BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

ベンツやインテルも利用するICO「Personal Data Democracy」の特徴、将来性は?

仮想通貨やICO(Initial Coin Offering)に興味を持ったものの、海外の企業は素性を調べることが難しく、リスクが高いのではないかと心配されている方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、多くのグローバル企業も利用するICO「Personal Data Democracy」をご紹介いたします。それではPersonal Data Democracyの特徴についてみていきましょう。

Personal Data Democracyの特徴とは?

ドイツに籍を置くPersonal Data Democracyは、個人データの仲介を民主的に行うことを目的として「Opiria」というプラットフォームを提供するICOです。
Personal Data Democracyは、完全に透明で暗号化された安全な方法で、「消費者からダイレクトに個人データを購入する」という方法を取ることを特徴とし、企業が市場調査を行う際には、必要となるビッグデータを提供します。
なお、基本となるプラットフォームにはイーサリアム(Ethereum)が採用されています。この方式は多くのICOでも採用されているため、スタンダードといえるプラットフォームになっています。仮想通貨のブロックチェーンには様々な方法がありますが、イーサリアムを使うことによってサービスの開発などが迅速になるというメリットが生まれます。改良なども迅速に行うことができるため、仮想通貨の信頼性が向上し、ICOで提供されるサービスも安定して運用される結果になります。

トークンは「PDATAトークン(PDATATOKEN)」というものがユーザーに付与されます。トークンを受け取る際はウォレットの問題が生じることがありますが、Personal Data DemocracyではERC20を採用しているためにユーザーはストレスなく仮想通貨を利用することができます。ユーザーが様々な仮想通貨を使用する場合、様々なトークンが混在することになります。
そのため、仮想通貨によってプログラミング言語が異なると、トークンの種類も様々になり、その分だけウォレットを用意しなくてはいけないという問題が出てきてしまいます。しかし、ERC20は汎用性が高く、トークンが対応していればひとつのウォレットで管理することができるので、非常に利便性が高いのです。

Personal Data Democracyの管理チームは創始者でCEOのChristian Lange博士を始め3名で構成されています。Opiriaソフトウェア開発チームは9名ものスタッフを抱えているほか、8名で構成されるアドバイザーチームも設置されており、人的な体制も万全に整えています。

透明性の高い顧客データ獲得を推進

テクノロジーの進化によって、ますます消費者データの需要は増加している現在、企業が戦略策定などのためマーケットの分析をする際に欠かせないのがビッグデータです。
データ仲介、売買のビジネスは2500億ドルにも上る規模になっており、今後ますます増加すると見込まれています。
しかし、これらを仲介するデータブローカーは極めてグレーな領域であり、消費者のデータに関するプライバシーを侵害するという側面も指摘されています。企業のコンプライアンス重視が強まる中で、Personal Data Democracyはこういった従来のデータブローカーとは全く異なる透明性の高い市場調査を行い、品質の高いデータを取得することを目的としたICOであることが特徴です。

Opiriaプラットフォームはブロックチェーンのメカニズムによって消費者の匿名性とプライバシーを強固に保護しています。同時に、完全に透明でオープンな市場を構築しているため、任意の仲介が入る余地がなく正確な情報の獲得にも成功しています。
企業はこういった消費者の個人データへのアクセスを迅速に行うことができるため、製品やサービスの開発にダイレクトに生かすことが可能になりました。
また、ターゲットマーケティングや販売活動の戦略策定においてもこれらの情報を存分に生かすことができます。これまでのようにデータブローカーが秘密裏に消費者の情報を収集・販売するのとは全く異なり、Opiriaプラットフォームを通して企業が消費者から直接個人データを購入する形態となっています。消費者にもトークンで利益を還元することができるため、Personal Data Democracyは「PDATAエコシステム」とも言える両面トークン経済を実現しています。

Personal Data Democracyの将来性を考える

Personal Data DemocracyのOpiriaプラットフォームは、既に多くのグローバル企業が利用しています。メルセデス・ベンツ(ダイムラー社)やVWグループ(アウディを含む)、BMWといったドイツの大企業に留まりません。インテルやP&G、GMなどのグローバル企業の中でも錚々たるメンバーたちが利用しているのは驚きです。また、日産も利用しています。

これらのグローバル企業の信頼を勝ち得た理由は、Personal Data Democracyの理念とそれを支える技術力の双方にあります。
仮想通貨のICOは投機的なメリットを全面に出すよりも、高い視点の理念を提示してユーザーの共感を得ることが大変に重要です。理念に共感する人が増えれば、それだけ資金も集まりプロジェクトが成功する確率も高まるという良いサイクルが回り始めるからです。Personal Data Democracyはビッグデータの透明性を主張し、マーケット調査の方法に革命を起こそうとしています。このことが多くの大企業の共感を得たのです。クッキーやIPアドレスを抜き取ったりするようなグレーな方法を取ることはもはや許される時代ではありません。Personal Data Democracyはこういった手法を声高に批判しています。企業の考え方も同様です。現代では消費者が個人情報に敏感になっており、こういったグレーな方法で情報を収集することはブランドイメージをひどく傷つけることにもつながりかねないからです。

さらに、その理念を裏打ちするブロックチェーンの技術がPersonal Data DemocracyのICOに説得力を持たせています。個人情報を安全かつ透明に収集するため、グローバルで分散型のマーケットを構築しました。分散型のマーケットは仮想通貨の世界でも重要な考え方ですが、透明で正確な個人データ収集とも非常に相性が良いのが特徴です。この分散型のマーケットは、P2P技術によって実現されるものです。従来の中央で管理するというデータ処理では、セキュリティの問題も多く残ってしまいます。また、中央で管理される場合は何らかの形で収集したデータに任意に介入されることもあり、データの信憑性が疑わしいというケースもあったからです。企業の求める市場調査の要件は、Personal Data Democracyの高いP2P技術によって満たされることが期待されています。

市場調査の将来を担うPersonal Data Democracy

このように、Personal Data Democracyは、提供しているOpiriaプラットフォームが多くのグローバル企業に利用されているという驚きの実績を持つ注目のICOです。テクノロジーの進歩に伴いビッグデータの需要は増加する一方です。そんな状況の中で、Personal Data Democracyはこれまでにない斬新で公正な方法で個人データを収集し、限りなく正確なものを提供するという革命的な役割が期待されています。仮想通貨にはあまり詳しくないという方でも、一般的なビジネスの観点からだけでも興味を持てるICOです。ぜひこの機会にPersonal Data Democracyへの投資を本格的に検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP