自動貯金アプリのfinbee(フィンビー)、貯金総額が50億円を突破

ネストエッグが提供する自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」が7月13日(土)、貯金総額が50億円を突破したことが発表されました。

【PR】PayPay、銀行口座登録でもれなく1,000円相当のPayPay残高をプレゼント

finbeeで「貯金をもっと楽しく、カンタンに」

finbeeは「貯金をもっと楽しく、カンタンに」をコンセプトに、ユーザーが設定した貯金目的、目標金額、貯金方法のルールに基づいて自動で貯金ができる日本初のアプリです。家族や恋人、友人と協力できる「シェア貯金」やオリジナルの貯金ルールが設定できる「マイルール」なども用意されています。
リリースから2年7カ月が経過したfinbeeは累計貯金総額が208億円、うち銀行口座連携ユーザーの貯金総額は50億円、累計貯金目的数は14万4千個、目的達成数は2万1千個となりました。

finbeeのメインユーザーはミレニアル世代であり、特に20代女性のユーザーが最も多いとのこと。貯金の目的は「旅行」を筆頭に「家」「趣味」「クルマ」「結婚」といった、費用が高額で準備が必要なカテゴリが続いています。
また、老後に2,000万円の貯金が必要であることを受け将来に向けた貯金をしているユーザーも多く、9割は1,000万円を目標金額としていることがわかりました。

おすすめ記事

この記事に関連するタグ

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。