LINE証券

LINE証券、株式の現物取引サービスを5月10日より開始 約3,700銘柄に対応

LINE証券が5月10日(日)18:00より、取引所取引(現物取引)を開始することが発表されました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

東証に上場している約3,700銘柄が取引可能に

LINE証券では1株/1口単位で数百円から、ユーザーが平日のランチタイムや仕事帰りの21:00まで1日に何度でもリアルタイムに取引ができるように、相対取引を採用したスマホ投資サービスを提供しています。

提供する中で「より多くの銘柄を取引したい」「次のステップへと進んでみたい」といった要望が多く寄せられたことを受け、投資未経験者から投資経験者まですべての「働く世代」のユーザーに利用してもらえるよう、LINE証券では取引所取引を開始することを明らかにしました。

まずは5月10日(日)18:00より現物取引をスタート。なお、今後は信用取引の取扱いに向けた準備も進めていくとしています。

取引時間

詳しい取引時間は以下の通りです。

日中取引:9:00~11:20、11:30~12:20、12:30~14:50
夜間取引:17:00~21:00
(※国内の三連休以上の休日が有る場合は、連休前日の夜間取引は、受注を停止;夜間取引において、ETFは取扱対象外)

取引銘柄

これまで国内有名企業315銘柄を扱っていましたが、新たに東京証券取引所に上場している約3,700銘柄に対応し、より多くの国内株やETF /REITに投資できるようになります。
詳しい取引銘柄は以下の通りです。

国内ETF:15銘柄
国内株式:300銘柄(外国株式は取扱対象外)
投資信託:28銘柄

LINE FX

LINE FXの特徴

経済指標や急な価格変動もLINEで通知してくれるので使いやすいと評判です。業界最狭水準のスプレッドを誇り、取引手数料や出金手数料をはじめ、ロスカット手数料や即時入金手数料など、あらゆる手数料が無料になっているのも魅力です。サポート体制も充実しており、AIチャットや問い合わせフォームで無料で相談可能。初心者でも安心して取引を始められます。

LINE FXのスペック

運営会社LINE証券株式会社
投資対象FX
最低取引単位全通貨で最低取引単位は1万通貨が1取引単位
手数料あらゆる手数料がすべて無料
専用アプリあり
最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。