ロボアドバイザーの運用利回りは?ウェルスナビ、THEO、楽ラップを比較!

近年、新しい運用投資サービスとして注目を浴びているロボアドバイザー。
投資初心者でも簡単に投資を始められるサービスとして20〜30代の若い世代から人気を集めています。

数ある会社が多様なサービスを出していることで、会社間で何が違うのかを知りたい人も多いはず。

今回の記事では、ロボアドバイザーサービスである「ウェルスナビ」「THEO」「楽ラップ」を比較して、それぞれの特徴を掴んでいきます。

ロボアドバイザーを利用した投資を考えているけど、どのサービスを使えば良いか分からない方は必見です。

ロボアドバイザーの特徴は?

ロボアドバイザー(通称ロボアド)とは、人工知能(AI)を利用したインターネット上の資産運用サポートや資産運用の一任システムのことです。

利用者が提示された質問に回答することによって、その利用者の資産運用の目的やリスク許容度を考慮した合理的な投資の配分を提案してくれます。

このようなサービスが普及した背景には、日本でもネット証券が一般的になったこと。
そして金融とITを融合した技術革新である「フィンテック」という考え方が浸透してきたこともポイントとしてあげられます。

元々はアメリカ発祥のサービスでしたが、日本でも2016年頃から認知が進み、大きな盛り上がりを見せています。

投資の知識がなくても始められたり、少額から始められたりと若い世代も始めやすいメリットなどがありますが、投資であるために「元本割れ」をしてしまうデメリットもあります。

アドバイス型と投資一任型がある

ロボアドバイザーには2種類があり、「アドバイス型」と「投資一任型」に分かれます。

アドバイス型

ユーザーのリスク許容度を診断し、資産運用の最適な配分のアドバイスをしてくれます。
実際のアドバイスに基づいて自分で投資の発注や運用を行うのですが、運用途中で資産配分を変更する必要が生じた場合は再配分を行います。

アドバイス型は無料で利用できるため、気軽に資産運用を始めたい投資初心者に向いています。

投資一任型

アドバイス型の内容に加えて、投資を行う際の発注・運用、また、運用中の資産配分を最適な状態に維持するための調整(=リバランス)などを行います。

ユーザーは投資の発注や運用、また、運用途中における資産配分などについて、自分で行う必要がなく、全てをロボアドバイザーに任せることができるのが特徴です。

手数料は発生しますが、投資信託と比べてもコストを抑えて運用を行えます。

ロボアドバイザーの運用コスト

ロボアドバイザーのサービスを利用する場合は一定の費用がかかりますが、「アドバイス型」サービスはほとんどが無料で使えます。

一方で「投資一任型」を利用する場合は、「サービス利用手数料」と「投資信託手数料」(投資信託を運営している会社に支払う信託報酬など)がかかります。

手数料の相場としてはサービス利用手数料と投資信託手数料の合算で、預け入れ資産の「1%」前後であることが多いです。

ロボアドバイザーの利回りを比較しよう

この項目では有名ロボアドバイザーサービスであるWealthNavi、THEO、楽ラップを様々な項目で比較していきます。

利回り(年率) 最低投資額 運用手数料 投資対象 投資一任 or アドバイザー
WealthNavi 4.5〜16.2% 10万円 3000万円まで1%
3000万円を超える部分0.5%(税抜)
ETF 投資一任型
THEO 1.9〜12.9% 1万円 3000万円まで1%
3000万円を超える部分0.5%(税抜)
ETF 投資一任型
楽ラップ 4.1〜15.6% 10万円 0.702%(税抜) 投資信託 投資一任型

利回りを見るとWealthNaviがTHEO・楽ラップと比較しても高い年率であることが見て取れます。
しかし、最低投資額がWealthNavi・楽ラップが10万円からと高め。

THEOであれば1万円からロボアドバイザー投資ができるのもメリットと言えるでしょう。

実際の機能面などを見ながら、自身にあったサービスを選ぶことが大切です。

リスク許容度が大きいと利回りも高くなる

3社ともに利回り数値には幅がありますが、リスク許容度の違いが主に影響していると考えられます。

昨年以降のデータを見ると、リスク許容度の小さい場合(ローリスク・ローリターン)に比べて、リスク許容度の大きい場合(ハイリスク・ハイリターン)の方が、運用実績で良い結果が出ているのです。

リスクは増えますが、それだけ大きなリターンを見込むことができます。

ここ最近は景気が比較的順調に推移し、リスク許容度の大きい場合で運用した方が結果的に有利になったと見られます。

THEOの特徴・メリット

「テオ」は世界86の国・地域、1万1000以上の豊富な銘柄の中から、国際分散投資で長期資産の運用を行うロボアドバイザーです。

「値上がり重視」「配当利益重視」「インフレ対策重視」の3つの投資方針からユーザーが操作できることから、ユーザーの意思を的確に反映したポートフォリオを組むことが可能になります。

診断結果に合わせた最適化パターンは200種類以上ときめ細かく、豊富な投資形態があるのも特徴。
さらに、運営主が独立系の企業であることから、証券会社の医師に影響されないなどの中立性が保たれているのもポイントですね。

THEO(テオ)

THEO(テオ)の特徴

投資関連事業を展開し、経済省が支援するJ-Startup企業にも認定されている注目の企業、お金のデザインが運営する「THEO(テオ)」。
徹底した分散投資をおこない、利用後の満足度90%を超える人気を誇ります。
特徴としては、グローバル分散投資を行なっているという点が挙げられます。
名前からも想像することができるように、投資先や投資の対象を国内だけでなく世界の色々なところに分散することによって、リスクを分散して安定的な収益を目指すというものです。
テオの場合、最大で30種類以上のETFから構成されています。さらに細かく見てみると、最終的に11,000銘柄以上の投資対象があります。いろいろな地域に分散させることでリスクを分散できるようになっています。

テオは投資一任型のため、提案だけでなく運用まで任せることが可能です。
1万円から始められるのもメリット。簡単に始めることができ、20代や30代からの利用者が多いというのも特徴です。
また、docomoユーザーであれば、「THEO+ docomo」を利用することによってdポイントを貯めることができます。

THEO(テオ)のスペック

運営会社株式会社お金のデザイン
投資対象11,000銘柄以上
最低投資額1万円
手数料預かり資産3,000万円まで:年率1.0%
3,000万円を超える部分:年率0.5%
定期メンテナンス自動
自動積立1万円以上1,000円単位
独自機能グロースポートフォリオ、インカム・ポートフォリオ、インフレ・ポートフォリオ
運用実績期待リターン4.8%(2007年の世界金融危機直前からTHEOのポートフォリオを運用したシミュレーションによる数値。)
専用アプリあり(iOSのみ)

WealthNaviの特徴・メリット

「ウェルスナビ」は申込件数18万口座以上、預かり資産1300億円を達成している国内トップクラスの規模・実績を持つロボアドバイザー。

海外ETFを組み合わせた8コースの中から、最適なポートフォリオを提案してくれます。
海外ETFは投資信託より信託報酬が低いために、費用を抑えることができるのです。

また、手数料を最大0.90%(年率)まで割引してくれる「長期割」サービスや、収益にかかる税を少なくするための「自動税金最適化機能」などを持っているのも特徴と言えます。

WealthNavi(ウェルスナビ)

WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴

「WealthNavi(ウェルスナビ)」は、ウェルスナビ株式会社が提供しているロボアドバイザーです。 大きな特徴としては、ノーベル賞受賞者が提唱している理論をもとにした資産運用アルゴリズムを使用しているということです。投資対象の選定から利益の運用、リバランスなど投資に関わる一切をすべて自動で行ってくれます。簡単な6つの質問に答えるだけで最適な運用プランが分かり、誰でもすぐに世界レベルの資産運用ができると人気です。 また、自動積立機能がついているので積立投資を行うこともできます。 その他にも、目標金額、リスク許容度の設定、それぞれにあったポートフォリオの構築、入金、自動発注、積立、分配金の再投資、リバランス、税金最適化などの機能があります。 2018年8月には預かり資産1,000億円を突破し、日本投資顧問業協会が行った調査によると預かり資産・運用者数ともにNo.1との結果が出ています。

WealthNavi(ウェルスナビ)のスペック

運営会社ウェルスナビ株式会社
投資対象米国株、日欧株、新興国株、金、不動産、米国債券、物価連動債
最低投資額10万円
手数料預かり資産3,000万円まで:年率1.0%
3,000万円を超える部分:年率0.5%
定期メンテナンス自動
自動積立毎月1万円から可能
確定申告自動
独自機能目標金額とリスク許容度の設定、最適なポートフォリオの自動構築、入金、自動発注、自動積立、分配金の自動再投資、自動リバランス、自動税金最適化
運用実績運用コースによって異なります。 リスク許容度1:+6.6% リスク許容度2:+11.1% リスク許容度3:+14.1% リスク許容度4:+17.0% リスク許容度5:+18.9% (円建て)
専用アプリあり(iOS/Android)

楽ラップの特徴・メリット

「楽ラップ」は楽天証券が提供するサービスであり、年率のトータル費用は固定報酬型で預け資産の0.702%(税込)と、低コストで運用できるのが特徴。

主な投資対象は国内の投資信託であり、為替変動リスクを負わないという利点もあります。

株式市場の相場変動リスクが高くなった場合には、株式の投資割合を少なくする「下落ショック軽減機能」を持っています。

最適化されたポートフォリオ、および「下落ショック軽減機能」の適用の有無を選択して運用を一任することができるのです。

楽ラップ

楽ラップの特徴

「楽ラップ」は、楽天証券が提供する投資サービスです。16問の質問に答えるだけで一人ひとりにピッタリの運用コースを診断・提案してくれます。資産配分の変更や売買などが自動で行われるので、初心者でも簡単に投資を始められると人気です。 大きな特徴と言えるのが「下落ショック軽減機能(TVT機能)」です。株式市場では、時に大幅に下落してしまうということがあります。株式市場の値動きが大きく、そのような状態が続くことが予想されるという場合において、一時的に株式に対する投資の比率を下げて債権に投資する比率を上げることによって、全体の資産の値動きの幅を軽減するという機能です。株式市場の値動きが落ち着いてから少しずつ、元の配分に戻してくれます。大きな下落をできる限り避け、損失を少なくしたいと考えている方におすすめの機能です。 また、取引に応じて楽天スーパーポイントが貯まるため、楽天ユーザーにとっては大変お得になっています。

楽ラップのスペック

運営会社楽天証券
投資対象国内株式、外国株式、国内債券、外国債券、REITなど15種類の投資信託
最低投資額10万円
手数料固定報酬型:最大年率0.702%
成果報酬型:最大年率0.594%+成功報酬(運用益の5.4%)
定期メンテナンス自動
自動積立毎月1万円~
独自機能下落ショック軽減機能(TVT機能)
運用実績運用コースによって異なります。    保守型:+3.9%  やや保守型:+8.0%(TVTなし)、+7.3%(TVTあり)  やや積極型:+12.6%(TVTなし)、+10.9%(TVTあり)    積極型:+17.5%(TVTなし)、+16.0%(TVTあり) かなり積極型:+20.1%(TVTなし)、+18.5%(TVTあり)
専用アプリなし(スマホでも利用可)

ロボアドバイザーを検討しているならよく比較しよう

今回はロボアドバイザーの概要と、各種サービスの比較などを行ってきました。

今回取り上げたWealthNavi、THEO、楽ラップ共に独自の機能が搭載されており、利用者によって好みは分かれます。

どのサービスも素晴らしいメリットと独自の機能を兼ね備えているので、実際に使って見て合ったサービスを選ぶのが良いでしょう。

今回のロボアドバイザーサービスの比較記事をきっかけに、是非ロボアドバイザー投資を始めて見てはいかがでしょうか?


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

この記事に関連するタグ

BD編集部
フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信