BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨Ontology(ONT)の特徴、将来性、価格、取扱取引所は?

最近の仮想通貨業界は、新規の技術や通貨を歓迎する動きが目立ちます。
ブロックチェーンに代わる新しい構造技術DAGを搭載したアルトコイン「NEO」が人気なのも、その結果だといえるでしょう。
実はこのNEOは2018年にエアドロップを行い、新たな通貨「Ontology」を誕生させたことでも話題になっています。
Ontology(ONT)は次世代を担う通貨の1つとして、これからの躍進に期待されているのです。
これを機に特徴や将来性を知っておくことは、仮想通貨投資における未来の利益になるかもしれません。
チャートや売買できる取引所についてもチェックしていますので、Ontologyに興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨Ontologyの特徴とは?

人気アルトコインNEOからエアドロップ

Ontologyは、多くの投資家から人気を集めているアルトコインNEOからエアドロップした新規通貨です。
NEOを運営している企業「Onchain」によって発表され、最大発行枚数は10億枚という規模であるとのこと。
通貨の表記名はONTとなっていて、2018年4月現在は海外の取引所でのみ取り扱われています。
ブロックチェーンに代わる技術DAGを持つNEOから派生したOntologyには、早いうちから期待の声が集まっているようです。
あの有名取引所「Binance」に上場したこともあり、今後世界中にその魅力が普及していくかもしれません。

高性能のパブリックチェーン

Ontologyは、高性能のパブリックチェーンとしてその価値をアピールしているアルトコインです。
既存のブロックチェーンとは一線を画し、異なるチェーン間の共有や情報の一括管理を実行するとされています。
マルチチェーンプロジェクト、分散型トラストコラボレーションプラットフォームなど、その呼び名はさまざま。
要するに既存の完全分散台帳とスマートコントラクトシステムを合わせて新しくした、最新のブロックチェーンと捉えられるでしょう。
個人ユーザーや企業にとって身近なメリットを与えてくれるため、ONTの価値はこれからさらに高まっていく可能性があります。

効率的な情報管理を促進するプラットフォーム

情報管理やデータ収集に役立つプラットフォームとして、Ontologyは世界中に広まっていくのではといわれています。
Ontologyのメリットはプラットフォームでの安全な契約や取引につながっていくので、これまで以上に効率的な環境で業務を行えるかもしれません。
ユーザーは公共機関、銀行、企業、友人、家族といった場所に散らばった自身のデータを、プラットフォームで一括管理ができます。
それらの情報は安定性を保ったまま自分の自由に利用できるので、さまざまなサービスを簡単に受けられるようになるでしょう。
インターネットや現実のなかには、自身のデータがあらゆる形で保存されています。
そういったデータをブロックチェーンで紐付けできるOntologyは、日々の生活を少し便利に変えてくれるかもしれませんね。

仮想通貨Ontologyの将来性

企業が簡単にブロックチェーンを利用できるように

Ontologyの魅力は、さまざまなプラットフォームとつながることができるパブリックな面です。
仮想通貨やブロックチェーンに疎い企業でも、Ontologyなら気軽にその利点を日々の業務に取り入れることができるとされています。
取引やプロジェクトの遂行がスムーズになることはもちろん、Ontologyは送金速度にも自信があるので、作業全体の時短にも期待ができるでしょう。
Ontologyをきっかけに多くの企業が、独自のサービスやアプリケーションを発表していくことも可能です。
そうなればONTの価格は、現在とは比べものにならないくらいに跳ね上がるかもしれません。

将来的にはNEOと統合する

Ontologyは将来的に、エアドロップの親元である通貨NEOと統合するといわれています。
既に多大な影響力を持つNEOとの親和性は、Ontology最大の武器であるといえるでしょう。
Ontologyのプラットフォームを利用した企業も、将来的にはさらに便利なNEOに移行することで、事業の幅を広げることができます。
両方のメリットが備わるであろう新生NEOに期待して、今からOntologyに投資しておくのも1つの選択です。
将来の展望が約束されている通貨なので、安定性重視の投資を行う人にもOntologyはおすすめできるでしょう。

仮想通貨Ontologyの取引価格は?

2018年3月にBinanceヘ上場

Ontologyは2018年3月に、中国の大手取引所Binanceに上場したことで価格を上げた通貨です。
取引開始時の価格は1ONT=130円から140円で、その後緩やかに価格を上昇させていきます。
その上昇は非常に安定していて、ほとんど何もないまま4月には1ONT=400円を達成しました。
1ヶ月での伸びとしては十分すぎるといっていいので、5月以降もこの調子で価格を上昇させていってほしいですね。
仮想通貨の主要大国への上場がカギになると思われるので、最新の情報には気を配っておくといいでしょう。

NEOの価格に連動する可能性も?

上記でご紹介した通り、Ontologyは仮想通貨NEOと深い関わりを持ったアルトコインです。
そのためNEOの価格に連動する可能性が高く、良くも悪くもNEOの動向に左右されることになるでしょう。
2018年4月のNEOは時価総額9位と非常に高く、多くのメディアや投資家にとって注目すべき通貨となっています。
中国版イーサリアムとまで呼ばれているので、NEOのプラットフォームを利用したICOの発展が価格を押し上げてくれるかもしれません。
今後の価格上昇には十分期待できるため、それに伴ってOntologyの価格も上がっていく可能性はあるでしょう。
Ontologyに投資をするのなら、一緒にNEOのチャートをチェックすることもおすすめします。

仮想通貨Ontology、取り扱いのある取引所は?

2018年4月の段階では国内の取り扱いはなし

Ontologyはさまざまな魅力と将来性を秘めた仮想通貨ですが、残念ながら2018年4月の時点では日本国内の取引所で売買することはできません。
必然的に海外の取引所を利用することになるので、以下にまとめた取引所から自分にとって最適なものを選びましょう。

Binance
Ontologyの流通量がもっとも多い取引所であり、現在の価格になる理由となったBinanceは、特におすすめの取引所となるでしょう。
世界規模の市場と豊富なアルトコインを持つBinanceなら、Ontology以外の通貨も売買しやすいので一石二鳥です。

Huobi
Binanceと並ぶほどの魅力を持つ中国の取引所。2018年現在は拠点を香港に移しています。
独自トークンによる割引などもあるので、興味のある人はOntologyを機に登録を検討してみてはいかがですか。

Gate.io
100種類以上の通貨を取り扱い、分裂後のコインにも柔軟に対応することで評判のGate.ioでも、Ontologyの売買が可能です。
まだ無名のコインも多いので、事前に仕込んでおくことで利益を狙えるかもしれませんよ。

KuCoin
日本語に対応しており、仮想通貨NEOとも深い関わりを持つ海外の取引所。
今後NEOがさらにハードフォークする可能性を考慮するのなら、上場が期待できるKuCoinに登録しておくといいでしょう。

Abucoins
ポーランドに拠点を持つ仮想通貨取引所。何か特別な理由がなければ、強いて利用する必要はないかもしれません。

Ontologyはまだまだこれから!NEOと一緒に高騰を期待しよう!

Ontologyは上記のような魅力を持った、新時代の仮想通貨です。
信頼できるNEOというバックボーンのあるOntologyなら、これからの価格高騰に期待することができるでしょう。
これを機に売買できる取引所に登録して、投資に乗り出してみてはいかがですか。
Ontologyがもたらすさまざまなメリットは、もうすぐ世界中に浸透していくかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial