DMM FXのロスカットルールとは?損失を防ぐにはどんなことが必要?

顧客資金を守るサービスのひとつが、「ロスカットルール」です。

DMM FXでは、証拠金維持率が50%を下回った時に強制的に決済し、保有しているポジションを守る仕組み(ロスカットルール)を採用。

そのため、保有ポジションの含み損が拡大しても、証拠金を超える額の損失が確定することは、ほぼありません。

しかしまれに、予期せぬ出来事が起きて相場が急騰、急落するときには、値動きが早すぎてロスカットが間に合わない場合も。

その結果、証拠金維持率が50%を下回る水準で強制決済され、証拠金以上の損失を抱える場合があります。
この時に発生するのが、「追証(おいしょう)」です。

ロスカットも追証も、FX取引をするうえで、知っておいたほうがいい重要な制度。
それでは、ロスカットや追証、ロスカットを防ぐ対処法について、解説していきましょう。

DMM.com証券の「DMM FX」!特徴やメリット・申込み方法は?詳しくはこちら

FX取引のロスカットとは

「ロスカット」とは、顧客の保有ポジションの含み損がある一定水準に達した時、強制的にそのポジションを決済することを言います。
これは、顧客資金を守るための大事なサービスのひとつ。

FX取引は、レバレッジをかけることで、元手の数倍~数十倍の額の取引が可能です。
その分、利益が上げやすい反面、損失も拡大する可能性があります。

相場が大きく動く時には、ポジションの含み損も大きく膨らみ、預けている証拠金以上の損失が出てしまう可能性があります。
その結果、FX業者から追証(追加証拠金)を要求される結果に。
これを避けるためのサービスが、「ロスカット」です。

ロスカットと追証(おいしょう)

「追証(おいしょう)」とは、「追加証拠金」の略語で、証拠金がある一定以上を下回った時に、FX業者が顧客に対し、一定の期日までに不足資金の入金を要求することを言います。

「ロスカットルール」を採用するFX業者の場合、基本的には、証拠金が不足する前に強制決済されるので、証拠金以上の損失は発生しません。

しかし、予期せぬ出来事が起きて相場が大きく変動するときには、ロスカットが間に合わず、証拠金がマイナスになることも。

この時に発生するのが、「追証」です。

<追証が発生するケース>
証拠金として、4万円を取引口座へ入金
  ↓
「米ドル/円」が100円の時に、1万通貨を新規購入(必要証拠金は4万円)
  ↓
証拠金維持率は100%
「4万円(純資産額-注文証拠金)÷4万円(必要証拠金)×100=100(証拠金維持率)」
  ↓
「米ドル/円」が98円となり、2万円の含み損が発生
  ↓
証拠金維持率が50%となり、ロスカット水準へ達する
「2万円(純資産額-注文証拠金)÷4万円(必要証拠金)×100=100(証拠金維持率)
  ↓
しかし相場が急落したため、98円でロスカットがされずに、95円で強制決済
  ↓
証拠金の4万円を上回る、5万円の損失が確定し、取引口座の証拠金はマイナス1万円に
  ↓
FX業者により、追証を要求される

追証は、証拠金の追加入金か、一部または全ての保有ポジションの決済によって、解消可能。

しかし、指定の期日までに解消できなければ、新規取引が停止されるなどの制限がかかるので、注意してください。

ロスカットと追証は、国内FX業者の多くが採用する制度ですが、意味を勘違いしがちです。

含み損が一定水準下回った時に、ポジションを強制決済して損失の拡大を防ぎ、ある一定の顧客資金を守るのが、「ロスカット」。
含み損が一定水準を下回った時に、不足分の証拠金を要求するのが「追証」だと、覚えておきましょう。

DMM FXのロスカットルールは?

DMM FXでは、証拠金維持率が50%を下回った時に、ロスカットルールが発動します。

その際、未決済のポジションは全て強制決済され、損失が確定することに。

ロスカットを防ぐには証拠金維持率に注目

ロスカットが発動される水準は、「証拠金維持率」で表されます。
「証拠金維持率」とは、時価評価総額(純資産額-注文証拠金)に対する、保有するポジションの必要証拠金の割合を表したもの。

<証拠金維持率の計算式>
「(純資産額-注文証拠金)÷ポジション必要証拠金×100」

証拠金維持率は、高ければ高いほど、潤沢な資金で余裕のある取引をしていることを意味します。

逆に低いと、ロスカットされる可能性が高くなることに。
DMM FXでは、証拠金維持率が50%を下回ると、ロスカットが発動します。

<ロスカットが発動されるケース>

証拠金として、4万円を取引口座へ入金
  ↓
「米ドル/円」が100円の時に、1万通貨を新規購入(必要証拠金は4万円)
  ↓
証拠金維持率は100%
「4万円(純資産額-注文証拠金)÷4万円(必要証拠金)×100=100(証拠金維持率)」
  ↓
「米ドル/円」が98円となり、2万円の含み損
  ↓
証拠金維持率が50%となり、ロスカットが発動
「2万円(純資産額-注文証拠金)÷4万円(必要証拠金)×100=100(証拠金維持率)
  ↓
ポジションが強制決済され、2万円の損失が確定
  ↓
取引口座に2万円の証拠金が残る

ロスカットを防ぐためには、常に取引口座の証拠金維持率にチェックしておくことが大事です。

ロスカットを防いで利益を狙うには

ロスカットを防いで利益を狙うためには、証拠金維持率を高くキープし、余裕のある資金管理をすることが不可欠です。

証拠金維持率を高くする方法は、以下の2つ。

  1. 追加で証拠金を入金する
  2. 一部またはすべての保有ポジションを決済する

証拠金維持率が低くなる原因には、相場予想の外れ、ポジションの持ちすぎ、レバレッジのかけすぎといったことが挙げられます。

時には、保有ポジションに含み損がある場合でも、勇気をもって損切りしたほうが、ベターな選択である場合も。

追加証拠金かポジション決済か、どちらの方法をとるべきかは、自身の資産状況や取引成績などを考慮して、決定してください。

追加証拠金を入金するならクイック入金がおすすめ

DMM FXには、簡単で便利な「クイック入金」サービスがあります。

最大のメリットは、24時間いつでも行うことができ、即座に取引口座へ反映されること
しかも、平日だけでなく、土日・祝日にも対応。
振込手数料もDMM FX負担なので、トレーダーは無料です。
約380の金融機関に対応し、スマホでの操作も可能。

クイック入金をするには、各金融機関のインターネットバンキングサービスを契約している必要があるので、注意してください。
追加証拠金を入力するなら、即時口座反映される「クイック入金」がおすすめです。

証拠金維持率に注意しロスカットを防ごう

ロスカットは、顧客が元手以上の資金を失わないための制度で、国内FX業者のほとんどが採用しています。
DMM FXでも、証拠金維持率が50%に達すると、ロスカットが発動。
これはつまり、保有ポジションの含み損が拡大し、証拠金が半分になった時に、強制決済されることになります。

しかし、FX取引で継続的に利益を上げるには、余裕のある資金管理で、ロスカットを防ぐことが大事。
そのためには、追加証拠金を入金する、保有ポジションの一部を決済するなどして、証拠金維持率を上げることが不可欠です。
FX取引の資金管理の一環として、取引口座の証拠金維持率には、常に目を引からせておきましょう。

この記事に関連するタグ

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金の使い方や増やし方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックや最新ニュースを発信しています。