NISA

つみたてNISA、2037年以降も非課税で積立可能に

つみたてNISA(少額投資非課税制度)が、2037年以降も非課税で積立が可能になることがわかりました。日本経済新聞が報じています。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

2037年までの開始で最大800万円が非課税に

つみたてNISAは2018年1月に開始された制度です。
株式や投資信託に投資すると通常は配当や売却益に対して税金が発生しますが、つみたてNISAでは年間40万円まで非課税で20年間積立が可能です。

積立期限は2037年までと定められていましたが、2038年以降も非課税で積立が行えるようになります。
なお、つみたてNISAの利用開始期限は2037年までであり、2037年までに開始することで最大800万円を非課税で積立できます。

金融庁によると、つみたてNISAは2019年6月末で約147万口座が開設されているといい、買付総額は約1,780億円とのことです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。