GMOクリック証券のNISAの特徴・手数料・口座開設・おすすめ商品を紹介

「GMOクリック証券NISAがお得なので、始めてみようか考えている。」とはいえ、
・本当に始めるべきか迷っている
・もう一度、全体的なGMOクリック証券NISAの情報を確認しておきたい
・おすすめ商品を知りたい
という方も多いと思います。

そこでこの記事では、GMOクリック証券NISAの特徴からおすすめ商品までまとめて紹介し、NISA口座を作成するか迷っている人の悩みを解決します。

3分くらいで簡単に読めて、GMOクリック証券に関する情報が整理できると思いますので、ご一読ください。

目次

GMOクリック証券のNISAとは?

GMOクリック証券NISAとは、NISAの非課税制度を使った投資を、GMOクリック証券でさらにお得に利用できるサービスです。

GMOクリック証券NISAの非課税枠って何?

NISAでは非課税制度を受けられますが、金額や期間に制限があります。

最長5年間まで

NISAで非課税投資をできる期間は最長5年間までです。
5年後は売却や、ロールオーバーすることになります。

年間120万円まで

年間に取引できる金額は120万円が上限です。
5年間では、最大600万円までとなります。

GMOクリック証券NISA口座の種類

GMOクリック証券NISAには口座の種類がいくつかあるので紹介します。

NISA

通常のNISA口座です。
日本に住む20歳以上の方なら、1口座まで開設できます。

ジュニアNISA

18歳未満の方の資産を、親権者が代わりに非課税で運用できる口座です。
未成年者が成人すると、通常のNISA口座で本人が運用する流れとなります。

  • 5年間×80万円の非課税枠
  • 原則未成年者が18歳になるまで出金不可

というのが大きな特徴です。

つみたてNISA

最長20年間、年間40万円までの非課税枠が認められている、「長期・積立・分散投資」を支援するためのNISA口座です。

GMOクリック証券NISAの口座開設方法について

GMOクリック証券NISA口座開設までの流れ

続いて、実際にGMOクリック証券NISAで口座を開設するときの流れを簡単に説明します。

必要事項の入力

GMOクリック証券のホームページ上で「口座開設」→「かんたん口座開設申込」の順番にクリックし、申し込みフォームの必須項目を全て入力してください。

本人確認書類・マイナンバーの提出

次に、本人確認書類とマイナンバーの提出を求められるので、郵送または、WEB上で送信しましょう。

GMOクリック証券から届く、郵送書類の受け取り

GMOクリック証券から郵送で、「口座開設手続き完了のご案内」が届きます。

ID・パスワードを入力し、取引開始

「口座開設手続き完了のご案内」に記載のID・パスワードを入力をして、取引開始です。

GMOクリック証券NISAの手数料・期間・買い方は?

GMOクリック証券NISAは手数料が無料!

GMOクリック証券NISAでは売買手数料が無料です。
他の金融機関では必ずしもそうではないので、GMOクリック証券の大きなメリットと言えます。

GMOクリック証券NISAの取引期間は?

非課税期間は最大5年

GMOクリック証券NISAの非課税枠の利用は、最大5年間です。
その後は、売却やロールオーバー等をすることになります。

2023年まで

また、現時点でNISAは2023年までの制度です。
そのためGMOクリック証券NISAで金融商品を購入できるのは、2023年までとなります。

GMOクリック証券NISAの買い方は?

入金

まずは、GMOクリック証券の口座に「即時入金」か「振込入金」を選び、入金をします。

注文

「株式」というページから注文ができ、「買」を選択後、注文方法や有効期限を決めて購入します。

GMOクリック証券NISAの5年後は?メリット・デメリットを解説

それでは、GMOクリック証券の5年後やメリット・デメリットについても確認しておきましょう。

GMOクリック証券NISAのメリット

手数料が無料

GMOクリック証券では、買付時も売却時も手数料が不要です。

最長5年間、最大600万円まで非課税

少額からの非課税投資を長期間行うことができます。

GMOクリック証券NISAのデメリット

非課税を受けられるのは、年間120万円まで

年間120万円以上の取引をしたい人には不向きです。
ただ、初心者やまだ投資に慣れていない人には良い制度と言えます。

GMOクリック証券NISAの5年後はどうなる?

GMOクリック証券の非課税期間は5年間で終了するので、その後の選択肢についても考えておきましょう。

非課税期間が終了するまでに売却

5年間で株が値上がりし、発生した利益を非課税で受け取ることができる最もシンプルで確実な選択肢と言えます。

翌年の非課税投資枠に移管(ロールオーバー)

所定の手続きをすれば、翌年以降も非課税のまま保有可能です。

課税口座に移管

通常の課税口座に移管するという方法もあります。
別の投資商品に新たなNISAの非課税枠を使いたい人に最適です。

GMOクリック証券の積立(つみたて)NISAのおすすめファンドは?

GMOクリック証券の積立NISAとは

つみたてNISAは、長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度で、

  • 年間40万円まで、最長20年間
  • 取引可能商品は、基本的に一定の投資信託のみ

という特徴をもつ商品です。

GMOクリック証券の積立NISAでファンドを選ぶ際の注意点

初心者のうちは、分配金利回りが高いか、信託報酬が低いかなどに気を付けてファンド選びをしましょう。

GMOクリック証券の積立NISAのおすすめファンド

GMOクリック証券の積立NISAの中でもおすすめは、ニッセイ日経225インデックスファンドです。
日経平均株価に連動するように運用されるため、安定して資産を増やしていける可能性が高いです。

GMOクリック証券のNISAで買うならおすすめの銘柄・商品は?

GMOクリック証券NISA口座で取引できる商品

GMOクリック証券NISAで取引できる商品は、いくつか種類があるので、確認しておきましょう。

国内上場株式

東京証券取引所に上場している株式で、多くの人に馴染みのある商品と言えるでしょう。

国内上場投資信託(ETF)

特定の指数(例えば日経平均株価・TOPIX)の動きに連動して運用することを目指している、東京証券取引所などに上場している投資信託です。

国内不動産投資信託(REIT)

投資家から集めた資金で不動産投資を行い、そこから得られる賃貸収入・売買収益を原資として、投資家に配当する商品です。

国内上場投資証券(ETN)

ETFと同様、特定の指数に連動するように作られた金融商品です。
ETFとの大きな違いは、金融機関が裏付け資産(投資信託)を保有していない所です。

GMOクリック証券NISAのおすすめ取扱銘柄

その中でもおすすめ銘柄は、アサヒホールディングス(5857)です。
配当利回り4%以上を維持しており、自社商品を優待価格で購入できることが魅力的です。
GMOクリック証券NISA口座で購入すれば、非課税で高い配当金を狙えます。

GMOクリック証券NISAの注文方法とは

簡単な注文方法をまとめたので、参考にしてください。

  1. 「注文入力画面」で4桁の銘柄コードを入力してください。
  2. 「口座」でNISA、「取引区分」で現物を選びましょう。
  3. 「注文タイプ」で「通常」または「逆指値」、「買」または「売」を選択。
  4. 「取引数量」で注文数量を入力してください。
  5.  逆指値注文の場合は、注文される条件を指定しましょう。
  6. 「指値注文」のときは注文値段を入力。成行注文のときは「成行」を選択。
  7.  執行区分を「寄付」「引け」「指成」「IOC」から指定してください。
  8. 「有効期限」で当日限り、週末まで、日付指定のいずれかを選択。

GMOクリック証券NISAが初心者におすすめの理由は?

GMOクリック証券NISAが選ばれる理由

GMOクリック証券が選ばれる理由はいくつかありますが、代表的なものを紹介します。

少額から始められる

GMOクリック証券NISAは少額から始められるので、初心者にとって選びやすいポイントとなっています。

特につみたてNISAは100円から積立可能なので、誰でも気軽に取引可能です。

非課税枠を使って投資ができる

一般的な口座であれば、譲渡益や配当金に対して20.315%の税金がかかりますが、GMOクリック証券NISA口座では、一定額まで非課税投資ができるので少額から投資する初心者におすすめできます。

GMOクリック証券NISAは手数料が無料!

また、GMOクリック証券NISAであれば、売買手数料も無料なので、取引に迷いのある初心者も安心です。

GMOクリック証券NISAのメリットを活かせる投資とは?

非課税投資を、手数料無料で行えるGMOクリック証券NISAのメリットを活かすには、

  • 高配当かつ、お得な株主優待が付いている銘柄への投資
  • 長期でリスク分散もできる投資信託に、コツコツつみたて投資

といった投資をおすすめします。

GMOクリック証券NISAの評判・口コミから分かるメリット

それでは、実際にGMOクリック証券NISAを利用している人の評判や口コミについても、確認しておきましょう。

GMOクリック証券NISAの評判・口コミは?

女性/30歳
スマホのツールが見やすく、使いやすいと評価されているので開設してみようと思いました。NISA口座の取引もずっと手数料無料なので嬉しいです。

男性/27歳
証券口座やFX口座などの各種口座が1つのマイページからリンクしていて、その点では様々な投資行動に対してシームレスで使いやすい構造になっていると感じます。

GMOクリック証券NISAのメリット・デメリット

口コミや評判を確認できたところで、それらも参考にしてメリット・デメリットを整理します。

GMOクリック証券NISAのメリット

  • 売買手数料が無料
  • 非課税投資を長期間できる

GMOクリック証券NISAのデメリット

  • 非課税枠に年間120万円、5年間までという制限がある。
    (どの金融機関でも同じ制限が付きます。)

GMOクリック証券のNISA口座に変更・移管や再開設する方法は?

GMOクリック証券NISAの良さを理解したところで、他社に口座をすでに作ってしまっているが、移りたいという人もいるのではないでしょうか。
そこで、口座の変更や移管についても説明します。

他の金融機関からGMOクリック証券のNISA口座に変更できる?

他の金融機関から、GMOクリック証券NISAの口座に変更することは簡単にできます。

GMOクリック証券NISA口座の変更・再開設の申込み方法

会員ページから、「口座開設状況」の「NISA口座」「口座開設」をクリックし、「他社から当社へNISA口座の金融機関変更をご希望のお客様、またはNISA口座の再開設をご希望のお客様」を選択して申し込んでください。

GMOクリック証券でNISA口座を開設するメリット

GMOクリック証券NISAに口座開設すると、売買手数料が無料なので、今使っている他社が有料であれば大きなメリットとなります。

GMOクリック証券NISAの解約方法は?解約のデメリットとは

GMOクリック証券NISAは口座開設も簡単ですが、解約もスムーズにできます。
解約のデメリットと併せて詳細を見ていきましょう。

GMOクリック証券のNISA口座の解約方法

GMOクリック証券のNISA口座を解約するには、2つの方法があり、どちらも簡単にすぐにできます。

コールセンターに問い合わせ

GMOクリック証券のフリーダイヤルに問い合わせ、解約の旨を伝えてください。

電話番号(0120−727−930、携帯・PHSからは03-6221-0190)
受付時間(月曜日〜金曜日 8:00~18:00)

お問い合わせフォームから連絡

GMOクリック証券の会員ページにログインし、お問い合わせフォームから解約の旨を連絡してください。
その後、GMOクリック証券から「口座解約届出書」が送付されますので、必要事項を記入し、返送すれば解約となります。

GMOクリック証券のNISA口座から他社に移ることはできる?

GMOクリック証券のNISA口座から他社へ移ることも可能です。

①コールセンターへ他社へ移る旨を、伝えてください。
 電話番号(0120−727−930、携帯・PHSからは03-6221-0190)

②「金融商品取引業者等変更届出書」または「非課税口座廃止届出書」が郵送されるので、マイナンバー・本人確認書類を併せて提出します。
(既にマイナンバーを提出していれば、マイナンバーは必要ありません。)

GMOクリック証券のNISA口座を解約する前に気を付けること

NISA口座を解約する前には、口座残高が0円になっているか確認しましょう。
NISAのメリットを活かすためにも、解約前に売却するのがおすすめです。

手数料が無料でお得!GMOクリック証券のNISA

GMOクリック証券のNISAについてご紹介しました。
GMOクリック証券は手数料無料で口座開設も簡単なことから、初心者も始めやすいのが特徴です。
今回ご紹介した内容でNISAの魅力を知り、実際の取引を始めてみましょう。

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫