少額投資

FOLIO、新テーマ「安定高配当」追加 年率配当利回り4%以上へ

投資サービスの「FOLIO(フォリオ)」が3月18日(水)より、投資テーマに「安定高配当」を新たに追加しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

日本電信電話、三井住友FGなど4銘柄で構成

株式市場においてさまざまな要因が重なり歴史的な相場の下げ幅を記録する中、新テーマ「安定高配当」では多少の景気悪化や内包している経営の課題を考慮しても、配当が減るリスクが当面低いと予想される銘柄が選ばれています。
また、投資金額に対して年率配当利回り4%以上を目指すとのことです。

構成銘柄は日本電信電話、SOMPO HLDG、三井住友FG、協和エクシオであり、減配リスクが高まった場合や株価上昇により配当利回りが下がった場合、銘柄を入れ替えていく予定としています。

FOLIOはこちらから

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。