NISAでおすすめの商品5選!人気の銘柄・株式とは

NISAとは、2014年1月にスタートした個人投資家のための税制優遇制度です。
NISAは毎年120万円の非課税投資枠が設定されているのが特徴で、株式・投資信託等の配当譲渡益等が非課税対象となります。

また2016年からは未成年者を対象にした少額投資非課税制度「ジュニアNISA」も始まりました

今回は、NISAについて解説していきおすすめの商品も紹介するのでこれをきっかけにNISA制度を利用してみてはいかがでしょうか。

NISAとは?

NISAの特徴とメリットについて解説します。
通常、投資信託や株式などの金融商品に投資をし売却し利益が出た場合には、利益を受け取った配当に対して20.315%の税金を納めなければなりません。

NISAは、毎年一定額の範囲内で購入した株式・投資信託等に対して売却し利益を受け取ったとしても、税が優遇される制度です。

NISAの最大のメリットは、購入した株式・投資信託等の配当金の税金が非課税になることです。少額から始められるのも特徴で、5年間が優遇され年間120万円の範囲内で購入した金融商品から得た利益に対して税金がかかりません。

NISAは長期投資向けの株を買うのがおすすめ

NISAで取引をする場合、株を買うのも一つの選択肢となります。
株式の特徴としては、成長株を見つけることができれば高利益になります。配当金や株主優待もある企業が多く、得した気分になります。

NISAで取引できる銘柄・株式は証券会社によって異なる


いざNISAを利用し、株式の取引をするにしても証券会社によって取り扱う国内株式、外国株式、投資信託などのサービスの違いがあります。

証券会社ごとに解説していきます。

楽天証券

日本株の売買手数料が無料で海外 ETF の買付手数料も無料になっています。
海外株はアメリカや香港、 ASEAN 各国があり幅広い銘柄が揃っているのが特徴です。

投資信託も2500本以上と充実しており、約半分が手数料無料となっています。投資信託の保有残高や毎月の積立額に応じてポイントが貯まるサービスなどポイントプログラムが充実しているのも、楽天らしさを出している特徴の一つになります。

信託報酬

ファンドによって異なります。

信託財産留保額

ファンドによって異なります。

SBI証券

ネット証券で口座開設数がNo.1の大手です。NISA口座では日本株の売買手数料が無料、海外 ETF の買付手数料も無料になるなどサービスが充実しています。

アメリカや香港、 ASEAN 各国のほかにも韓国やロシアなどNISA口座対応の海外株が豊富なので海外株に投資したい人にはメリットは大きくのが特徴です。

信託報酬

最大年率3.348%(税込)

信託財産留保額

買付時の基準価額に対して最大0.6%、換金時の基準価額に対して最大3.5%(非課税)

松井証券

売買手数料が無料で、日本株を取り扱っています。ほとんどの投資信託の販売手数料が無料となっています。海外株の取り扱いはないですが、銘柄スクリーニング機能を持つ「QUICK情報」や、高機能ロボアドバイザー投信工房が無料で利用できるなど情報ツール類が充実しています。また、サポート体制も評価が高く投資を始める初心者に最適な証券会社です。

信託報酬

年率0.33~0.38%で、平均0.36%(2017年12月30日現在、税抜)

信託財産留保額

ファンドによって異なります。

NISAで取引できる銘柄・株式の違いを理解しよう!


NISAでは国内株式や海外株式を取引することができますが、そもそも国内株式と外国株式の違いを理解していきましょう。

国内株式

日本国内で株を発行し上場している会社です。
東証1部を筆頭に東証2部、東証マザーズ、ジャスダックなどがあり、ここで上場している会社の株を購入することができます。
上場している会社の数は4000社近くほどあります。

外国株式

こちらは外国で取り扱っている株式を証券会社で買うことができます。外国株式になると世界規模で活躍している企業も多く存在するため、世界視野で株の取引を行いたい方におすすめです。

NISAでおすすめの銘柄・国内株式5選

上場している会社は多く、どのような株式に投資を行えばいいのか迷います。そこでNISAで投資することができるおすすめの銘柄を紹介しますので参考にして下さい。

オリックス(8591)

大阪市に本社をおく日本最大手の総合リース企業です。

特徴

リースを基盤に、不動産、銀行、クレジット、プロ野球球団の運営など多くの事業を手がけています。

KDDI(9433)

言わずと知れた日本の電気通信事業者です。

特徴

創立者は稲盛和夫と日本の実業家として有名な方によって設立しています。
携帯・光回線を中心に物販など非通信部門にも力を入れライフデザイン企業へと変化している企業になります。

日産自動車(7201)

神奈川県横浜市に本社をおく、日本で大手の自動車メーカーです。

特徴

世界各国の自動車メーカーと提携し世界の日産として活躍しています。フランスのルノーや日本の三菱自動車との結びつきが強く、アライアンスを形成しています。

みずほフィナンシャルG(8411)

東京に本社をおく銀行持株会社です。

特徴

3メガバンクの一角として頭角として有名で、旧富士、第一勧業、日本興業の3行が前身となり、そのことで銀行・信託・証券の連携が加速し現場へと繋がっています。

アンジェス(4563)

日本のバイオ製薬企業です。遺伝子医薬の開発に力を入れています。2002年9月に大学発創薬型バイオベンチャーとしてはじめて東証マザーズに上場しました。

特徴

大阪大医学部、森下竜一教授創業の創薬ベンチャー企業です。遺伝子治療薬を開発しています。難病治療薬も販売しておりバイオ企業としての名も広まっています。

NISAでおすすめの銘柄・外国株式5選


外国株式では世界規模での選択肢となりますので、その中でもおすすめ企業を紹介します。

AT&T(T)

アメリカの情報通信・メディアコングロマリットです。

特徴

米国最大手の電話会社であるのが特徴で、AT&T地域電話会社およびAT&Tコミュニケーションズとメディア企業のワーナーメディアを傘下に収める持株会社でもあります。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)

ブリティッシュ・アメリカン・タバコは、イギリスのロンドンに本社を置く、タバコ製造と販売を行っている企業です。

特徴

ロンドン証券取引所、JSE上場企業に上場しています。タバコのシェアーが大きく、代表的な銘柄にラッキーストライクなどがあります。

アマゾン・ドット・コム(AMZN)

アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社です。

特徴

日本でも馴染みの深いECサイトです。
世界各地に物流センターを置き、世界規模でECサイトを展開しています。

コカ・コーラ(KO)

ザ コカ・コーラ カンパニーは、コカ・コーラをはじめとする清涼飲料水を製造販売するアメリカの企業です。

特徴

世界規模での清涼飲料水を手がけ販売しています。人気も根強く一度は口にしたことがあるのではないでしょうか。

ボーイング(BA)

ボーイングは、アメリカに所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社です。

特徴

アメリカで唯一の大型旅客機を製造できるメーカーで世界で1位の座を毎回争う大企業でもあります。

NISAで銘柄・株式を選ぶ際に気をつけることは?

安定した企業を選ぶこと。これにつきますが、なかなかどれを選べば良いのか迷いと思います。銘柄や株式を選ぶ際には、長期で持つのか短期で持つのかを明確に決め選びましょう。

NISAで株主優待がもらえるメリットも!

株式優待として力を入れている企業も多く、株式優待で生活している方もいるほどです。自分に合った株主優待を選びのも一つかも知れません。

NISAをはじめる前に株式・証券会社の特徴を知ろう!


簡単にNISAははじめることはできますが、証券会社によって取り扱い銘柄・株式の違いがあることがわかったと思います。自分の投資方針を明確に決めどの証券会社を選びのかを吟味してから始めましょう。

おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

この記事に関連するタグ

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!