BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

分散型取引所のICO「Deex」の特徴や将来性は?

仮想通貨を入手するには、一般的には取引所で購入することになりますが、度重なる仮想通貨流出事件によるセキュリティ問題などから、仮想通貨取引所の利用に不信感を抱いている人も多くいます。
仮想通貨には前向きな印象を持ちつつも取引所が少し不安という人が多い現状ですが、実は仮想通貨のテクノロジーは取引所と相性が良いということは以前から指摘されており、これを現実化したのが分散型取引所(DEX)です。

ここでは、そんな分散型ExchangeのDeexについて、その特徴と将来性を解説していきます。

Deexの概要

Deexプロジェクトは、ロシアでスタートした分散型Exchange、つまりブロックチェーンテクノロジーを利用して、既存の仮想通貨取引所の持つ問題点を解決しようとするものです。
日本でもマウントゴックス事件や取引所のセキュリティ問題など、仮想通貨取引所に対する信頼性に不安を感じている人が多くいますが、この問題は海外取引所についても言えることで、これを解決すると期待されているのが分散型仮想通貨取引所(DEX)です。

Deexは2017年末にすでにICOを成功させており、各国で利用可能な決済通貨を利用してビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などの10種類以上の仮想通貨を取引・購入・販売することができます。

それでは、Deexプロジェクトでは、既存の仮想通貨取引所の問題点をどのように解決するのでしょうか、また、先行している分散型仮想通貨Exchangeとはどのような点が違うのでしょうか?

Deexの特徴とICOの目的とは

2017年は仮想通貨元年ともいわれ、世界的な低金利時代ということからの金余り状態もあり、仮想通貨相場は大暴騰することになり、仮想通貨全体の時価総額は一時期に90兆円を超えるというとんでもない伸びを見せることになりました。

この急激な価格変動は、仮想通貨としては歓迎すべきものですが、コインの売買を行う仮想通貨取引所については残念ながらこの動きについていくことができず、流動性の問題が多く指摘されるようになります。
流動性とは、市場が安定した価格で売買を可能にする資産の量のことで、流動性が低いと市場は不安定になり、その状態で大量の注文が発生すると急激な価格変動に繋がり、逆に高い流動性は価格が大幅に変動しない低揮発性の市場を生み出します。

既存の仮想通貨取引所では、ドルや円などの法定通貨から仮想通貨を購入できる場としての役割を果たしており、大手の取引所では簡単にアクセス可能で利便性も高く、一定の評価があるのも事実です。
しかしながら既存の仮想通貨取引所は急激な変化についていけず、システムに深刻な混乱をもたらし、その多くは顧客に適切な保護を提供できなかったため、分散型Exchangeの概念がこれからの取引所として期待されることになります。

Deexの特徴とは

Deexの分散化プラットフォームは、セキュリティと透過性を約束する代替サービスで、顧客の資金を保管するために第三者に頼ることなく、P2Pトランザクションは自動化プロセスを介して直接コミットすることが可能です。
つまり、分散化Exchangeのメリットには、プラットフォーム自体を信頼する必要がないという点であり、これは資金をユーザー個人が外部のものではなく個人の財布に保管するからです。

もちろん、分散型Exchangeにも問題点はあり、大量の新規ユーザーを獲得するための現金が不足しており、これらの取引所の流動性や市場能力は依然として非常に低い状態となっています。
この点、Deexは暗号化による全体的な金融エコシステムであり、一般的な取引所と比較するとはるかに大きな可能性と機能性を備えています。

DEX(分散型取引所)の最大のメリットともいえるのがBitshares2.0(Graphene)であり、これによりセキュリティ上の脅威、不正競争、制裁の危険性、政治的要因など既存の取引所が抱えている問題からユーザーを保護します。
ブロックチェーンテクノロジーはDeexの基礎であり、もちろん、Bitshares2.0は既存のBitharesやRuDEXなど他のDEX(分散型取引所)の基礎的部分でもあります。

重要な違いは、Deexにおけるブロックチェーンの優れた機能の実装となり、他のDEXと比べるとユーザーが行う作業条件やその他多くの便利な機能が改善されています。

Deexのセキュリティや他の便利な機能

Deexは、具体的にどのようにして顧客の資金を守るのでしょうか?
この分散型取引所は、一般的な仮想通貨取引所に近い機能的な利便性を持つ初めてのDEXを構築しますが、プラットフォームには前述の非常に高速で信頼性の高いBitshares2.0(Graphene)が採用されています。

またDeexでは、二段階認証によりユーザーに可能な限りの高いレベルのセキュリティとアカウントと暗号キーへのアクセスの利便性を提供しており、SNSもしくはDeex統合メッセンジャーを介してモバイル端末に特別なコードメッセージが送信されます。
このコードメッセージは、攻撃者が盗難されたパスワードを利用しての成りすましてのログインを許しません。二段階認証では、長めの無意味な文字よりも便利で覚えやすいパスワードを利用できます。

これらに加えて他の便利な機能として、ユーザーは仮想通貨ウォレットにリンクされた仮想通貨デビットカードを利用することができ、通常の買い物などにも利用することができるようになります。またDESCROWの分散型エクスクローキットと組み合わせて、安全なICOプラットフォームを提供します。
これはあまりにも不正なICOが多いという事実から、Deexの専門家がICOプロジェクトを分析し、ユーザーの資金を信頼できるICOに投資します。Deexトークン投資家は、すべてのICOからの収益のシェアを受け取れます。

さらに、サードパーティーアプリケーションとサービスをDeexプラットフォームと統合するためのAPIも提供されます。

ICOの将来性とロードマップ

ICOの将来性

DEXが非常に面白い試みであることは疑いなく、現在ある仮想通貨取引所の問題点を改善していくことでより多くの投資家の関心を得ることになっていくでしょう。

株式や外国為替の大規模な集中型の取引所と比較すると、仮想通貨取引所に対する信頼性に不満を持つ投資家は多く、市場の安定化に欠くことのできない機関投資家などは仮想通貨市場に未だ本格参入することができない状態です。
しかしながら、機関投資家の多くが実はDEX(分散型取引所)に注目しており、今後流動性の問題が解決されていくことで、DEXで取引してくる可能性も考えられます。

Deexが目指すのはまさにそのようなDEXであり、既存の集中的な取引所に近い機能性や利便性を提供しながら、既存の取引所にはない高いセキュリティを提供し、さらに、取引所としての流動性の問題を解決するためのICOプロジェクトです。
特に注目されるのは流動性の問題で、ここを解決してくことができるかどうかでDeexの将来性を占うことができるかもしれません。

すでに、2017年末からのICOで十分な資金調達に成功しているDeexプロジェクトでは、今後のロードマップに注目しておきたいところです。

ロードマップ

2018年3~12月
Deexのエンジンは、Grapheneに基づくブロックチェーンシステムに移行します。

2019年
Deexは、DEX暗号化エクスチェンジャー、セキュアメッセンジャー、分散型エクスフローを備えたICOプラットフォーム、暗号化されたデビットカード、暗号化されたATMを含む、完全に機能する分散型エコシステムになります。

2018年仮想通貨取引所の動向に要注目

一部の仮想通貨への信頼度にはゆるぎないものがあるにもかかわらず、仮想通貨取引所による流出事件や、ICOを利用した詐欺コイン問題も後を絶たない状況です。
DEX(分散型取引所)はこれらの問題点を改善する次世代の取引所として大きく注目されていますが、2018年にどのような動きになるのか大いに注目しておきたいところです。

そんな中でICOを実施したDeexは、DEX自体が持つ流動性という課題を解決して市場参加者を増やしていくことができるのでしょうか、こちらも要注目です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial