LINE証券

LINE証券、最低取引コストが業界最低水準の0.05%に 12月より

スマホ投資サービスのLINE証券が12月2日(月)より、1株/1口単位で取引ができる株式とETFの日中取引の取引コスト(スプレッド)を業界最低水準の0.05%とすることがわかりました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

手数料無料に加えてより使いやすいサービスに

LINE証券は平日の夜21時まで、1日に何度でもリアルタイムに取引が可能な相対取引を採用しています。
証券取引所などの市場を介さずにLINE証券がユーザーとの間で直接取引を行うため、ユーザーとの間で取引を行う場合の価格と市場との間で取引を行う場合の価格に時間により差が生じます。この価格変動リスクをLINE証券では「取引コスト(スプレッド)」としてユーザーに提示する価格に含めています。

これまでLINE証券では取引可能時間内の取引コスト(スプレッド)を非開示としていましたが、2019年12月以降は取引コスト(スプレッド)を開示し業界最低水準である0.05%に設定します。なお、夜間取引は0.5%になるとのことです。

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

併せてオススメ

LINEモバイル「学生応援!社会人にもあげちゃう最大5,000円相当プレゼントキャンペーン」実施中

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。