少額投資

2020年から少額投資を始めよう!おすすめアプリ一覧

新年を迎え、何かを始めるには良い機会となりました。
消費税も10%へ引き上げとなった2019年を振り返れば、投資や資産運用に興味を持った方も多いのではないでしょうか。
最近は初心者でも気軽に始められると少額投資をする方が増えています。
2020年こそ「少額投資で稼ぐ」を目標に掲げてみませんか?

少額投資について詳しくはこちら

少額投資の種類はいろいろ

「投資」といえば、まとまった資金が必要というイメージがあるかもしれませんが、投資商品によっては1,000円程度の少額で始めることができます。最近では買い物で出るおつりやポイントを投資に回すこともできるので、人気が高まっています。

関連記事

最近、銀行や証券会社、その他のウェブサイトなどで「少額投資」というワードを目にすることも多いと思います。少額投資非課税制度(NISA)という、国が主体となり促進している、少額で長期に資産運用をするためのお得な制度も始まるなど、昨今、少額か[…]

ミニ株(単元未満株)

株式取引は通常、100株や1,000株という単元株での売買になるので数十万円から数百万円かかりますが、証券会社によっては単元株より少ない単位で売買することができる「ミニ株」というものがあります。これなら、株を単元数の10分の1で買うことができ、単元数に達すれば株主優待も受け取れます。

投資信託

投資信託とは、投資のプロがあなたに代わって資金の運用をしてくれるという商品です。毎月1,000円~1万円といった一定額で購入して積み立てていき、自動的に買い付けが行われます。

つみたてNISA(少額投資非課税制度)

NISAとは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益に税金がかからなくなる制度です。
その中でも「つみたてNISA」は非課税となる期間が最長20年間で、年間の投資上限が年間40万円となっているため、少額で毎月コツコツ資産形成を目指す方に向いています。

関連記事

NISAとは、2014年1月にスタートした個人投資家のための税制優遇制度です。NISAは毎年120万円の非課税投資枠が設定されているのが特徴で、株式・投資信託等の配当譲渡益等が非課税対象となります。また2016年からは未成年者を対象にし[…]

少額投資のメリットとは

少額投資の主なメリットを紹介します。

損失が小さくて済む

少額投資のメリットの1つ目は、損失が出ても小さいことです。
投資は、大きな利益が出る可能性がありますが、逆に大きな損失が出てしまう可能性もあります。投資初心者は利益を出すことよりも損失を出さないことが重要。その点、少額投資であれば必然的に損失も小さくて済むので安心です。

分散投資しやすい

少額投資のメリットの2つ目は、分散投資しやすいことです。
投資はリスクを抑えるために分散投資が基本になります。アセット(資産)によって値動きは異なり、株は景気の良い時には上昇しますが、債券は景気が良い時には下落する傾向にあります。そのため、さまざまなアセットに分散して投資をすれば全体の値動きは安定するのです。こうした分散投資の観点からも少額投資はおすすめです。

投資の勉強になる

少額投資のメリットの3つ目は、投資の勉強になることです。
大きな金額で投資をすると損失も大きくなってしまいますが、少額投資であれば損失が出ても小さく済みます。初心者の練習に少額投資はうってつけです。少額投資で利益を出すことができるようになれば、投資金額を大きくすることもできるでしょう。

関連記事

金融庁の計算によると、老後は公的年金とは別に2,000万円の資金が必要のようです。以前は預金にしておけば自然と増えていきましたが、現在は大手都市銀行の普通預金の金利は0.001%です。100万円を一年間預金にしても10円しか利息が付きません[…]

少額投資できるおすすめのファンド

少額から世界の社会問題に関する商品に投資することができるおすすめのファンドを紹介します。

CROWD CREDIT(クラウドクレジット)

CROWD CREDIT(クラウドクレジット)の特徴

クラウドクレジットは、世界のお金を借りたい人と貸したい人をインターネット上で繋げる貸付型クラウドファンディングというサービスに分類されます。
クラウドクレジットの特徴としては、1万円という少額から投資を行うことができます。さらに、個人では難しい海外の国や商品に投資することができるので、企業や個人といったより細かなレベルでの投資が実現可能です。そうすることで、成長途中にある企業に投資できるので社会的にも意義がある投資を行うことができます。
利回りは2.5~13.5%(2018年12月現在)としていて貸付型クラウドファンディングの中でも比較的高いリターンが期待できます。
また、2018年には累計出資金額は150億円を突破し着実に実績を重ねています。

Nextshift Fund(ネクストシフトファンド)

Nextshift Fund(ネクストシフトファンド)の特徴

ネクストシフトファンドは、資金を必要とする国内外の社会問題に関わる事業と投資家を繋ぎ、貧困や環境などのあらゆる問題解決・貢献からリターンを生み出していく「社会的インパクト投資」に分類されます。
ネクストシフトファンドの特徴としては、社会貢献をしながら投資ができるということです。また、2万円の少額投資で社会問題解決に関わる投資を気軽に始めることができます。
利回りは4.5~7.2%を目標にしていて創業以来、貸倒れもなく100%で資金を回収することができ信頼できるといえます。

少額投資おすすめアプリ

少額投資はスマホのアプリで簡単に始められます。
どのようなサービスがあるのか、おすすめの投資関連アプリを紹介します。

LINE FX

LINE FXの特徴

経済指標や急な価格変動もLINEで通知してくれるので使いやすいと評判です。業界最狭水準のスプレッドを誇り、取引手数料や出金手数料をはじめ、ロスカット手数料や即時入金手数料など、あらゆる手数料が無料になっているのも魅力です。サポート体制も充実しており、AIチャットや問い合わせフォームで無料で相談可能。初心者でも安心して取引を始められます。

LINE FXのスペック

運営会社LINE証券株式会社
投資対象FX
最低取引単位全通貨で最低取引単位は1万通貨が1取引単位
手数料あらゆる手数料がすべて無料
専用アプリあり

トラノコ

トラノコの特徴

トラノコは、新たに資金を用意して投資するのではなく、買い物で出た「おつり」で投資できるというサービスです。クレジットカードの登録とおつり設定さえ行われていれば、毎回買い物をする際に投資に回すことができるのです。投資上限を設定可能できるので、あまりにもお釣りが多くなってしまった場合は設定上限でストップする機能も備わっています。おつりを計算して自動的に運用してくれるため、手間のかかる作業が苦手な方におすすめです。また、トラノコが提携するポイントやマイルなら、アプリ内で現金に交換して投資することも可能です。

トラノコのスペック

運営会社TORANOTEC投信投資顧問株式会社
投資対象3種類の投資信託
最低投資額5円
手数料月額利用料:300円(税込)
専用アプリあり

CREAL(クリアル)

CREAL(クリアル)の特徴

不動産特化型のクラウドファンディングサービスのCREAL(クリアル)は、最低1万円から始められて毎月分配金が付与されるのが特徴です。
CREALのサイトに掲載されている不動産を選ぶだけ。情報完全開示なので投資先の不動産の詳細情報は住所レベルまで見ることができて安心です。ホテルやレジデンスをはじめオフィス、商業施設など豊富な商品ラインナップへ投資できます。
物件から生じた利益は優先的に投資家へ配当。損失は優先的にCREALが負うという「優先劣後スキーム」を採用しています。
CREALは1口1万円から投資可能なため、投資先を分散させることで不動産へ投資する際のリスクを低減できるのが魅力です。

CREAL(クリアル)のスペック

運営会社株式会社ブリッジ・シー・キャピタル
投資対象不動産
最低投資額1万円
手数料無料

FANTAS funding(ファンタスファンディング)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)の特徴

ファンタスファンディングは「不動産投資クラウドファンディング」と言われ、知識がない初心者でも一口1万円という少額で気軽に不動産投資を始められるのが魅力です。空き家や中古マンションなどを投資対象とし、8~10%の利回りが期待できます。投資案件の積極的な情報開示を行っているのも安心できるポイント。各種手数料は無料で、出資金を振り込む際の振込手数料のみがかかります。

FANTAS funding(ファンタスファンディング)のスペック

運営会社FANTAS technology 株式会社/ファンタステクノロジー株式会社
投資対象不動産
最低投資額1万円
利回り平均8~10%
手数料返金手数料・出金手数料は無料

SBIネオモバイル

SBIネオモバイルの特徴

SBIネオモバイルでは、日本最大のポイントサービスであるTポイントで株などの投資商品を購入することができます。スマホさえあればTポイントを使って株が買えるようになるので初心者でも投資が始めやすくなっています。

SBIネオモバイルのスペック

運営会社株式会社 SBIネオモバイル証券
投資対象現物取引(東証・名証・福証・札証上場銘柄)、国内ETF(国内上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)、IPO(新規株式公開)、iDeCo(個人型確定拠出年金)
最低投資額100円
手数料月額220円(税込)

One Tap BUY(ワンタップバイ)

One Tap BUY(ワンタップバイ)の特徴

「One Tap BUY(ワンタップバイ)」は、初心者でも簡単に始められるスマートフォン専用の株式投資サービスです。専用のアプリをダウンロードすることで、口座開設から入金、株取引まで、すべての操作をスマートフォン1台で行うことができます。利用者の約7割が投資未経験者と言われ、これから投資を始めたいという方におすすめのサービスです。

One Tap BUY(ワンタップバイ)のスペック

運営会社株式会社One Tap BUY (ワンタップバイ)
投資対象米国株、日本株、日本ETF株
最低投資額1,000円
手数料取引金額に応じてコストがかかる(1約定あたり売買金額×スプレッド0.5%)
One Tap BUY(ワンタップバイ)について詳しくはこちら

少額投資を始めるならアプリがおすすめ!

興味はあったけどなかなか一歩が踏み出せなかったという方も、今回の記事を参考に少額投資を始めてみてはいかがでしょうか。
ぜひ2020年を実りある一年にしてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYS編集部ディレクター。クレジットカードは3枚を使い分け、PayPayやLINE Payを利用するなど、キャッシュレス決済愛好家。「塵も積もれば山となる」で熱心にポイ活しています。

- Asuka の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。