ロボアドバイザー

ロボアドバイザーの解約方法まとめ!ウェルスナビ、テオ、楽ラップなど

ロボアドバイザーは、最初に自分に合った運用プランを選び口座にお金を入れるだけで手軽に資産運用を行うことができるということで注目されているサービスです。そんな便利なロボアドバイザーですが、解約したいという場合にはどのような方法で行えばよいのでしょうか?
人気のウェルスナビ、テオ、楽ラップなどの解約方法についてまとめてみました。

ロボアドバイザーとは?評価やメリット、デメリットなど特徴を比較

ロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザーとは、簡単に言えば、AIが本人に代わって自動で運用や管理を行なってくれるサービスのことです。
THEO(テオ)では最低投資金額1万円。WealthNavi(ウェルスナビ)楽ラップでは、最低投資金額10万円から資産運用を行うことができます。忙しくて時間がない方、投資経験がない方、投資に関する知識がほとんどない方などにおすすめのサービスです。

ロボアドバイザーのメリット

ロボアドバイザーのメリットはたくさんあります。

・最初にプランを選択して口座に入金しておけば、あとはすべて自動で資産運用
・投資に詳しくなくても問題ない
・簡単に始めることができる
・自分に合ったポートフォリオを提案してくれる
・少額投資ができる
・手数料が安い
・感情などに左右されることがない
・いつでも出金または解約が可能

このように、ロボアドバイザーなら手間もかからず簡単に少額で投資を始めることができるのでおすすめです。

ロボアドバイザー解約前の注意事項

ロボアドバイザーを解約するという場合には、解約する前に注意事項を確認しておきましょう。

解約前に全額を出金

ロボアドバイザーを解約する前に、自分の口座に残っている金額の全額を出金しておく必要があります。
解約の手順についてはそれぞれのサービスで異なるので、下記で詳しく解説します。

積立投資の設定を解除

ロボアドバイザーを利用している人の多くは毎月1万円など積立投資の設定を行なっているかと思いますが、そのような場合には、必ず積立投資の設定を解除しておいてください。解除しておかないと口座振替などで口座から資金が引落しされてしまうので注意しましょう。

出金依頼前の金額と実際に振り込まれる金額が異なる可能性

解約する際に、出金依頼前の金額と実際に口座に振込まれる金額が異なるという場合があります。これは運用しているETFを売却したことによって譲渡益が発生するためです。通常解約手数料や違約金などはかかりませんが、運用プラン、運用実績によっては成功報酬から税金が差し引かれる可能性があることを覚えておきましょう。

ロボアドバイザー「TEHO(テオ)」の解約方法

TEHO(テオ)を解約したいという場合には次の手順で解約できます。

まず、マイページへログインを行います。メニューの「設定」→「ユーザー設定」→「口座解約についてはこちら」を選択して解約を申請することができます。

口座解約についての手数料はかかりません。口座解約後はその年の12月31日まで新規でTHEOもしくは、THEO+の申込はできないので注意です。翌年の1月以降に再び申込をする必要がある。一度解約してしまうと、再開するまでに時間がかかるということを頭に入れておきましょう。

ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の解約方法

WealthNavi(ウェルスナビ)の解約方法は、まずWealthNavi(ウェルスナビ)にログインをしてお問い合わせフォーム、もしくは電話で口座解約を希望するということを伝えます。登録住所に「外国証券取引口座解約請求書」が届くので、この書類に必要事項を記入して、本人確認書類のコピーと一緒に返送することで、口座解約をすることができます。

また、口座解約の他にも口座から全額出金を行うことで自動運用を休止することも可能。休止しても手数料などはかからないですし、口座が閉鎖されて使えなくなるなどということもありません。いきなり口座を解約するのではなく、休止するということも検討してみるとよいでしょう。

ロボアドバイザー「楽ラップ」の解約方法

楽ラップは、当初運用開始日(新規契約締結日の翌営業日)の翌月最終営業日15時以降、いつでも解約することができます。
解約の手続きは、PCサイトからの場合はログインをした後に、資産合計欄の右にある「解約申込」を選択して行います。

スマートフォンからの場合は、ログイン後、ホーム画面の右上にある「メニュー」→「楽ラップ」→ 資産合計欄の下にある「注文」→「解約」から手続きを行うことが可能です。
解約手数料や違約金はかかりませんが、成功報酬併用型の手数料コースを選択している場合などは運用成果によっては解約時に成功報酬がかかります。

ロボアドバイザーの解約方法は念のため確認しておこう

ロボアドバイザーの解約方法については、口座開設時に念のため確認しておくとよいでしょう。ただし、ロボアドバイザーを活用するメリットは多いので、いきなり解約するのではなく一定の期間利用してみるのがおすすめです。
投資や資産運用に興味がある方は、まずはロボアドバイザーを活用してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYS編集部ディレクター・ライター。2017年10月より仮想通貨界に参入。毎日の情報収集は欠かしません。主に海外からのニュースを担当しています。最近は「ポイント還元」や「キャッシュバック」という言葉に目がなく、お得情報の配信に尽力しています。趣味は映画鑑賞、無類のネコ好きです。

- Asuka の最近の投稿