BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

P2Pグローバルマネー転送のICO「XferMoney」の特徴と将来性は?

現在、投資目的で仮想通貨を購入する人が急増していますが、そもそもこの仮想通貨・ブロックチェーンといった技術は海外への送金をより便利にするために開発されました。
そうした背景もあって、多くの通貨では仮想通貨の本懐とも言うべき国際送金や決済サービスを手軽かつスピーディに利用することができます。

「XferMoney」はP2P外貨両替&国際送金プラットフォームを用いて、従来の送金方法を変革させるべく誕生したICOです。競争相手が多い中であえてこの分野でICOを行なったのには、何か独自の強みや特徴があってのことなのでしょうか?
ここでは「XferMoney」が打ち出す計画や最終目標、そしてその将来性をみていきます。

XferMoney の概要

XferMoneyは、安全で透明なP2P外貨両替プラットフォームであり、即時性と高い信頼性のある国際送金を可能にするためにイーサリアムブロックチェーン上に構築されています。
国際送金の問題点には高い取引手数料とスプレッド(価格差)があり、また、ビットコインなどのすでに実需で利用されている仮想通貨にはスケーラビリティの問題や遅延、遅延による手数料の高額化なども指摘されています。

XferMoneyは、これらの問題をすべて解決すべく立ち上げられているプロジェクトで、外貨両替・国際送金の分野でのリーディングコインになることをその目的としており、プロジェクトチームには、この分野の専門家がそろえられています。
ビットコイン(BTC)リップル(XRP)をはじめとして、この分野にはすでにライバルともいえるような仮想通貨が多くありますが、これらの中でXferMoneyどのような強みや特徴を持っているのでしょう。

XferMoney の特徴とICOの目的

インターネットの発展によりボーダレス時代が到来したといわれて久しいですが、国際化が進んでいるにもかかわらず、国際間の送金については旧態依然のままで、手数料は高いし時間もかかるというものです。

これには、為替市場が株式市場などをはるかにしのぐ巨大な市場であり、そのプレーヤーのほとんどが大規模な国際金融機関であるということがその背景です。そしてこの問題を解決できないのかという発想からビットコインが生まれたといわれています。
ブロックチェーンテクノロジーとP2Pプラットフォームは、これまで多くの異分野で仲介人を排除する破壊的なテクノロジーであることを証明してきましたが、今後はこの国際送金についても根本を覆してしまうことになるでしょう。

XferMoney プラットフォームとは

XferMoneyプラットフォームは、ブロックチェーンエコシステムに統合された高度なテクノロジースタックが組み込まれており、送金を非常に簡単なプロセスにし、分散化された台帳処理を通じてセキュリティ制御をユーザーに提供します。

取引は、プラットフォーム上でさまざまな参加者をシームレスに接続する最先端のアルゴリズム、自動注文マッチングプロセスによって処理されます。
これにより、このプラットフォームではそれぞれの異なる国にあるプラットフォームを介してP2Pに接続して送金を行うため、銀行やプローカーなどの仲介人は必要なくなり、大幅なコスト削減を実現します。

また、他の決済系の仮想通貨との差別化としては、プラットフォーム上で必要となる少額の手数料以外のコストはほぼゼロ、送金処理は秒単位で完了、どこにも負けないFXレート、安全でセキュア、24時間365日アクセス可能、迅速なカスタマーサポートなどがあります。

XferMoney の仕組み

XferMoneyを利用することで、誰でも簡単かつ低コストで海外送金することができるようになります。

ステップ1

送金者はXferMoneyで口座開設を行い、その口座に現地通貨で入金します。

ステップ2

送金先である外国の口座で希望の通貨に注文を入れると、XferMoneyはその注文を反対方向の注文を持つ他のユーザーをマッチングし処理します。

ステップ3

受取人は、XferMoneyからのローカル転送を介してお金を受け取ります。
実際にはお金は国を超えて移動することはなく、すべての資金はXferMoneyを介してローカルに転送されますので、従来のような高額な手数料が発生することはありません。

複数通貨デビットカード

主に海外に銀行口座を持たない旅行者や観光客などは、複数通貨デビットカードを利用することで、現地通貨としてXferMoneyアカウントに保持されている金額を海外に送金することができます。

例えば、日本人ユーザーの場合にはXferMoneyで口座開設し、日本円(JPY)でお金を入金した後にJPY金額を米ドル(USD)に換金することで、USDを主な通貨として受け入れている国で、XferMoneyデビットカードでUSDを手数料なしで支払うことができます。

XferMoney の流動性について

XferMoneyでは、市場で最も競争力のある料金を提供する予定で、P2P取引を通じたXferMoneyプラットフォームに85%の流動性を提供するとしており、残りの部分については最良のサードパーティーブローカーサービスを統合して管理します。

世界的にみると、海外の労働者・留学生・外国人・中小企業などの2億3,000万人が年間5,000億ドル送金しており、世界的な国際観光市場では年間1兆2,000億ドルが送金されています。
新興テクノロジー時代においては、これらの参加者を直接結び付けることで、効率的で費用対効果の高い透明な市場がもたらされることになるでしょう。

ICOの目的

XferMoneyプラットフォームで使われるものとしてXFMトークンが配布され、イーサリアムネットワーク上でERC20トークンとして構築されます。
このトークンは、プラットフォーム上の参加者に報酬として付与されたり、XFMで指定される活動の報酬としても支払われます。

取引がプラットフォーム上で実施されることで、参加者のトランザクションからプラットフォームが利益を得ます。

ICOの将来性とロードマップ

ICOの将来性

2018年3月末までのICOは無事に完了しており、今後のロードマップが順調に計画通り進められていくか注目されるところです。

ビットコインなどの決済系の仮想通貨は、実需として利用されてみると、スケーラビリティの問題や承認時間の遅延問題などが指摘されるようになりました。しかし後発組の仮想通貨についてはそれらを改善するものとして開発することができます。
そのことは同時に競争相手が多いということでもあり、事実、XferMoneyと似ているICOが多くあり、それらのコインや既存のビットコイン、リップルなどのメジャー通貨とも競争していくことになります。
XferMoneyの取引所への上場予定はどうなのか、あるいは、開発状況はどうなのかをチェックしていくことで、将来性が自ずと見えてくるはずです。

今後のロードマップ

2018/2Q、3Q:プラットフォーム開発、地域のライセンスおよび承認をとる

2018/4Q:アルファ版リリース、バスケット1の通貨ペア

2019/1Q:ベータローンチ、バスケット1&2の通貨ペア

2019/2Q、3Q:複数通貨のデビットカード、バスケット3通貨ペアのプラットフォーム対応

XferMoneyプロジェクトの内容は可能性のあるものであり、チームにも経験のある専門家が揃えられており、2018年に予定されるプラットフォームの開発が予定通りに進んでいくと期待が高まることになります。

XferMoney の今後に注目

ICOを無事に成功させたばかりのXferMoneyですが、プラットフォームの開発等については2018年中の予定であり、どの取引所にいつ頃上場されるのかも含めて注目されるところです。
外貨両替・国際送金という巨大市場でのプロジェクトとなりますが、競争相手も多いことからそう簡単にこの分野でのイニシアティブをとることは容易ではないでしょう。
しかし、外貨両替・国際送金については、現状のシステムに対する強い改善要望があることもまた事実であり、XferMoneyは順調に開発されれば、外貨両替・国際送金の現状を大きく改善できるプロジェクトとなっていくでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial