セゾン投信のNISAの特徴・口座開設・おすすめ商品・idecoとの違いを紹介

少額で投資ができ、なおかつ非課税制度を実施しているNISAは今注目を浴びている投資方法です。
では一体どのような仕組みになっているのでしょうか?
今回は、セゾン投信のNISAの特徴について、口座開設、おすすめ商品、idecoとの違いなどに焦点を当てて詳しく解説します。

目次

セゾン投信のNISAとは?

NISAとは、株や投資信託、REITなどで得た利益の一定額の税金が免除されるという個人投資家が優遇される制度です。

セゾン投信NISAの非課税枠って何?

非課税投資枠とはNISA口座内で金融商品を購入できる上限を示したものです。
毎年120万円までの投資による収益に対する税金が免除されます。

セゾン投信NISAの口座開設方法について

この項目ではセゾン投信の口座開設方法について解説します。

セゾン投信NISA口座の種類

一般NISA

年間投資枠120万円、運用可能期間5年の一番スタンダードなNISAです。

ジュニアNISA

未成年のためのNISA。
子供の教育資金源として、保護者が運用する場合が多いです。

つみたてNISA

投資期間が20年まで伸びる代わりに、1年間の投資上限金額は40万円。
長期的目線での積立投資に最適です。

セゾン投信NISA口座開設までの流れ

NISA口座 必要書類の提出

NISA申請書に必要事項を記入し、本人確認書類1点、必要書類と合わせて提出します。

税務署に申請

セゾン投信よりNISA口座の開設申請を税務署に行います。

NISA口座 開設の連絡

口座開設完了後、セゾン投信へ非課税適用確認書が交付されます。

セゾン投信NISAの手数料・期間は?購入方法やファンドを紹介

セゾン投信NISAは手数料が無料に!

投資信託を購入する際には、通常は販売会社に対して「販売手数料」を支払います。
実際に投資信託へ投資できる金額は販売手数料を差し引いた後の金額になるのが一般的です。

しかし、セゾン投信が扱う2本のファンドは販売手数料は掛かりません。

セゾン投信NISAの取引期間は?

NISAでの取引期間は5年間と決められています。
しかし、NISA買付可能枠を使用して商品を移し換える「ロールオーバー」を使うことで、NISA口座の非課税期間を延長出来ることも覚えておきましょう。

セゾン投信NISAの長期投資ファンドはこの2本

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

世界最大級の運用会社であるバンガードが運用している8本のインデックスファンドを投資対象とする投資信託のことです。
世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債権に分散投資できるのが特徴です。

セゾン 資産形成の達人ファンド

海外及び日本の株式に幅広く分散投資できる投資信託のことです。
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドが各種指数と同じような値動きの運用を目指すインデックス型投資信託であるのに対し、こちらはベンチマークしている指数以上のリターンを目指して運用されるアクティブ型投資信託に分類されます。

セゾン投信NISAの購入方法は?

セゾン投信NISAの購入方法には「定期積立プラン」と「スポット購入」の2つがあります。
それぞれの購入の仕方を見ていきましょう。

定期積立プラン

NISA、つみたてNISAのどちらも利用することができ、月々5,000円~1,000円単位で購入ができるので、投資初心者にもおすすめの方法と言えます。
毎月自動購入となるので、タイミングに困ることなく積立ができます。引き落とし手数料も無料なので安心です。
また、時間分散投資でリスクを抑える効果も期待できるので、安定的に資産を増やすことができます。

スポット購入

10,000円以上1円単位で購入することができ、自分の好きなタイミングで利用できます。
事前に入金を行ってからファンドの注文を行います。
最初にログインパスワードを設定してから購入を行いましょう。

  1. 入金した金額が【買付可能額】に反映されているか確認。
  2. 「投資信託」のタブ、「買付」のタブをクリックし、購入する投資信託の「買付」ボタンをクリック。
  3. 「確認済」をクリックすると買付入力の画面に進む。
  4. 買付入力画面で、買付可能額の範囲内で「口座」を選択、「買付金額」を入力し、「注文」をクリック。
  5. 「暗証番号」を入力し、「実行」をクリック。
  6. 買付完了の画面が出たら終了。

セゾン投信NISAの5年後は?メリット・デメリットを解説

セゾン投信NISAのメリットは?

2種類の異なるファンドから選べる

インデックス型、アクティブ型の両方の投資信託を扱っている会社はあまり多くありません。
自分の投資方針に沿った商品を選べるのはメリットと言えるでしょう。

5,000円から積立投資が可能

「定期積立プラン」が用意されています。いずれの投資信託でも月5,000円から1,000円単位での積立投資が可能です。

セゾン投信NISAのデメリットは?

信託報酬が比較的高い

セゾン投信はバンガードなどの運用会社に信託報酬を払っています。
この信託報酬が投資家に上乗せされることから、割高になるのです。

セゾン投信NISAの5年後はどうなる?

5年の非課税期間が終了した場合には、3つの選択肢があります。

  • 非課税期間が終了するまでに売却する
  • 翌年の非課税投資枠に移管する(ロールオーバー)
  • 課税口座に移管する

状況に応じて、選択する必要があることを覚えておきましょう。

セゾン投信つみたてNISAとidecoの違いは?こども向けの投資とは

セゾン投信の積立(つみたて)NISAとは?

つみたてNISAは、非課税期間が20年に延長されている代わりに、年間非課税枠が40万円です。
また積立投資専用であるため、長期運用を考えている方におすすめの制度です。

セゾン投信つみたてNISAとidecoはどう違う?

加入できる年齢が違う

iDeCoは20歳以上60歳未満なら原則、誰でも加入することが可能です。
つみたてNISAは年齢の上限がありません。

60歳以降も長期で積立投資を非課税で行いたい方にとって、つみたてNISAはメリットが大きいと言えるでしょう。

控除される金額が違う

iDeCoは積み立てた掛け金の全額が所得控除されます。
一方でつみたてNISAは、所得控除の適用はないため、この点はiDeCoのメリットが大きいと言えるでしょう。

セゾン投信つみたてNISAとiDeCoを併用する3つのメリット

NISAとiDeCoを併用すると得られるメリットが3つあります。

掛け金が全額所得控除

所得額が下がれば、所得税および住民税が軽減されます。
年収にもよりますが、単純に考えて15%〜55%も節税が可能です。

運用益

通常であれば運用益に対して、20.315%の税金が掛かります。
しかし、iDeCoなら非課税となるのも大きいでしょう。

つみたてNISAの運用益も非課税

2つの制度を併用した場合、運用期間中だけで考えてもiDeCoの掛金控除、iDeCoの運用益が非課税、つみたてNISAの運用益が非課税というトリプルメリットを享受できます。

こども向けの少額投資セゾン投信ジュニアNISAとは

ジュニアNISAは子供の将来に向けた資産形成をサポートする非課税制度です。
子供の教育費などを将来を見据えて、保護者が利用する場合が多いです。

セゾン投信の積立(つみたて)NISAのファンド・チャート利用方法は?

セゾン投信のつみたてNISAでファンドを選ぶ際に気をつけることは?

コストの安いネット証券を購入する

購入時に発生する購入手数料と運用中にかかる信託報酬は、投資家から見れば運用成績を引き下げるコストに過ぎないため、低いほうが良いでしょう。

一度に買わず分けて買う

基準価格が底に落ちるリスクに備えて、資産を何十にも分割にし、時間をずらして同額ずつ購入することで、損失リスクを最小限にできるのです。

チャートで見るセゾン投信NISAの投資信託

セゾン投信の特徴は、短期間で見たチャートでは変動が大きいものの、長期的に見るチャートでは右肩上がりです。
セゾン投信のキャッチフレーズである「いそがないで歩こう」が表す通り、長く預けるほど、安定して資産を増やせる投資信託の一つと言えるでしょう。

セゾン投信NISAが初心者におすすめの理由は?積立シュミレーションの使い方

セゾン投信NISAの積立シュミレーションが分かりやすい!

セゾン投信の積立シミュレーションとは、投資期間、積立条件、積立総額などのデータを入力して実際に未来の運用を予測すること。
このシミュレーションによって、どのタイミングでプラス転換に働くのかを視覚的にチェックすることができるため、投資初心者におすすめです。

セゾン投信NISAのメリットを活かせる投資とは?

セゾン投信は長期目線の投資に、大きな力を発揮します。

そのため、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドであれば、世界中に分散投資が可能です。

リスクを最大限に抑えながら長期的な目線で投資を行えるメリットを生かせるファンドと言えるでしょう。

セゾン投信NISAの評判・口コミから分かるメリット

セゾン投信NISAの評判・口コミは?

日本郵便が株主

今までは大手クレジットカードが会社であるクレディセゾンの100%子会社でしたが、2014年に日本郵便が株式の40%を取得し、資本業務提携を行なっています。

ゆうちょ銀行経由でセゾン投信の投資信託を購入できることから、良いイメージが広がっているのです。

バンガード社と提携

セゾン投信は、個人投資家向けインデックスファンドを売り出したバンガード社と提携しています。
バンガード社は2018年2月地点で運用総資産約534兆円を誇る運用会社です。
世界トップクラスの運用ノウハウと安定性のメリットを享受できることから、ポジティブな評判を得ているのです。

セゾン投信のNISA口座に変更・移管や再開設する方法は?

他の金融機関からセゾン投信のNISA口座に変更できる?

2015年から、手続きをすれば毎年他の金融機関から乗り換えることが可能になりました。
今までは乗り換えは出来ませんでしたが、現在は乗り換えが可能であることを覚えておきましょう。

セゾン投信NISA口座の変更・再開設の申込み方法

NISA口座 必要書類の提出

NISA申請書に必要事項を記入し、本人確認書類1点と、他の銀行口座から変更を希望する場合に提出する「勘定廃止通知書」の提出を行います。

税務署に申請

セゾン投信よりNISA口座の開設申請を税務署に行います。

NISA口座 開設の連絡

セゾン投信側から開設完了の連絡が自宅に届きます。

セゾン投信でNISA口座を開設するメリット

セゾン投信には、独自の長期投資ファンド2本があり、バンガードや日本郵便などの大手会社との提携もしているので、他の金融機関にはないファンドで取引できる点が強みと言えるでしょう。

セゾン投信NISAの解約方法は?解約のデメリットはある?

セゾン投信のNISA口座の解約方法

取引口座の解約を希望する場合は、窓口(03-3988-8668)まで連絡が必要です。
ただし、「定期積立プラン」を利用している場合は、以下を行なった上で連絡を行いましょう。

  • 現在持っている投資信託を全て解約する
  • 定期積立プランを利用している場合は、「定期積立プラン解約届」で積立契約を解除

セゾン投信のNISA口座から他社に移ることはできる?

他社のNISA口座申し込み手続きの中で、セゾン投信から取り寄せた「勘定廃止通知書」を移転先に提出する必要があります。

セゾン投信のNISA口座を解約する前に気をつけることは?

資産を全て売却しておく

NISA口座を解約する前に、NISA口座内にある資産を売却する必要があります。

NISA口座解約後は、売却益や配当金などに税金がかかってしまうため、解約前に非課税になるメリットを最大限活用しておきましょう。

資産売却のタイミング

資産を売るタイミングは難しく、売却するかを迷っているうちに値下がりしてしまいます。
この売却に適切なタイミングを見極めて、売却の損失を少なくすることが大切と言えるでしょう。

2本のファンドで分かりやすい!セゾン投信のNISA

今回の記事では、セゾン投信の特徴から口座開設、おすすめ商品などを解説しました。
全てにおいてメリットがある訳ではありませんが、商品としての完成度は他社と比較しても高いと言えます。
セゾン投信のNISAを上手に使いこなして、資産運用を効率的に進めましょう。

セゾン投信のNISAの特徴・口座開設・おすすめ商品・idecoとの違いを紹介