少額投資とは?非課税制度やおすすめアプリ、投資の種類などを解説

投資といえば、大金を持っている人が行うものというイメージを持つ方も多いでしょう。
確かにそういった投資方法もありますが、1万円くらいで始められる少額投資もたくさんあります。
銀行に預けてもほとんど利息が付かない今、預金から投資へ関心を持つ人が増えています。
初心者が少ない金額で始められる少額投資には、どんなものがあるのでしょうか。
ここでは、少額投資の特徴やおすすめの種類について紹介します。

目次

投資を始めるならまずは少額から

投資する対象として真っ先に思い浮かぶのは株式かもしれません。
しかし、株式はほとんどが100株や1,000株を1単元としているため、投資するにはまとまった金額が必要になります。
証券会社だけでなく、銀行や郵便局での購入も可能になった投資信託もある程度の金額のお金が必要なのです。

しかし、利息が付かないに等しい預貯金では、お金が増えないというデメリットがあります。
そこで登場したのが「少額投資」です。
毎月少額の金額を決めた積立形式で行うことが多く、金融相場によっては掛金よりもお得になることがあるのが特徴です。

早いうちから始めれば「塵も積もれば山となる」で、知らないうちにけっこうな金額になっていたということも珍しくありません。
また、1万円程度で始められることが多いため、月々の負担も少ないと人気があります。

少額投資のメリットとデメリット

メリット

投資に興味がある方にとって、少額投資は投資について学ぶ良い機会となります。
一番気になるのが損失を出すことですが、少額投資であれば、万が一の場合も損失金額は少なくて済みます。
また、分散投資しやすいというメリットもあります。
少額投資はさまざまな種類の複数の商品に投資してみたいという方におすすめです。
積み立てる時に相場が下落していれば、多くの株式や投資信託を買うことができ、たくさん積み立てられます。
さらに、売却する時の市場が上昇相場なら、かけた金額よりも高い値段で売却することができます。

デメリット

一方で、たとえ少額の投資とはいえ、株式や投資信託は景気や金融相場、世界情勢に左右されます
そのため、かけた金額よりも受取金額が減ってしまうリスクは常に生じます。
コツコツ積み立てをしていざ受け取るとなった時に、金融市場が下落相場であれば、かけてきた金額よりも受け取る金額は減ってしまいます。
また、手数料が割高になるというデメリットもあります。少額投資を繰り返し行えば、相応の手数料が加わることも念頭におきましょう。

売買の差額が多ければ多いほど得をしますが、投資には必ず表裏一体の面がありますので、うまくいかなかった時のことも考慮して始めることが大切になります。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
少額投資のメリット・デメリットは?

始めやすい少額投資の種類は?

少額で投資できるものはいくつかありますが、よく知られているものは「ミニ株」や「るいとう(株式累積投資)」、「投資信託」でしょう。
その他にもFXや金・プラチナの積み立てなどもあり、ほとんどの種類が少額で始めやすいようにしてあります。
投資の目的によって選択するものも変わりますが、それも投資の面白さと言えるでしょう。

ミニ株(単元未満株)

100株や1,000株という単元株には手が出ないけれど、株を買いたい人には「ミニ株(単元未満株)」がおすすめです。
証券会社によっては単元株より少ない単位で売買することができる「ミニ株」というものがあります。これなら、株を単元数の10分の1で買うことができます。
また、単元数に達すれば株主優待も受け取れます。

るいとう(株式累積投資)

「るいとう(株式累積投資)」では、特定の銘柄を毎月決まった金額で積立購入することができます。
1万円程度で始められ、株価によって毎月積み立てできる株式数が変わるのが特徴です。
価格が高いときには少なく、安いときには多く購入いしていく「ドルコスト平均法」というものがありますが、毎月一定金額で長期間株を購入する「るいとう」ならドルコスト平均法によりリスク分散ができます。

投資信託

「投資信託」はプロが値上がりの期待できる銘柄を組み込んで作りますので、自分で銘柄選びをすることが苦手な人におすすめです。
FXや株式は常に相場をチェックしなければなりませんが、投資信託なら専門知識がない初心者でも気軽に始められます。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
少額投資の種類は?投資信託やポイント投資がおすすめ

おすすめの投資信託は?少額投資を始めよう

少額投資非課税制度(NISA)とは?

みなさんは「NISA(ニーサ)」をご存知でしょうか?
NISAとは「少額投資非課税制度」のことをいい、少額で長期に資産運用をするため国が用意したお得な制度です。
「NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類があり、それぞれのNISAで対象年齢が異なります。
知っておいて損はないので以下の記事で確認しておきましょう。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
少額投資非課税制度(NISA)とは?

NISA口座おすすめ一覧

楽天証券

楽天証券NISA口座のメリットは、楽天スーパーポイントが貯まるという点。
投資信託の積立の引き落としに楽天カードのクレジットカード払いを利用すると、積立金額100円につき1ポイントが付与されます。このポイントを使って投資信託を購入することもできるので魅力的。
なお、楽天証券では2019年4月19日(金)~2019年9月6日(金)の期間中、NISA口座開設キャンペーンをおこなっています。抽選で300名様に3,000ポイントがプレゼントされますので、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか?

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座では、約定金額に関わらず国内株の売買手数料が無料になります。また、NISA口座で海外ETFを含む外国株の買付手数料が無料になるのはマネックス証券のみ。国内株・外国株に投資したいという方に特におすすめです。

松井証券

松井証券の「つみたてNISA」は、146本という豊富な投資信託を用意しているのが魅力。
積み立て金額は月100円から申し込むことができ、ロボアドバイザー「投信工房」が資産運用をサポートしてくれるので投資初心者におすすめです。

iDeco(イデコ)とは?

NISA(ニーサ)と同時に耳にするのが「iDeCo(イデコ)」でしょう。
iDecoとは個人型確定拠出年金のことです。確定拠出年金法に基づいて行われている私的年金制度で、平成29年1月をもって原則20歳以上、60歳未満の方が加入できるようになりました。
老後の資産形成のために使える有利な制度として注目されています。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
iDeCo(イデコ)とは?メリットやデメリット、手数料、節税の方法、おすすめ商品を紹介!

iDeco(イデコ)口座おすすめ一覧

SBI証券

SBI証券はネット証券の最大手とも言えるシェアと人気を誇ります。投資信託の取り扱い本数は2,600本以上で、確定拠出年金に関しても10年の運営実績があるため初心者でも安心して始められるでしょう。
2019年6月現在、新規加入・移換キャンペーンを行っており、iDeCo(口座への「加入時・移換時手数料」および「運営管理機関変更時手数料」と月々の「口座管理手数料」が無料になります。

たった5円から始められる!おつり投資がおすすめ

毎日の買い物で出るおつりを投資に回すという手もあります。これなら投資のためにわざわざ資金を用意する必要がありません。
代表的なおつり投資サービスには「トラノコ」や「マメタス」が挙げられます。

トラノコ

トラノコの特徴

トラノコは、新たに資金を用意して投資するのではなく、買い物で出た「おつり」で投資できるというサービスです。クレジットカードの登録とおつり設定さえ行われていれば、毎回買い物をする際に投資に回すことができるのです。投資上限を設定可能できるので、あまりにもお釣りが多くなってしまった場合は設定上限でストップする機能も備わっています。
おつりを計算して自動的に運用してくれるため、手間のかかる作業が苦手な方におすすめです。
また、トラノコが提携するポイントやマイルならアプリ内で現金に交換して投資することも可能です。

トラノコのスペック

運営会社 TORANOTEC投信投資顧問株式会社
投資対象 3種類の投資信託
最低投資額 5円
手数料 月額利用料:300円(税込)
専用アプリ あり

おつり投資の「トラノコ」!特徴やメリット、口コミは?

マメタス

マメタスの特徴

ロボアドバイザーで有名な「WealthNavi(ウェルスナビ)」が2017年5月末から提供を開始したおつり投資アプリです。
普段のクレジットカードによる買い物で出るおつりを貯めて、月に一度、自動的に国際分散投資を行ってくれます。
おつり投資の金額は、100円・500円・1,000円から選択可能。例えば180円の商品をクレジットカードで購入した場合、100円を選んでいれば20円、500円なら320円、1,000円なら820円が「おつり」としてマメタスに貯まります。こうしたおつりが1ヶ月分貯まり、その合計額が投資されるのです。

マメタスのスペック

運営会社 ウェルスナビ株式会社
投資対象 海外ETF
最低投資額 100円
手数料 月額利用料・出金手数料は無料、運用手数料は年率0.5~1.0%(税抜)
専用アプリ あり

少額投資におすすめのアプリ

少額投資の中には、スマホアプリだけで簡単にスタートできるサービスもあります。
「マネーフォワード me」や「MoneyTree」のような家計簿アプリ、「One Tap Buy(ワンタップバイ)」や「FOLIO(フォリオ)」のようなスマホ対象の証券会社、また「SBI証券」や「楽天証券」など従来のインターネット証券が展開する取引用のスマホアプリや勉強用のスマアプリなどさまざまです。
以下の記事を確認し、自分に合ったものを見つけてみてください。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
少額投資におすすめのアプリは?

少額投資で初心者が利益を出す方法

少額投資で失敗しないために、以下の3点をしっかり覚えておきましょう。

損切り(ロスカット)のルールを決める

誰しも損をしている状態で損を確定したくないと思いますが、必要以上に損失が拡大して投資元本がなくなってしまうと、次に利益を出そうとしても投資できる資金がなく、そこで終わってしまいます。
損失が大きくなる前に損切りができるようにルールを決めておくのが大切です。

短期で儲けようとしない。長期保有を前提に考える

投資は長期目線で計画を立てて行うことをおすすめします。決して短期で儲けようとはしないでください。

いくつかの資産に分散して投資する

1つの会社だけにまとめて投資をするのではなく、いくつかに分けて投資をします。たとえ1つがダメになってしまっても、別で次の投資に繋げることができます。投資はいかにリスクを小さくするかも重要なポイントなのです。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
少額投資の始め方。初心者が利益を出す方法は?

少額で始められるETF(上場型投資信託)もおすすめ

「ETF」とは「Exchange Traded Fund(上場型投資信託)」のことをいいます。
特定の指数、日経平均株価や東証株価指数などの動きに連動する運用成果を目指して東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託のことです。

ETFでは、リスクを抑えた「分散投資」を気軽に行うことができるようになっています。
日経平均株価指数などと連動されていることから値動きが分かりやすいというメリットがあるため、初心者にもおすすめです。

また、ETFは1万円前後という少額で投資できるのも魅力です。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
少額ではじめられるETF(上場型投資信託)とは?株初心者におすすめの理由

少額投資はいくらから始められる?0円で可能な投資とは

少額投資は数百円で始められるのが魅力ですが、中には0円で始められるものもあります。
それがTポイントで株式を買うことができるSBIネオモバイル楽天証券のポイント投資です。
貯まったポイントの使い道に困っているなら、元手をほとんどかけることなく投資ができるので試してみてはいかがでしょうか?

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
少額投資はいくらから始められる?0円から投資可能なサービスも!

少額投資におすすめのポイント投資とは?

初心者が少額投資を始めるならロボアドバイザー

ロボアドバイザー(ロボットアドバイザー)とは、最新のアルゴリズムによって資産運用のアドバイスや補助をしてくれるサービスのことです。自分に合った投資信託を診断してくれるうえ、低コストで資産運用を任せられるため今人気が高まっています。

THEO(テオ)

THEO(テオ)の特徴

投資関連事業を展開し、経済省が支援するJ-Startup企業にも認定されている注目の企業、お金のデザインが運営する「THEO(テオ)」。徹底した分散投資をおこない、利用後の満足度90%を超える人気を誇ります。
世界に上場しているETF(上場投資信託)から11,000銘柄以上を投資対象にしており、個別株や債券、不動産、金、原油など投資先バリエーションの豊富さが魅力です

THEO(テオ)のスペック

運営会社 株式会社お金のデザイン
投資対象 海外のETF 6,000種類
最低投資額 1万円
手数料 預かり資産3,000万円まで:年率1.0%
3,000万円を超える部分:年率0.5%
定期メンテナンス 自動
積立投資 自動
確定申告 自動
運用実績 期待リターン4.8%(2007年の世界金融危機直前からTHEOのポートフォリオを運用したシミュレーションによる数値。)
専用アプリ あり(iOSのみ)

ロボアドアドバイザーTHEO(テオ)の特徴やメリット・デメリット、運用実績、口コミ・評価は?

WealthNavi(ウェルスナビ)

WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴

「WealthNavi(ウェルスナビ)」は、投資対象の選定から利益の運用、リバランスなど投資に関わる一切をすべて自動で行ってくれます。簡単な6つの質問に答えるだけで最適な運用プランが分かり、誰でもすぐに世界レベルの資産運用ができると人気です。
2018年8月に預かり資産1,000億円を突破し、日本投資顧問業協会が行った調査によると預かり資産・運用者数ともにNo.1との結果が出ています。

WealthNavi(ウェルスナビ)のスペック

運営会社 ウェルスナビ株式会社
投資対象 米国上場のETF 約2,000銘柄
最低投資額 10万円
手数料 預かり資産3,000万円まで:年率1.0%
3,000万円を超える部分:年率0.5%
定期メンテナンス 自動
積立投資 自動
確定申告 自動
運用実績 運用コースによって異なります。
リスク許容度1:+8.3%
リスク許容度2:+14.1%
リスク許容度3:+18.3%
リスク許容度4:+22.2%
リスク許容度5:+24.8%
(円建て)
専用アプリ あり(iOS/Android)

 

WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴やメリット・デメリット、運用実績、口コミ・評価、手数料は?

楽ラップ

楽ラップの特徴

「楽ラップ」は、楽天証券が提供する投資サービスです。16問の質問に答えるだけで一人ひとりにピッタリの運用コースを診断・提案してくれます。資産配分の変更や売買などが自動で行われるので、初心者でも簡単に投資を始められると人気です。
取引に応じて楽天スーパーポイントが貯まるため、楽天ユーザーにとっては大変お得になっています。

楽ラップのスペック

運営会社 楽天証券
投資対象 15種類の投資信託
最低投資額 10万円
手数料 固定報酬型:最大年率0.702%
成果報酬型:最大年率0.594%+成功報酬(運用益の5.4%)
定期メンテナンス 自動
積立投資 自動
確定申告 自動
運用実績 運用コースによって異なります。
   保守型:期待リターン2.5%~3.6%
 やや保守型:期待リターン3.2%~4.8%
 やや積極型:期待リターン3.9%~6.1%
   積極型:期待リターン4.7%~7.4%
かなり積極型:期待リターン5.3%~8.4%
専用アプリ なし(スマホでも利用可)

楽ラップの特徴やメリット・デメリット、運用実績、口コミ・評価は?

SBIネオモバイル

SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイルの特徴

ネット証券No.1と謳われる口座数、預り資産、株式委託売買代金を誇るSBI証券で培ったノウハウが魅力です。
Tポイントとスマホという身近なツールを活用した金融サービスで、Tポイントを1ポイント=1円として国内株式の購入が可能。
また、ロボアドバイザー「WealthNavi」を新たにカスタマイズした「WealthNavi for ネオモバ」を提供しており、投資初心者でも始めやすくなっています。

SBIネオモバイルのスペック

運営会社 株式会社SBIネオモバイル証券
投資対象 国内株式(単元株、S株(単元未満株))
ロボアドバイザー「WealthNavi for ネオモバ」
最低投資額 数百円
手数料 月額200円(税抜)
期間固定Tポイントを毎月200ポイント付与

仮想通貨も少額投資できる

仮想通貨も約1,000円という少額で始められる投資の一つです。
しかも仮想通貨は大きな価格変動が特徴のため、少額投資でも大きな利益を狙うことができます。
仮想通貨は、通貨ごとに取引単位が決められています。例えば、BITPoint取引所の場合、ビットコインであれば最小発注量が0.0001 BTCなので約90円から取引を始めることができます。
ただし「販売所」では、スプレッド(売値と買値の差額)が手数料として運営会社に支払われることになるため、最小取引単位に加えて手数料についても注意しておく必要があります。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめランキング【最新比較】

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)の特徴

東証マザーズ上場の企業が運営する仮想通貨取引所
24時間365日の監視態勢でセキュリティ対策は万全!
ビットコイン(BTC)の送金手数料無料が嬉しいポイント

BITPoint(ビットポイント)の評価

運営会社 株式会社ビットポイントジャパン
取引手数料 無料
取扱通貨 5種類
最小取引量 0.0001BTC
レバレッジ 最大4倍
セキュリティ

・コールドウォレット
・ホットウォレット
・マルチシグ対応
・SSL暗号化
・不正侵入検知・防御システムの導入

BITPointについて詳しくはこちら

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴

FXや証券などに精通しているDMMグループが手がける仮想通貨取引所
アルトコインのレバレッジ取引が可能
レイアウトを自分好みにカスタマイズできる取引ツールも魅力

DMM Bitcoinの評価

運営会社 株式会社 DMM Bitcoin
取引手数料 無料
取扱通貨 7種類
最小取引量 0.001 BTC
レバレッジ 4倍で固定
セキュリティ

・コールドストレージによるオフライン保管
・二段階認証
・お客様資産の分別管理
・SSL暗号化通信

キャンペーン情報

新規口座開設で1,000円プレゼント!

DMM Bitcoinについて詳しい記事はこちら

GMOコイン

GMOコインの特徴

金融取引のノウハウがある「GMOグループ」の仮想通貨販売所
0.001BTCの小額資金から投資が可能
日本円の入金・出金手数料のほか、ビットコインの引き出し手数料が無料

GMOコインの評価

運営会社 GMOコイン株式会社
取引手数料 無料
取扱通貨 5種類
最小取引量 0.0001 BTC
レバレッジ ビットコインは10倍、アルトコインは5倍
セキュリティ

・二段階認証
・ログイン通知
・24時間監視
・定期的な脆弱性診断
・脆弱性情報収集
・金銭・仮想通貨の分別管理
・ハッキング対策のほか、内部不正対策も整備

キャンペーン情報

口座開設が完了したら、もれなく20,000 satoshi(=0.0002 BTC)がもらえるキャンペーンを開催!

GMOコインについて詳しい記事はこちら

おすすめ少額投資はコレ!

その他にもおすすめの少額投資サービスをいくつか紹介します。

FANTAS funding(ファンタスファンディング)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)の特徴

ファンタスファンディングは「不動産投資クラウドファンディング」と言われ、知識がない初心者でも一口1万円という少額で気軽に不動産投資を始められるのが魅力です。
空き家や中古マンションなどを投資対象とし、8~10%の利回りが期待できます。投資案件の積極的な情報開示を行っているのも安心できるポイント。
各種手数料は無料で、出資金を振り込む際の振込手数料のみがかかります。

FANTAS funding(ファンタスファンディング)のスペック

運営会社 FANTAS technology 株式会社/ファンタステクノロジー株式会社
投資対象 不動産
最低投資額 1万円
利回り 平均8~10%
手数料 返金手数料・出金手数料は無料

One Tap BUY(ワンタップバイ)

One Tap BUY(ワンタップバイ)の特徴

「One Tap BUY(ワンタップバイ)」は、初心者でも簡単に始められるスマートフォン専用の株式投資サービスです。専用のアプリをダウンロードすることで、口座開設から入金、株取引まで、すべての操作をスマートフォン1台で行うことができます。利用者の約7割が投資未経験者と言われ、これから投資を始めたいという方におすすめのサービスです。

One Tap BUY(ワンタップバイ)のスペック

運営会社 株式会社One Tap BUY (ワンタップバイ)
投資対象 米国株、日本株、日本ETF株
最低投資額 1,000円
手数料 定額プラン:1,058円(税込)
都度プラン:取引金額に応じてコストがかかる(1約定あたり売買金額×スプレッド0.5%)
専用アプリ あり

 

スマホで資産運用!One Tap BUYについて詳しくはこちら


CREAL(クリアル)

不動産特化型のクラウドファンディングサービスのCREAL(クリアル)は、最低1万円から始められて毎月分配金が付与されるのが特徴です。
CREALのサイトに掲載されている不動産を選び、ネットを通じて投資できるため簡単。ホテルやレジデンスをはじめオフィス、商業施設など数多くの商品ラインナップへ投資ができるのも魅力です。

CREALは1口1万円から投資可能なため、投資先を分散させることで不動産へ投資する際のリスクを低減することもできます。

CREALの特徴
  • 投資先の不動産の詳細情報は住所レベルまで見ることが可能(情報完全開示)
  • 物件から生じた利益は優先的に投資家へ配当。損失は優先的にCREAL負う「優先劣後スキーム」を採用
  • 投資することで優待がつく物件も有り
  • 運営元の会社は運用資産残高約300億円を誇る不動産投資企業で安心



OwnersBook(オーナーズブック)

オーナーズブックは主に不動産案件に特化したソーシャルレンディングサービスです。
SNSによる投資家同士のコミュニケーションが可能なため、情報交換をすることで新たな投資アイディアへを得ることができるのが最大の特徴となります。
不動産投資のプロが厳選した案件へ、シンプルかつ明快なステップで投資が可能なことも大きな魅力です。

オーナーズブックの特徴
  • 最低1万円から始められる
  • 個人から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資可能
  • OwnersBookを利用している個人投資家とコミュニティ上で対話することができる
  • 個々の投資家のリスク許容度に応じて不動産の投資タイプを選択可能
  • 中小不動産事業主への資金拠出や大手不動産業者がターゲットとしていない小型の不動産の取引も扱う
  • 個別の不動産を投資対象としているため、手数料体系と投資先を把握できる



▼詳しくはこちらの記事をチェック!
2019年最新版!おすすめの少額投資サービスを比較しよう

初心者にもおすすめ!少額投資でお小遣い稼ぎ

預貯金だけではお金が増えない現代。
少ない金額で始められる少額投資に挑戦してみてはいかがでしょうか?
ある程度の利益を得るためには時間がかかりますが、資産運用について学ぶ良い機会になるでしょう。
少額投資は始めやすさが最大のメリットですので、投資を考えている初心者に最適です。

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

少額投資とは?非課税制度やおすすめアプリ、投資の種類などを解説