BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

動画配信市場を盛り上げるICO「Transcodium」の特徴や将来性は?

動画のストリーミング配信サイトは、ここ数年で爆発的に普及しました。
大手企業もそれに合わせて独自のサービスを展開し、ユーザーにとってさらに便利な環境を提供し続けています。
そこに目をつけたのが、仮想通貨ICO「Transcodium」。
Transcodiumは動画ストリーミングを簡単に利用できるプラットフォームをつくりあげ、たくさんの視聴者と動画の作成者を取り込むことを目指します。
ブロックチェーンと独自トークンを用いた新しいシステムが、既存の動画サイトにはない魅力を生み出すかもしれません。
動画のストリーミング配信の未来に興味があるのなら、Transcodiumの特徴や将来性をこちらでチェックしてみましょう。

動画配信市場はさらに拡大する!?Transcodiumの概要とは

ブロックチェーンの技術を動画配信に応用するICO

2018年現在、動画のストリーミング配信サイトは多数存在しています。
多くの企業が広告を掲載していることもあり、その経済効果は計り知れないものになっていることでしょう。
動画サイトへの投稿者はその人気に応じた報酬を得られることも多いため、さまざまなスキルを持つユーザーが手によりをかけた動画を毎日のように配信しています。
しかし動画を作成して配信するためには多くの手間と時間がかかり、ときには満足のいく結果を得られないこともあるでしょう。
Transcodiumはそんな現状に仮想通貨のブロックチェーンの技術を導入し、より動画が配信しやすいプラットフォームを提供するICOです。
ブロックチェーンと独自トークンを利用したTranscodiumでなら、誰でも簡単にストリーミング動画を配信することができます。
Transcodiumは今後の動画配信市場を賑わす、カギとなる機能を有しているといえるでしょう。
動画配信に興味がある人はもちろん、動画を見ることが好きな人も、Transcodiumには注目しておくといいですね。

安価で動画のクオリティアップ

これまでにも、動画作成を助けるプラットフォームはいくつもありました。
しかしそのどれもが高価な費用を要求し、資金が少ないクライアントの要望を満たせずにいたのです。また安定性にも問題があり、プロジェクトが途中で中止になってしまうということも珍しくはありませんでした。
そういった不安定性を解消する方法として、Transcodiumは仮想通貨のブロックチェーン技術に目をつけたのです。ブロックチェーンに共通するスピードと低コストは、動画配信の過程にも活かされるので、安価に動画のクオリティをアップすることができます。
資金や時間がネックになっていた人にとっては、Transcodiumの発展に期待したいところですね。
Transcodiumのプラットフォームが当たり前のものとなれば、動画配信市場はさらなる拡大を見せることでしょう。

ICOとしての価値にも注目

仮想通貨ICOへの投資をおこなって利益を得たいと考えている人にも、Transcodiumはおすすめできます。
Transcodiumには公式サイトが設けられていて、重要なロードマップや開発チームの情報を簡単に手に入れることが可能です。
ICOに関する不明点をなるべくなくそうという意図が見えるので、信頼して投資をすることができるでしょう。
またTranscodiumには、仮想通貨に大きな影響力を持つジョン・マカフィー氏が参加していることでも有名です。
そのためトークンの価格の高騰に期待する人も多く、自然と資金が集まりやすいICOとなるかもしれません。
プラットフォームはイーサリアムのERC20で互換性がよく、ライトコインやビットコインといった通貨でもトークンの購入ができます。

誰でも本格的な動画配信を!Transcodiumの特徴

ハイクオリティな動画配信プラットフォームを提供

Transcodiumは動画配信に特化したプラットフォームを提供し、すべてのユーザーが気軽にストリーミング配信をおこなえる時代を作り上げます。
プラットフォームにはP2Pを利用した分散型ファイル編集ソフトやトランスコードが準備されていて、ユーザーは必要なタイミングで好きな機能を使うことが可能です。
動画作成のための機械をいつでも借りることができるため、これまでにない自由な作業を実行できるでしょう。
プラットフォームはブロックチェーンによって支えられているので、スピーディな取引と低コストによる利用ができるのもポイント。
ハイクオリティな動画配信を実現できるので、動画によって顧客を得たい企業やクリエイターにおすすめできるでしょう。

トークンの受け渡しによって活性化しやすい

Transcodiumでは独自トークン「TNS」の自由な受け渡しが可能なので、市場全体が活性化しやすいといわれています。
動画配信者は報酬としてトークンを受け取ることができ、その後視聴者への提供など自由な利用が可能です。
TNSトークンはプラットフォーム内のサービスを受ける際にも使われるので、新規ユーザーを引き込むきっかけとなるでしょう。
新たに動画を配信する人が増えれば、それに比例して視聴者も増えます。
トークンを中心としたTranscodiumの市場は、そうしてどんどん発展していくことが見込まれるでしょう。

アプリによる気軽な動画作成にも対応

Transcodiumでは、今後独自のアプリを配信する計画も立てられています。
超高速のトランスコーディングや各種編集機能、アプリケーションの組み込みに特化したこちらのアプリは、日常的な動画作成を可能とするでしょう。
またマルチウォレットにも対応していて、仮想通貨の自由な利用にも貢献してくれます。
アプリで仮想通貨を使う場面は増えてきましたが、Transcodiumのような何かに特化したアプリはまだ少ないので、ICOの可能性を示す1つのポイントになるかもしれません。
より手軽な動画作成が、Transcodiumのアプリをきっかけに普及していくことも考えられますね。

さらに便利な動画サイトの誕生へ!Transcodiumの将来性

動画市場のレベルが上がる

現在の動画サイトにも、高クオリティの動画はたくさんアップされています。
しかしそれはあくまでごく一部の話で、ほとんどがファンを獲得するのが難しい低品質な動画となっているのです。
Transcodiumはそんな動画市場全体のレベルを上げ、誰でも本格的な動画を作成できる環境を整えるでしょう。
動画のクオリティが上がれば、動画を見るユーザーの人数と時間が増えるので、資金を投入する企業や投資家も増えることが予想できます。
将来的にはTranscodiumによって動画市場が、さらに巨大なマーケットになるかもしれません。

動画を発信源としたアイデアや商品が増えるかも?

Transcodiumは、動画の市場を拡大し、今以上にスムーズに利用できるプラットフォームの形成を目指します。
それは動画を発信源としたアイデアや商品を増やすことにつながり、新しい流行が生まれやすくすることでしょう。
動画は非常に便利なツールであるばかりではなく、宣伝やアピールに長けたビジネス的な面も持ち合わせています。
Transcodiumを採用する企業やクリエイターが増えることで、動画ビジネスがより本格化する可能性は十分あるでしょう。

Transcodiumが動画ストリーミングの新時代を作る!

Transcodiumは既に完成されつつある動画市場を、さらに進化させる可能性を秘めたICOです。
ブロックチェーンの導入による最適化されたプラットフォームは、動画を作成する人々に新たな楽しみを与えてくれるでしょう。
それは個人だけでなく、企業や国をも取り込む魅力を持っているので、今後Transcodiumは大きく飛躍していくかもしれません。
投資に興味がある人は、これを機にTranscodiumと動画サイトの将来を考えてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial