BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

AIによる仮想生活アシスタントを実現するICO「Crypto Angel」の魅力とは

仮想通貨を利用したICO(Initial Coin Offering)によってさまざまなテクノロジーやサービスを実現するという取り組みが注目を集めています。そういった数多くのICOの中でも、仮想通貨の投資初心者の方にもおすすめできるのがCrypto Angelです。早速、Crypto Angelの特徴や将来性についてみていきましょう。

Crypto Angelの特徴は?

Crypto AngelはAI(人口知能)によるサービスの実現を目的とした注目のICOです。通貨単位は「ANGEL」で、参加可能な通貨は「ETH」のみとなっています。
価格は、1ANGEL=0.001ETHからのスタートで、売り出し枚数は8800万枚。Crypto Angelのプラットフォームにはイーサリアム(ETH)という規格が採用されていますが、これはICOにおけるスタンダードと言えるような規格です。
他の多くのICOでもこの仮想通貨のブロックチェーンが採用されているため、新たなサービスの開発を行う際に非常に便利であるというメリットがあります。
特にCrypto AngelはAIを用いた仮想生活アシスタントという非常に大規模となるサービスの実現を目指しており、イーサリアムを採用することでアプリなどの開発期間の短縮も期待できます。

同様に、トークンにもスタンダードな規格であるERC20が採用されています。ICOに投資をすると、トークンという形で投資家に利益が配分されますが、トークンを受け取る際に投資家はデジタルのウォレットを用意する必要があります。さまざまなICOに投資を行っている投資家の場合、このトークンの形式によってそれぞれウォレットを用意する必要があり、仮想通貨の管理も煩雑になってしまいがちです。
場合によっては、トークンごとのプログラミング言語が全く異なるために互換性がなく、必要な時に仮想通貨を使えないという本末転倒な事態さえ起こってしまう可能性があります。Crypto Angelで採用されるERC20は、この規格に対応した他のトークンにも1つのウォレットで対応できるため、とても利便性の高いサービスを期待することができます。
Crypto Angelはセルビア共和国の首都、ベオグラードに本拠地を構え、ブロックチェーンのエキスパートであるVladan Podjanin氏が共同創設者、インフラストラクチャーのリーダーを勤めています。Vladan Podjanin氏を含め、5人のスタッフによって創業チームが構成されていますが、いずれもブロックチェーンやAIに精通した精鋭のメンバーです。

AIによって生活を変える画期的なICO

「AIによる仮想生活アシスタントを実現する」という、大変に画期的な取り組みを目的とするのがCrypto AngelのICOです。
例えばApple社のSiriのような音声認識や自然言語処理が一般的に知られていますが、顔の認証機能も社会的なフィルターとして浸透しています。人だけでなく、「リンゴとオレンジの違い」といったようなオブジェクト認識も日々研究が進められています。
こういった実用化が進んでいる分野はもちろんですが、Crypto Angelでは人口知能の進展に欠かせないMachine leaning(機械学習)にも力を入れています。
機械学習はこれまでのようにパターンを認識して将来のシミュレーションを行うといったプログラムを行うだけではありません。人間の知能のような「複雑系」ともいえる領域にまで踏み込んでいるのが特徴です。
データを分析するだけに留まらず、データの後ろにあるロジックまでも解析し、ユーザーが一定のゴールを達成するまでのプロセスを公式化して提示するというサービスを提供することができるのです。
近年注目を集めているDeep learning(深層学習)についてもCrypto Angelは注目し、ホワイトペーパーでは多くの文字数を割いています。深層学習は人間の脳が自然に行っている処理をコンピューターに学習させる手法で、音声認識や自動運転などでも重要なキーワードとなっています。
これらの実現にはGPUを使った高速の処理が必要になるだけでなく、大量のラベル付けがされたデータを収集しモデル化するためのネットワークの構築が重要になってきます。Crypto Angelではブロックチェーンの技術を惜しみなく投入した分散型のネットワークを構築し、多くのユーザーを集めることで大量のデータの収集の実現を可能にしています。

人間の生活を根本的に変える可能性を持つCrypto Angel

Crypto Angelのブロックチェーン技術を駆使した人口知能は、自動車の発明やスマートフォンの普及などと同様に、人間の生活を大きく変える可能性を持っています。Crypto Angelは具体的な目標として「Master-Mind」と呼ばれる中央インテリジェントモデルの実現を掲げています。このMaster-Mindは、ブロックチェーンの技術によって分散化されたエコシステムだからこそ実現が可能なモデルです。ユーザーは、分散化され、個々の目標や目的に応じたモバイルアプリなどを利用することができ、全体的なエコシステムでそれらのデータが活用されるという仕組みです。Master-Mindはユーザーそれぞれの目標を達成するのに最適なモデルを提示され、その対価としてANGELを支払います。
一方で、モデルの処理を助ける部分の「マイナー」には、それに応じた報酬が支払われるというエコシステムが形成されます。Crypto Angelではこういったエコシステムの構築を通じて、人口知能の民主化を目的とした活動を推進しています。
それによってCrypto Angelのトークンの価値は増大するため、投資家には十分な利益の還元が可能となります。トークンの価値の増大は、同時にCrypto Angelの製品やサービスの開発に投資されることになり、一層のサービス向上が行われるという好循環が期待されます。

Master-Mindを中心とするエコシステムで継続的な学習によって得られた知識は、AIアプリケーションによってユーザーのライフアシスタントとして役立つことにもなります。
こういった人口知能を活用したサービスは、開発段階など早期の活動がその後のサービスの発展に大きく影響してきます。Crypto Angelはこの点も重要視しており、早い時期からの賛同者や投資家に対しての貢献を大きく評価しています。十分に利益を還元するなど、コミュニティへの参加を魅力的なものにできるようにブロックチェーン技術を中心としたエコシステムの環境作りを行っています。

将来が楽しみなCrypto Angel

Crypto Angelは人口知能という最も注目される分野への挑戦を目的としたICOです。ブロックチェーンの技術を使い、膨大なネットワークを構築して人工知能の機械学習や深層学習の実現を目指すという点が最大の特徴です。
現在でも既に音声認識などさまざまな分野で人口知能の技術は使われており、身近な技術となりつつあります。しかし、機械学習や深層学習に必要なデータ収集を行うエコシステムの構築は非常に難易度が高いこともよく知られています。
Crypto Angelは洗練されたアルゴリズムによって、人口知能のポテンシャルを最大限に活用できるエコシステムを構築しています。また、それを実現するために「早期からの投資家への還元」にも力を入れていることも大きな特徴です。
将来的にもCrypto Angelの成功によって投資家は大きなリターンを手にすることができる可能性のある、魅力的なICOです。仮想通貨への投資を検討している方は、この機会にCrypto Angelへの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial