BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

暗号化による安心を提供するICO「Paygine」の特徴や将来性は?

昨今、世界中で広がりを見せる仮想通貨ですが、その売買や取り扱いに関する法整備は決して市場の普及速度に即しているとは言えません。
規制も各国で異なり足並みもそろっておらず、実体がないからこそより安全で強固なセキュリティーやリスクマネージメントを必要とする仮想通貨に追いついていないのが現状です。
Paygineは、各国の法律に従いつつ、最新の暗号化技術を用いて、世界中のユーザーが安全に使用できる環境を目指しています。
ICOに興味があり、そのメリットやリスクが気になる方は是非ともチェックしておくと良いでしょう。

Paygineとはどんなもの?

PaygineはFinTechの新興企業が打ち出すスタートアップで、独自の銀行組織内で動作するように設計されたオープンな金融プラットフォームです。
金銭の送金や仮想通貨の交換、そして現物としての本当の商品への支払いの分野で、FinTechと暗号ビジネスニーズに対応し、ホワイトラベルソリューションを提供するよう設計されています。
ちなみにホワイトラベルとは、ある企業が創った製品やサービスを、他のブランド力を持つ企業が自社のものとして販売できる権利を指します。
競合する類似のプロジェクトに対する利点としては、FinTechのビジネス、電子商取引などで現在使用されている既存のプラットフォームやテクノロジーを活用できることが挙げられます。
基盤としているのは電子商取引市場において主要なポジションの一角を占めるBest2Payによって提供されるサービス、最高レベルのレベル1の国際PCI DSSセキュリティ要件への準拠証明書を持っていて、Visa Internationalの特別プログラム「Bill Payments」の唯一の参加者であるそうです。安全性には特に気を付けているICOの一つと言ってよいでしょう。

暗号化技術で安全性を追求

どのようにサービスを提供するのか

Paigineは、暗号化とブロックチェーンテクノロジーを使用する企業や人々にソリューションを提供するブロックチェーンプラットフォームです。
ここで言うブロックチェーンとは、ビジネスや業界、公的組織等がほぼ同時に取引を行い、検証可能な方法で、デジタルな取引元帳を作成するために使用されるデータ構造をさらに分散して他の企業と共有して利用する、一種の台帳技術を指します。
Paigineでは実際にユーザーがビジネスや日常生活において、暗号化した安全な取引を行えるよう手助けするのを目的としており、Best2Payの既存技術を利用して、金融サービスを開発し、各国の規制の範囲内において、世界に拡大していくとしています。
例えば、銀行カードとの間で暗号化により転送する、暗号化によるカードを使用した店舗での支払い、オンラインストアでの支払いを最小限のコストで暗号化、何より通貨の国境を越えた取引が便利に、かつ迅速に可能になります。これらは、一つ一つはオンライン上でよく見られるサービスですが、各国間で、特に暗号化技術に関しては法律も明確でない国も多く、国の規制もさまざまです。Paigineはユーザーが実際に安全に感じる環境を作ることを目指してサービスを提供しています。

サービスの導入時期は?

全てのサービスは公開されているAPIを介して提供され、必要に応じて使用できるそうですが、プラットフォームのシステム全体は2年間で実装されるとのこと。おそらく2019年末から2020年初めあたりに完成するだろうと予測されています。
初めにヨーロッパで導入が開始され米国へ拡大、その後アジアからその他の地域への導入作業を進める予定ということで、日本への導入もその頃になるでしょう。導入が期待されるサービスです。

Paygineの将来性は?

リスクはどれほど?

仮想通貨は、投資目的ばかりが取りざたされている現状ではありますが、本来は決済手段の一つとして、取引に用いるに有望である、という理論で登場したものです。
その点、Paygineは暗号化技術をはじめとして、セキュリティ面も信頼でき、非常に有望なICOです。PaygineのICO、PGCトークンは支払ツールとして使用され、プラットフォーム内のサービス料金を支払うことも、クライアントが提供する商品やサービスを購入することも可能です。また、PGCトークンは米ドル(1PGC=1USドル)に固定されているため価格変動の場合の投資家のリスクは、個人、法人ともに小さいと言えるでしょう。

安全性も比較的高め

Paygineに投資したい場合は、未だ提供されている情報も少ないため継続的な情報収集は必須です。しかしながら、近年、資金調達をするだけして消息を断つ詐欺まがいのICOも数多くあり、そういった仮想通貨と比べるとPaygineはそれほど恐れる必要のない、本当に良い投資になる可能性があるICOの一つと言えます。
基本的には米国に登録されて、米国の法律に従ったICOを運用しているからです。米国の法律と一般的な契約の範囲内で、投資家の利益は保護されています。
Paygineへの投資は、必ずしも収益性が高いとは言えないでしょうが、実際のところ安全性という面では非常に注目度が高いICOといえるでしょう。
勿論、全くリスクがないという選択ではありません。元来、新しいものにはリスクがつきものですが、仮想通貨の投資というもの自体が未だ黎明期であり、取引環境は勿論、国による法整備も十分とは言えません。
Paygineは、日本よりも規制の強い米国の法律に基づいて運用されるICOですが、既にある程度の歴史があり、規制が強化されている株やFX等と比較すれば、消費者を保護する仕組みが完全に整備されているわけではないのです。
投資目的の場合には、ハイリスク・ハイリターンであるということを頭の片隅に置きつつ、余裕のある範囲で行うのが望ましいでしょう。その上で、興味を持ったなら、自分でも情報収集を行い、出来れば複数の情報源から調べてみましょう。投資目的ならば、自分で本当に良いと思えたものを購入するのが一番です。

今後のスケジュール

Pre-ICOは2017年12月に開始しており、初期購入者にはボーナスが付きます。もしもあなたが40%のボーナスでPGCトークンを購入したいのであれば、急ぐ必要がありますが、段階的に減少しつつも最終ステージでゼロになるまで、ボーナス自体は付属しますので、よく考えたうえで購入を決めたとしても遅いということはありません。

今後への期待感が大きい

Paygineは、新しい情報もそれほど多く提供されているわけではなく、未知数な部分も多いICOです。しかしながら、既にブロックチェーンの市場に比較的明確なビジョンを持っていることが窺え、将来的には多方面にわたり興味深いサービスを提供することが期待されます。
そもそも、ICOとは仮想通貨を用いた資金調達の一手段でもあります。一般的に企業が株式市場において資金を調達する際に、新しい株式を発行して行うIPOに対し、ICOの場合はベンチャー企業等が多く参入し、実施しています。
株式というのは、会社の所有権や議決権を定めたもの、ICOで発行されるデジタル権利証、所謂トークンは、サービスを利用する権利を定めたもの、これえらは全く異なるはずのものですが、トークンは事実上、ベンチャー企業の株式と同じ役割を果たしていると言えます。
ICOによって、数多くの仮想通貨が発行され、ニュースでも報道されることが増えつつある昨今。新たな通貨が乱発し、興味を持とうにも、どれを選べばよいか分からない方も多くいることでしょう。
ですが、実質的に、スタートアップ企業、ベンチャー企業等の株式発行と同じと思えば、少しは理解しやすくなるのではないでしょうか。もしそのトークンを発行しようとする企業に興味があるなら、そこを応援したいと思ったなら、それがあなたの選択の決め手となるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP