定性を欠くことになるのです。
これは仮想通貨の代表格であるビットコインも同様で、仮想通貨が現在の通貨に置き換わることを妨げている大きな要因だといわれています。
Havvenはそんな価格の変動率に注目し、これまでにない安定した通貨を市場に流通させることを目指すICOです。
単純な投資対象ではなく、毎日でも使える通貨らしい通貨を実現することに期待されているので、これからの仮想通貨業界をリードするICOとなるかもしれません。

仮想通貨が安定することによるメリット

仮想通貨やそれに属するトークンの価格が安定することには、たくさんのメリットがあります。
世界に向けたスムーズな送金や毎日の買い物、リスクの少ない投資や仮想通貨をメインとしたマーケットの確立など、その方向性は多岐にわたっているのです。
安定することによってメリットを受ける業界や市場は、想像以上に多いといえるでしょう。
既に仮想通貨はスピードと低コストが魅力として伝わっていますが、そこに安定性が加わることで、さらに価値が高まるとされています。
HavvenのようなICOはその安定性を提供する、最善のプラットフォームとして機能していくことでしょう。
もしかしたらHavvenをきっかけに、仮想通貨の安定性がさらに重要視されていくかもしれませんね。

今後に期待できるICO

Havvenは今後の発展に期待したくなるICOとして、たくさんのポイントを押さえてくれています。
公式サイトでは開発メンバーやロードマップが公開されているので、これからの展望が簡単にチェックできるでしょう。
ICOの目的やシステムの概要が簡単な図で載っているのもありがたく、システムに興味がある人は公式サイトを確認してみてください。
プラットフォームはイーサリアムを利用し、ERC20タイプによる互換性も持ち合わせています。
2018年3月で先行販売は一旦終了していますが、これからの価格高騰を狙って今からでも購入方法を確認してみるのもいいでしょう。

安定とボラリティを兼ね備えたシステム!?Havvenの特徴について

デュアルトークンによる安定性

Havvenは2種類のトークンを用意するデュアルトークンシステムによって、通貨の価格を安定させることを目指します。
仮想通貨を担保にして取得できる「Havvensトークン」と、そのHavvensトークンを利用して発行できる「Nominsトークン」があり、ユーザーはそれぞれのメリットを体験することが可能です。
簡単にシステムの概要を説明するのならば、イーサリアムなどを担保にしてユーザーはHavvensトークンを獲得し、その量に応じたNominsトークンを別のユーザーに販売します。
Nominsトークンは他の場所で自由な取引に利用できるので、たくさんの市場で有意義な取引を生み出すでしょう。
Nominsトークンの利用時には手数料が発生しますが、その手数料は発行元であるHavvensトークンを持つユーザーたちに分配されるのです。
取引が活性化すれば安定した報酬を獲得し続けることができるので、Havvenによる金銭的なメリットは大きくなっていくでしょう。
Havvenのシステムは広範囲にわたる分散型決済ネットワークとなるため、中央管理にかかるコストや時間は削減され、トークンを保有するユーザーに利益が直結する形となっています。
デュアルトークンという画期的なシステムによって、仮想通貨は新たに安定したサイクルを手に入れることができるかもしれませんね。

2つのトークンは別々の役割を持つ

Havvenで利用できる2つのトークンには、それぞれ別の役割があります。
Nominsトークンは発行時に、米ドルの価格を参考にして作られ、その後変わらない価値を維持するトークンとされています。
価格が変動しないおかげで取引に利用しやすく、日常的な売買で活躍することが見込まれているのです。
一方でHavvensトークンは、セカンダリートークンを発行する画期的な通貨として、さまざまな投資家たちからの注目を集めます。
Havvensトークンの価値は他の仮想通貨同様変動し、そのシステムの価値が高まるほどに高騰していくでしょう。
ボラリティの高いトークンとなるので、投資対象としての魅力を損なうこともありません。
これら2つのトークンが別々の役割を担ってくれることで、Havvenは仮想通貨の魅力であるボラリティと、現在の課題である安定性を両方備えたコインとなります。
この特徴は他にはないものなので、HavvenのICOが世界的に普及していく可能性を示すものとなるでしょう。

仮想通貨の良いとこどり?Havvenの将来性について

仮想通貨の良いところをそのまま応用

Havvenは仮想通貨の良いところをそのままに、新しい進化を促すICOとして期待されています。
ボラリティによる利益の獲得は投資家だけでなく、さまざまな人たちにとっても魅力的なものでした。
その魅力を放棄することは、仮想通貨に対する関心を失墜させる可能性にもなるでしょう。
Havvenの特徴であるトークンは、現在の仮想通貨ファンをそのまま離さずにいるためのシステムとなりえるので、今後の仮想通貨のトレンドになっていくかもしれません。
将来的にはHavvenのような、デュアルトークンを特徴とするICOが増えていく可能性もありますね。

安定した通貨のメリットを伝える

現在の仮想通貨は、チャートを頻繁に確認して売買のタイミングを見計らうことが多いため、安定することによるメリットを想像しづらくなっています。
むしろボラリティがなくなることは、投資する側にとってはデメリットになるのではと考える人もいるでしょう。
しかしHavvenは、ボラリティを維持しつつ安定したトークンを作りだすことができるので、仮想通貨への投資を行っている人にもメリットを伝えやすくなります。
多くの人たちから支持を得やすくなるので、将来的にICOの成功を達成する可能性が高くなるでしょう。
仮想通貨を日常的に利用したい人、仮想通貨で利益を得たい人、その両方を引き入れることができるHavvenは、2018年以降注目していくべきICOとなりますね。

Havvenをきっかけにトークンの価値について考えてみよう!

HavvenのICOは、仮想通貨の価値について考える良いきっかけになるでしょう。
ボラリティの高さや安定性が、いかにユーザーにとってのメリットになるのか。
それを理解することができれば、仮想通貨の魅力をさらに味わうことができるようになります。Havvenの特徴や将来性をチェックして、仮想通貨の今後を深くまで考えてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP