THEO(テオ)積立のメリット・デメリットは?月々1万円から積立投資が可能

ロボアドバイザー「THEO(テオ)」の積立投資は毎月10,000円から始めることができます。
投資一任型のサービスなので、感情によって損をすることがないのが大きな魅力です。
しかし、中には「積立投資のメリットって?」「本当に利益が出るの?」と疑問に思う人も多いはず。
この記事では、THEOの積立投資によるメリット・デメリットを徹底解説。
最後まで読むことで、THEOの積立投資が投資初心者に向いている理由が分かります。

TEHO(テオ)積立とは?毎月1万円から積立可能

積立投資とは、投資タイミングや金額を判断せずに定期的に同じ金額を投資する方法です。

ドル・コスト平均法」とも呼ばれるこの投資方法は、リスクを押さえながら投資できる効果的な方法として知られています。

ロボアドバイザーTHEOでも積立投資は利用でき、毎月最低10,000円という小額から始めることができるのが特徴です。

また、THEOには積立投資投資を自動で行ってくれる「THEO積立」という機能があります。
毎月いくら積み立てるかを決めてしまえば、後は登録した口座から自動で引き落としてくれる仕組みです。投資の知識がなくても問題なく積み立てることができるので、投資初心者にピッタリのサービスと言えます。

TEHO(テオ)で積立投資をするメリットは?

ここではロボアドバイザーTHEOで積立投資をするメリットを解説します。

月々10,000円から積立できる

THEOの積立投資は最低10,000円から始めることができます。

また1,000円刻みで積立額を増額できるので、資金力がそこまで強くない人にも優しい仕組みです。

積立の中止や再開はWEB上で簡単にできるので、投資初心者でも気軽にチャレンジできます。

為替相場の影響を最小限にできる

積立投資には為替相場の影響を最小限に抑える効果があります。

THEOは海外の証券取引所で上場している投資信託(海外ETF)に投資するのですが、タイミングによっては高値で購入してしまうことも。

例えば、同じ商品Aに投資する場合でも、100万円で購入するのと50万円で購入するのとでは後者の方が圧倒的にお得になります。

しかしマーケットの動きは常に変動しており、投資のプロでも値動きを予測することはできません。

THEOの積立投資を利用すれば、複数回にわたって機械的な投資を行ってくれます。

つまり金融商品を割安・割高に購入できるタイミングのバランスを調整してくれるので、為替相場に作用されず実質平均価格で購入できるのです。

上昇局面では大きな利益になる

金融危機など大規模な下落相場でも、積立投資は常に一定金額の口数を購入します。

つまり株価が安い状態になっているので、いつもよりたくさんの口数を購入することができるのです。

もちろん購入後に金融商品の相場が上昇すれば大きな利益に繋がります。

THEOの積立投資を利用すれば、中長期的に見て大きなリターンを得られる可能性が高く、投資初心者や経験者に平等にチャンスがあるのが魅力です。

TEHO(テオ)で積立投資をするデメリットは?

ここではロボアドバイザーTHEOで積立投資をする際に注意すること、デメリットを解説します。

中長期的に上昇する金融商品を選ばなければならない

積立投資でリスクを押さえても、金融商品の売却金額が投資額より下回っていては利益が発生しません。

積立投資では、短期的ではなく中長期的に値上がりする金融商品に投資を行う必要があります。

ピンポイントで利益を狙う短期型の金融商品よりも、中長期的、つまり定期的に値上がりする金融商品の方が積立投資には向いているということです。

中長期的に上昇する見込みのあるのは「世界経済」

中長期的に値上がりする金融商品といわれても難しいと思いますが、THEOの場合は「世界経済」が該当すると考えてください。

世界経済の成長率は年間約3%(日本は1%未満)で、人口増加による生産性の上昇が大きな理由です。

THEOは世界の銘柄からユーザーに最適なポートフォリオを作成します。

つまり積立投資のデメリットを自動で解決してくれるので、中長期的に値上がりする商品をわざわざ選ぶ必要はないのです。

長期的に投資を継続しないと大きな効果を発揮しない

THEOに限らず、積立投資は投資タイミングを分散することでリスクを最小限に抑えています。

逆に言えば短期的に利益を上げるチャンスを減らしているので、長期的に投資を継続しなければなりません。

例えば、積立されるタイミングが毎月5日の場合、前日の4日に大きく値上がりしても積立投資は対応できないということになります。

THEOの積立投資においても同様で、短期的に損をするかもしれませんが、トータルで見れば得をする可能性が高いのです。

THEOの積立投資を利用する場合は、長期的な投資を視野に入れることをおすすめします。

THEO(テオ)で少額から積立投資を始めてみませんか?

為替相場の影響を受けにくく、大きな利益も見込める積立投資は投資初心者におすすめの投資方法です。

そんな積立投資も、THEOなら毎月最低10,000円という小額から始めることができます。

1,000円刻みで増額でき、積立投資の中止や再開もWEB上で簡単に行えるのも魅力的。

しかし積立投資には短期的な利益はあまり見込めないというデメリットがあります。

一時的に損はしても、トータルで得をする仕組みになっているので、THEOの積立投資を検討するなら中長期的な運用を心がけましょう。

良太平本

良太平本

クレジットカード・キャッシュレスのWEBライター。複雑でわかりにく情報をかみ砕くのには自信アリ。最近はスマホ決済アプリの記事をメインに書いています。