FXの「証拠金」とは?その計算方法と各社比較

預けた以上の金額でFX取引を行えるようになる仕組みを「レバレッジ」といいます。今回は、このレバレッジ取引の際に担保として預けるお金、証拠金についての計算方法と各社比較を行い解説します。

FXとは?メリット・デメリットやFX事業者や口座比較など初心者に分かりやすく解説

FXの「証拠金」とは?

外国為替証拠金取引(FX)を行う際には、一定のお金を「担保」としてFX業者に預ける必要があります。例えば、100万円をFX会社に預ければ、日本においてはその25倍の2500万円相当までFX取引を行うことができるようになります。
この担保として預けるお金のことを「証拠金」と呼び、また預けた証拠金以上の額でFX取引を行えるようになる仕組みのことを「レバレッジ」と呼びます。

海外では、100倍を超えるレバレッジを提供する取引所も見られますが、日本では外国為替証拠金取引(FX)規制によって最大レバレッジが25倍までと決められています。

レバレッジの仕組みがあることによって、投資家は小さな金額で大きな資金を動かすことができます。上の例でいうと、100万円の資金で2500万円相当もの巨額のポジション(買い持ちや売り持ち)を張ることができるのです。相場が予想通りの方向に動けば、小さな元手で大きな利益を手に入れることもできるでしょう。

ただし、注意すべきは相場が予想に反して逆方向に進むケースです。
多くのプロが参入しているFX市場は当然、誰でも勝てるほど甘い世界ではありません。

相場の世界で生き残っていくためには、「資金を大きく失わないこと=強制ロスカットで市場から退場しないこと」が重要です。言い換えれば、「資金管理能力」が勝敗を分けるポイントとなるのです。

資金管理能力を身に付けるためには、その第一歩として、「必要証拠金」「有効証拠金」「余剰証拠金」「証拠金維持率」の概念を理解する必要があります。この記事を通して、これらの概念をきっちり理解していきましょう。

必要証拠金について

必要証拠金とは、ポジションを維持するために最低限必要となる「お金」のことです。

1ドル=110円の時に、1,000通貨単位(この場合、米ドル)購入するケースを例にあげて考えてみましょう。

例えば、外貨預金で米ドルを1,000通貨購入しようとしたとき、初めに必要となるお金は110,000円(110円×1,000米ドル)となります。

しかし、FX取引(レバレッジ25倍)で米ドルを1,000通貨購入しようとするなら初めに必要なお金はたったの4,400円(110円×1,000米ドル÷25)で済みます。
この1,000通貨単位保有するのに必要となるお金(この例では4,400円)のことを「必要証拠金」と呼びます。

計算式は次のとおりです。

必要証拠金=為替レート×取引数量÷レバレッジ倍率(日本の場合25倍が一般的)

もちろん、為替レートが変動すれば、必要証拠金も変化します。

確認してみましょう。

1ドル=110円の時の必要証拠金は4,400円でしたが、
1ドル=100円になれば、必要証拠金は4,000円(100×1,000÷25)に減りますし、
1ドル=120円になれば、必要証拠金は4,800円(120×1,000÷25)へ増加します。

預けている証拠金の額によって、あなたが取れるポジション量が決まってくるため、証拠金の額から逆算して取り得るポジション量を常に認識しておくことが資金管理の観点からも大変重要です。

この計算式は必ず覚えておきましょう。

有効証拠金について

有効証拠金とは、FX会社に預けている証拠金額に現在保有するポジションの含み損益を加減(プラスマイナス)した実質的な証拠金のことです。

例えば、FX会社に預けた証拠金が100万円であったとしても、既存ポジションから含み損が20万円出ていれば、実質的な証拠金は100万円ではなく、80万円(100万円-20万円)になります。反対に、含み益が20万円出ているのであれば、実質的な証拠金は120万円(100万円+20万円)となります。

この実質的な証拠金のことを、有効証拠金と呼び、計算式は次のようになります。
こちらも必ず覚えておきましょう。

有効証拠金=証拠金残高+既存ポジションの評価損益

余剰証拠金について

余剰証拠金とは、有効証拠金の中で新規注文に利用可能な証拠金のことです(新規注文に回せる証拠金がいくらあるのかを示したもの)。

例えば、有効証拠金が120万円、現在保有中のポジションの必要証拠金が40万円であれば、余剰証拠金は80万円(120万円-40万円)となります。この80万円が新規注文に回せる証拠金であり、有効証拠金の120万円全てを回せるわけではないことに注意が必要です。

計算式は次のとおりです。

余剰証拠金=有効証拠金―現在保有中のポジションの必要証拠金

証拠金維持率について

証拠金維持率とは、必要証拠金に占める有効証拠金の割合を表します。
証拠金維持率が高いほど安全度は高く、逆に低くなれば安全度が下がっていることを意味します。

計算式は次のとおりです。

証拠金維持率(%)= 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

例えば、有効証拠金が120万円、必要証拠金が40万円であれば、証拠金維持率は300%(120万円÷40万円×100)となり、まだまだ余力があることを示しています。

一方、有効証拠金が120万円、必要証拠金が100万円で、証拠金維持率が120%(120万円÷100万円×100)と低い場合、強制ロスカットの危険性が高まっていることを示します。

一部のFX会社では、証拠金維持率が100%を割り込むと強制ロスカットが執行されるため、証拠金維持率を引き上げるために追加で証拠金を預け入れるなどの措置が必要です。

冒頭でもお伝えした通り、FX市場で長期間生き残るためには、「資金を大きく失わないこと=強制ロスカットで市場から退場しないこと」が重要です。必要証拠金、有効証拠金、余剰証拠金、証拠金維持率の考え方をしっかりマスターし、資金管理の徹底に努めましょう。

いくら必要?各FX会社の証拠金まとめ

日本では、外国為替証拠金取引(FX)規制によって、証拠金倍率(レバレッジ)が25倍までと決められている為、どのFX会社も最大レバレッジは一律25倍(取引金額の4%に相当)と差別化ポイントはありません。FX会社ごとに違いがあるとすれば、取引可能な通貨ペアの数、最低取引単位、ロスカット基準の3点になるでしょう(※その他にも、初心者向けコンテンツの充実度合いや、チャートシステムの性能などに差別化ポイントがあります)。FX会社ごとの特徴を以下に整理しました。

LIGHT FX

特徴

LIGHT FXはトレイダーズ証券が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスです。

通貨ペア 20通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨単位(=0.1Lot)
最低証拠金額(個人) レバレッジ25倍(ドル円相場が110円の時、1,000通貨単位の取引で必要証拠金は4,400円)
ロスカット基準 証拠金維持率が100%を割り込んだ時点で強制ロスカット(自動的に反対売買)

DMM FX

特徴

DMM FXはDMM.com証券が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスです。

通貨ペア 20通貨ペア
最低取引単位 10,000通貨単位(=1Lot)
最低証拠金額(個人) レバレッジ25倍(ドル円相場が110円の時、10,000通貨単位の取引で必要証拠金は44,000円)
ロスカット基準 証拠金維持率が50%を割り込んだ時点で強制ロスカット(自動的に反対売買)

みんなのFX

特徴

みんなのFXはトレイダーズ証券が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスです。

通貨ペア 20通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨単位(=0.1Lot)
最低証拠金額(個人) レバレッジ25倍(ドル円相場が110円の時、1,000通貨単位の取引で必要証拠金は4,400円)
ロスカット基準 証拠金維持率が100%を割り込んだ時点で強制ロスカット(自動的に反対売買)

みんなのシストレ

特徴

みんなのシストレはトレイダーズ証券が提供するFXのシステムトレードサービス。複数のストラテジーの中から気に入った戦略を自身で選択して投資できます。ストラテジーにはトレーダー(人)とプログラム(機械)の2種類のタイプがあり、ランキングで成績の良いストラテジーを探せる等といった特徴があります。

通貨ペア 20通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨単位(=0.1Lot)
最低証拠金額(個人) レバレッジ25倍(ドル円相場が110円の時、1,000通貨単位の取引で必要証拠金は4,400円)
ロスカット基準 証拠金維持率が100%を割り込んだ時点で強制ロスカット(自動的に反対売買))

アイネットFX

特徴

アイネットFXはアイネット証券が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスです。

通貨ペア 20通貨ペア
最低取引単位 10,000通貨単位(=1Lot)
最低証拠金額(個人) レバレッジ25倍(ドル円相場が110円の時、10,000通貨単位の取引で必要証拠金は44,000円)
ロスカット基準 アイネットFXには3種類の取引コースが用意されており、アイネット25とアイネット25Sは証拠金維持率が15%を割り込んだ時点、アイネット25Gは証拠金維持率が100%を割り込んだ時点で強制ロスカット(自動的に反対売買)

MATRIX TRADER(マトリックストレーダー)

特徴

MATRIX TRADERはJFXが提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスです。

通貨ペア 24通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨単位(=0.1Lot)
※SEKJPY、NOKJPYのみ10,000通貨(=1Lot)
最低証拠金額(個人) レバレッジ25倍(ドル円相場が110円の時、1,000通貨単位の取引で必要証拠金は4,400円)
ロスカット基準 証拠金維持率が100%を割り込んだ時点で強制ロスカット(自動的に反対売買))

岩井コスモ証券「FX・CFD」

特徴

岩井コスモ証券「FX・CFD」は岩井コスモ証券が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスです。

通貨ペア 28通貨ペア
(但し2013年11月29日以降、中国人民元、韓国ウォン、インドルピーの上場が休止されているため、現時点では25通貨ペア)
最低取引単位 10,000通貨単位(=1Lot)
※ZARJPY、NOKJPY、HKDJPY、SEKJPY、MXNJPYは100,000通貨(=10Lot)
最低証拠金額(個人) レバレッジ25倍(ドル円相場が110円の時、1,000通貨単位の取引で必要証拠金は4,400円)
ロスカット基準 証拠金維持率が75%を割り込んだ時点で強制ロスカット(自動的に反対売買))

FXトレード・フィナンシャル

特徴

FXトレード・フィナンシャルはFXトレード・フィナンシャル社が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスです。

通貨ペア 29通貨ペア
最低取引単位 10,000通貨単位(=1Lot)
※ZARJPY、NOKJPY、HKDJPY、SEKJPY、MXNJPYは100,000通貨(=10Lot)
最低証拠金額(個人) レバレッジ25倍(ドル円相場が110円の時、10,000通貨単位の取引で必要証拠金は44,000円)
ロスカット基準 証拠金維持率が100%を割り込んだ時点で強制ロスカット(自動的に反対売買)

FXブロードネット

特徴

FXブロードネットはFXブロードネット社が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスです。

通貨ペア 24通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨単位(=0.1Lot)※ZARJPYは100,000通貨(=10Lot)
最低証拠金額(個人) レバレッジ25倍(ドル円相場が110円の時、1,000通貨単位の取引で必要証拠金は4,400円)
ロスカット基準 FXブロードネットには5種類の取引コースが用意されており、ブロード1コースは証拠金維持率が1%を割り込んだ時点、ブロード20コースは証拠金維持率が8%を割り込んだ時点、ブロード25コースとブロード25MCコースは証拠金維持率が20%を割り込んだ時点、ブロード25Sコースは証拠金維持率100%を割り込んだ時点で強制ロスカット(自動的に反対売買)

OANDA JAPAN(MT4)

特徴

OANDA JAPAN(MT4)はOANDA JAPAN社が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスです。

通貨ペア 28~71通貨ペア
(東京サーバコースは28通貨ペア、ベーシックコース及びプロコースは71通貨ペア)
最低取引単位 1,000通貨単位(=0.1Lot)~10,000通貨単位(=1Lot)
※東京サーバコースは10,000通貨単位、ベーシックコース及びプロコースは1,000通貨単位
最低証拠金額(個人) レバレッジ25倍(ドル円相場が110円の時、1,000通貨単位の取引で必要証拠金は4,400円)
ロスカット基準 OANDA JAPAN(MT4)には3種類の取引コースが用意されており、東京サーバコースは証拠金維持率が100%を割り込んだ時点、ベーシックコース及びプロコースは証拠金維持率が50%を割り込んだ時点で強制ロスカット(自動的に反対売買)

外為ジャパンFX

特徴

外為ジャパンFXはDMM.com証券が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスです。

通貨ペア 15通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨単位(=0.1Lot)
最低証拠金額(個人) レバレッジ25倍(ドル円相場が110円の時、1,000通貨単位の取引で必要証拠金は4,400円)
ロスカット基準 証拠金維持率が60%を割り込んだ時点で強制ロスカット(自動的に反対売買)

外為オンライン

特徴

外為オンラインは外為オンライン社が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスです。

通貨ペア 26通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨単位(=0.1Lot)
最低証拠金額(個人) レバレッジ25倍(ドル円相場が110円の時、1,000通貨単位の取引で必要証拠金は4,400円)
ロスカット基準 個人L25コース及び個人L25miniコースは証拠金維持率が60%を割り込んだ時点、個人L25Rコース及び個人L25Rminiコースは証拠金維持率が100%を割り込んだ時点で強制ロスカット(自動的に反対売買)

FXプライムbyGMO

特徴

FXプライムbyGMOはFXプライムbyGMO社が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスです。

通貨ペア 20通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨単位(=0.1Lot)
最低証拠金額(個人) レバレッジ25倍(ドル円相場が110円の時、1,000通貨単位の取引で必要証拠金は4,400円)
ロスカット基準 証拠金維持率が80%を割り込んだ時点で強制ロスカット(自動的に反対売買)

GMOクリック証券

特徴

GMOクリック証券はGMOクリック証券社が提供するFX(外国為替証拠金取引)サービスです。

通貨ペア 19通貨ペア
最低取引単位 10,000通貨単位(=1Lot)
※ZARJPYは100,000通貨(=10Lot)
最低証拠金額(個人) レバレッジ25倍(ドル円相場が110円の時、1,000通貨単位の取引で必要証拠金は4,400円)
ロスカット基準 証拠金維持率が50%を割り込んだ時点で強制ロスカット(自動的に反対売買)

ポジションを意識してFX取引を始めよう!


FX会社によってロスカット基準が違うので、取り引き会社の特徴をしっかりと確認し、レバレッジ取引では強制ロスカットをされないように証拠金維持率に注意して行いましょう。

この記事に関連するタグ

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。