THEO(テオ)

AI投資のTHEO、東海東京証券向けにサービス提供開始

ロボアドバイザーのTHEO(テオ)が1月22日(水)より、東海東京証券向けに「THEO+(テオプラス)東海東京証券」のサービス提供を開始しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

ロボアドバイザーを東海東京証券のユーザー向けに提供

THEOは、AI(人工知能)が搭載された「ロボアドバイザー」が資産運用をすべて自動で行うサービスです。
年齢や現在の金融資産額などの情報から、ユーザーに合った最大30種類以上のETF(上場投資信託)からなるポートフォリオがロボアドバイザーから提案されます。
運用報酬は最大1.00%(税別・年率)と低コストであり、2019年12月時点で20代〜40代を中心に7万9,000人が利用しています。

今回THEOは、東海東京証券向けに「THEO+ 東海東京証券」の提供を開始しました。
マネーコンパス・ジャパンが提供するスマートフォンアプリ「おかねのコンパス」と本サービスを連携することで、運用状況の確認や入金手続きがアプリ内で行えるようになっています。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。