投資信託

投資信託初心者ならシミュレーションから始めよう!

投資信託には運用期間、利回り、リスク、リターンなどさまざまな種類があります。
それらを総合的に考えて投資をしていくことになるのですが、実際にどれくらい投資すれば何年後にどれくらいになっているかということがわかれば投資もしやすくなります。
そこでここでは投資信託のシミュレーションについて紹介していきたいと思います。

投資信託について詳しくはこちら

投資信託とは


投資はしてみたいが自分で細かく運用はできない、行う時間もない、できればプロに任せたいという人向けの投資です。
こちらは投資のプロである「ファンドマネージャー」と呼ばれる専門家が投資家から集めた資金をもとにして株式や債券などを組み合わせて運用をしていきます。

投資信託のメリット

株式投資にはさまざまなメリットがあるので紹介していきます。

投資のプロによる運用

プロが資金を運用していくので、自分で運用するよりも安心というメリットもありますし、投資信託の中にも多くの種類があるので目的に合わせて選べるという強みもあります。

銘柄数が豊富

とにかく銘柄数が多く、安定して5000以上の投資信託があるとされています。
そのため目的に応じて商品を選ぶことができ、ハイリスクでハイリターンなものからローリスクでローリターンのものまであるので自由に選ぶことができます。

分散投資できる

分散投資することも可能ですので自由度が高い投資だと言えます。

手続きも簡単!

投資信託を始めるのは複雑な手続きは必要ありません。
基本的には証券会社が窓口になるので証券会社に口座を開くところから始めます。
一部、銀行や郵便局でも投資信託を購入することができるのですが、その種類や運用はやはり証券会社の方が強いと考えられています。
口座はマイナンバーカード、本人確認書類があればすぐに開くことが可能です。
口座を開いたら投資信託商品を選んでいきます。
リスクやリターン、運用期間などが商品によって違っていますので自分の目的に合わせて選びましょう。
買う商品が決まれば口座にお金を入金して購入することになります。
投資信託の購入は「買付」と呼ばれています。

投資信託を始めるならSBI証券がおすすめ!

積立投資信託とは?


積立投資信託は毎週、毎月というように指定した一定期間ごとに自動的に投資信託の買付を行っていくというものです。
投資信託はまとまった額が必要な場合が多く、最低投資額が1億円というものまであるのですが、積立投資信託では少額から始めることができるというメリットがあります。
また、投資の基本である「安いときに多く買う」「高いときにはあまり買わない」という操作も行いやすいという強みがあります。
自分で手計算をしているとどれだけ投資がされているかはわかりにくいものですが、証券会社のサイトやシミュレーションアプリを使えば投資計画を簡単にシミュレーションできるようになっています。

投資信託のシミュレーションとは?


投資信託にはさまざまな種類がありますが、その中でも「積立投資信託」ははっきりとしたリターンが短期的に見えるものではないので避けるという人もいるのですが、この積立式の投資信託はシミュレーションをしっかりと行うことでリスクを低下させ、計画的に資産運用をすることができるのです。

シミュレーション方法

シミュレーションソフトにはあらかじめ計算式が入っているので、そこに必要な情報を入力していくことになります。
投資信託の最終積立金額をシミュレーションするためには「毎月(毎週)の投資金額」「想定される利回り」「積立期間」などを入力していくのですが、投資金額や積立期間は比較的簡単に行えます。
しかし「想定される利回り」はなかなか決められないかもしれません。想定利回りの目安はどういった資産に対して投資をするかによって変わってきます。インデックス型の投資信託は株価指数に連動しているものが多いので株価指数の過去データを調べることで利回りを想定することができます。

投資信託のシミュレーションを種類別に紹介


では実際にシミュレーションをしてみた場合をそれぞれの投資先ごとの説明と合わせて見ていきたいと思います。

国内株式

ここ20年の利回りを見ていくと「1.17%」ほどとなっており、海外の投資先のものと比べると少し低くなっているように見えます。
日本国内の株式を運用対象としており、業種や企業規模もさまざまなものがあるため投資先の特徴に合わせた商品を選ぶことができます。
「月々3万円」を20年間運用した場合のシミュレーションは、元本が720万円に対して「810万7,706円」
となっています。

毎月の積立金額3万円
積立期間20年間
元本720万円
利回り1.17%
最終積立金額810万7,706円

新興国株式

中国、インド、ブラジルなどの経済成長率が高い新興国の株式を対象とした投資を行うものです。
政治情勢、経済情勢の変化、通貨価値の急落などのリスクも大きいものがあるのですが、先進国よりも大きいリターンがあるのが特徴です。
ハイリスク・ハイリターンな投資を考えている場合にはおすすめできる投資商品です。
ここ20年の利回りは「3.1%」となっており、「月々3万円」を20年間運用した場合のシミュレーションは、元本が720万円に対して「995万7,397円」となっています。

毎月の積立金額3万円
積立期間20年間
元本720万円
利回り3.1%
最終積立金額995万7,397円

アメリカ株式

こちらは世界的に有名なグローバル企業を多く抱えるアメリカの株式を購入するというものです。
Google社のような大企業やハイテク企業などの高い収益性とこれからの成長が見込める株式に投資をします。
ここ20年の利回りは「3.26%」となっており、「月々3万円」を20年間運用した場合のシミュレーションは、元本が720万円に対して「1,013万3,886円」となっています。

毎月の積立金額3万円
積立期間20年間
元本720万円
利回り3.26%
最終積立金額1,013万3,886円

先進国株式

ヨーロッパの国々などを中心とした先進国に対して投資を行うというものです。
国際的に信用格付けが高い先進国の国債や、世界的に有名な大企業などに対して投資します。
飛びぬけて大きな利回りは期待できないものの新興国よりも安定しており、リスクが引くくなるというメリットがあります。
ここ20年の利回りは「2.19%」となっており、「月々3万円」を20年間運用した場合のシミュレーションは、元本が720万円に対して「902万4,435円」となっています。

毎月の積立金額3万円
積立期間20年間
元本720万円
利回り2.19%
最終積立金額902万4,435円

投資信託を始めるなら楽天証券がおすすめ!

投資信託のシミュレーションの必要性

上記のように平均利回りが違えば大きな違いが発生してきます。
国内株式のみの投資信託の場合は20年運用しても100万円も収益は出ていませんが、アメリカ株式の場合は300万円近い利益が出ています。
国内株式と利回りが「1%ほど」違う先進国株式でも180万円ほどの利益が出ているということを考えると利回りが「1%」違うと数十万円~数百万円の違いが出てくるということがわかるのです。

利回りと投資額が重要!

もちろん何年先までにいくら貯めたいという目標がはっきりしている場合はそれを達成することを目指していきます。
その場合重要になるのは「利回り」と「投資額」です。
利回りは不確定要素も多く含んでいるために目標額に達するためには「投資額を増やす」ということも方法としてあります。
元本が大きくなればその分、発生する利益も大きくなります。
シミュレーションをしっかりとしていればこういった計算もできるようになるのです。

投資信託のシミュレーションをして計画的な運用をしよう!


買おうとしている投資商品のここ最近の利回りや、投資しようとしている金額、運用しようとしている期間などが分かれば証券会社が提供しているアプリやサイトなどを使って簡単にシミュレーションを行うことができます。
これを利用して、どれくらい貯めたいのか、どれくらいの期間の運用をすれば目的額に達することができるのかということを知った上で、実際に投資を行っていくのがおすすめです。

投資信託を始めるならマネックス証券がおすすめ!

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。