トラノコとは?おつり投資のメリット、手数料、評判について解説!

将来が不安だからこそ、投資運用をしたいと考えている方は多いのではないでしょうか?
近年は、増税や社会保険料の増額に伴い、お金を少しでも増やしたいと考える方は珍しくありません。

そんな中でおすすめのアプリが、おつり投資の「トラノコ」です。

今回の記事では、おつり投資の「トラノコ」の特徴からメリット、口コミまでお話をしていきます。

ぜひ最後までご覧下さい。

トラノコとは

トラノコの運営会社は東京都港区虎ノ門に本社を置く「TORANOTEC投信投資顧問株式会社」です。

「すべての人を投資家に」「誰もが投資できる世の中を。」というコンセプトにあるように、生活しているおつりを貯めるだけで投資が出来るサービスとして注目を集めています。

おつりの基準設定額は100円単位、500円単位、1,000円単位などから選択が可能。

例えば180円の商品をクレジットカードで購入した場合、200円設定の場合は20円、500円設定の場合は320円、1,000円設定の場合は820円が「おつり」としてカウントされ、貯まったおつり金額が後日、口座から引き落とされます。

この引き落とされたお金を基に、投資を行っていくのがトラノコの特徴と言えるでしょう。

投資対象のファンドは、投資をすること自体が初めてという方のために、3つのファンドから選ぶシンプルさもメリット。

安定重視の「小トラ」、バランス重視の「中トラ」、リターン重視の「大トラ」などリスク許容度に応じて分かれています。

難しそうに感じる投資を、より身近に感じることのできるサービスと言えるでしょう。

Google PlayとApple Store、それぞれでアプリがリリースされています。

トラノコの仕組みは?

トラノコのアプリ、または家計簿アプリに登録したクレジットカード・電子マネーで買い物を行うことで、買い物データに連動したお釣りが表示されます。

その月のおつりの合計金額が、指定口座から自動的に引き落とされますが、投資をする金額上限の設定、おつり投資への資金の追加なども柔軟に行うことができるのです。

引き落とされたおつり「小トラ」「中トラ」「大トラ」からファンドを選ぶと自動的に投資信託を買付。
私たちはアプリで運用状況を確認するだけでOKです。

運用状況は毎日更新されていき、投資している資産構成も確認可能。
保有している資産は売却して、いつでも出金することが可能です。

トラノコの手数料

トラノコの手数料には「トラノコ利用料」と「ファンドに掛かる費用」があります。

トラノコ利用料とは、トラノコのサービスを利用するための手数料。
サービスの月額利用料が300円(税込)かかり、毎月のおつりと一緒に引き落とされます。

また出金時にも手数料300円発生し、出金額から300円が控除されるのです。

しかし、上記の月額利用料と出金手数料は最初の3ヶ月間は無料となっています。

これ以外にも、直接支払うものではなく、ファンド資産から控除される費用も。
運用手数料として、トラノコに預ける純資産額に対して年率0.3%(税抜)の費用が掛かります。

その他、監査費用として純資産額の年率0.1%(税抜)、ETF売買手数料などが資産総額の年率0.06%~0.1%程度かかるのです。

トラノコのメリットは?

トラノコのメリットを紹介します。

おつりで投資できる

トラノコには、新たに資金を用意して投資するのではなく、買い物時に出た「おつり」で投資できるというメリットがあります。クレジットカードの登録とおつり設定さえ行われていれば、毎回買い物をする際に投資に回すことができるのです。

また、毎月の投資上限も設定可能。あまりにもお釣りが多くなってしまった場合は設定上限でストップする機能も備わっています。

お釣りを計算して、そのお金を自動的に運用してくれるため、手間の掛かる作業が苦手な方はおすすめです。

対応している金融機関が多い

トラノコは対応している金融機関が多いのもメリット。

お釣りは月に1回のタイミングで口座から引き落とされますが、ほぼすべての金融機関に対応しています。
その為、新しくトラノコ用の銀行口座を作る必要がありません。

投資信託を選べる

トラノコは3つの投資信託(ファンド)から投資先を選ぶだけのシンプルなルール。
選べる投資先は、リターン重視の「大トラ」、バランス重視の「中トラ」、安定重視の「小トラ」から選択が可能です。

リターンを重視すると株式の割合が必然的に多くなり、安定を重視すると債権の割合が大きくなります。
投資ファンドに詳しくない方でも気軽に始められるのは大きなメリットと言えるでしょう。

トラノコの始め方は?口座開設の方法

ここまでは、トラノコのメリットについて説明しました。
便利でお手軽に投資を行えるサービスというのは理解できたのではないでしょうか?

しかし、申し込み方法が難しそうで始める前に挫折してしまうパターンも多いはず。

ここからは、トラノコの始め方について解説していきます。

申し込みに必要な情報

申し込みに必要な書類はマイナンバーカードと、運転免許証などの本人確認書類が必須。
それ以外には特に必要はありません。

手続完了までの日数

口座申し込みから郵便書留の手紙が届くまでは、およそ5営業日は見ておいた方が良いでしょう。

トラノコで口座開設

基本的には以下の流れで登録作業を進めていきます。

①投資口座申し込み

まずはトラノコ内の投資口座を作成する必要があります。
生年月日、氏名、住所などの基本情報を入力した後に、運転免許などの本人確認書類アップロード。
最後にマイナンバー情報を入力します。

②おつりデータ取得設定

毎日のお買い物のお釣りデータを取得するための「おつり捕捉サービス」にアカウントを作成します。

③クレジットカードの登録

アカウントを作成した「トラノコおつり捕捉サービス」に、おつりを捕捉するクレジットカード等を登録します。

④ファンド選択

安定重視の「小トラ」、バランス重視の「中トラ」、リターン重視の「大トラ」から投資対象にするファンドを選択します。

⑤お引き落とし口座設定

実際に投資する金額を引き落とす口座を設定します。
毎月1回、自動的に設定した口座より引き落とされます。

⑥マイナンバー設定

マイナンバー情報を入力してください。
(1)でマイナンバー情報を入力している場合には、この手順はスキップされます。

⑦簡易書留 確認番号入力

(1)の投資口座申し込みを完了すると、およそ5営業日ほどで簡易書留郵便がご登録の住所に送付されます。
そこに記載されている「確認番号」をアプリ上で入力すれば完了です。

トラノコの使い方

トラノコで投資する手順は以下の通りです。

  1. 毎日更新されるおつりデータについて「投資する/しない」を決める(自動化することも可能)
  2. おつり分の投資額が少なければ、「おつり投資の追加」から追加することもできる
  3. 月一回の「投資額締め日」に、その日の投資金額が確定(投資承認の合計額はゼロに戻り、新しい月がスタート)
  4. 確定した投資額は、引き落としの上、毎月の「運用開始日」にトラノコに反映

※トラノコ公式サイトより引用

毎月の流れ

投資の手順を見ると難しいように思えますが、初期設定を終わらせてしまえばユーザーが行う毎月の流れは以下の3つだけです。

  1. 登録したクレジットカードなどで買い物をする
  2. アプリで提示されたおつりを投資に回すか決める
  3. 余裕があれば追加するかどうか決める

出金方法

トラノコの出金リクエストはアプリで24時間いつでも行えます。

  1. 引き出す口数を指定する(出金額の確定は、2営業日後)
  2. 出金リクエスト後、1週間程度で登録した引き落とし口座に出金額が送金される
  3. 一度出金リクエストをすると、8日間は新たな出金ができないので注意

※トラノコ公式サイトより引用

トラノコの評判・口コミは?

ここからは、実際にトラノコを使っている方の口コミをいくつか紹介します。

おつりで投資というのはサービスとしてかなり良い。消費と投資が同時に行われ投資の仕組み化ができる。どんどん使いこなしていきたい。

トラノコの設定を100円にしてみました(640円の買い物でも60円は投資に回される)。たった100円でも、月に換算すると4,000円位投資に回る計算。地味に資産運用できている気がします。

おつりで始められる投資という気軽さが多くの支持を受けています。日々の買い物で意外と貯まるおつりを投資金に回す、この画期的な発想が人気を博しているようです。

トラノコはどんな人に向いている?

トラノコは一度設定してしまえば、自動的にお金を引き落とされて簡単に投資をすることができます。
そのため、お金を貯めるのが苦手な人やゲーム感覚でお金を貯めたい方には向いているでしょう。

また、ETF銘柄もすべて事前に選択したリスク許容範囲を元に自動的に投資対象を決めてくれます。
細かな作業が苦手な方などもトラノコは重宝するサービスです。

トラノコでポイント投資も可能!提携しているポイントは?

トラノコのポイント投資は、ポイントサイトが提供するポイントサービスと提携して行われるのを基本としています。
ポイントサイトというのは、アンケートや会員登録、広告クリックなどのタスクをこなしてポイントをためて、現金や各種電子マネー、金券や商品などに交換することができるサービスです。
このポイントの使いみちの一つとして、トラノコでの投資に使えるというサービスを提供しているわけです。
今のところ4種類(ANAマイルを含めると5種類)のポイントサイトと提携していますが、今後拡大していく予定とされているので注目してみましょう。

トラノコを退会・解約する方法は?

トラノコをやめようと考える理由は人それぞれかと思いますが、退会・解約の際にはいくつか注意点があります。
退会・解約する前に確認しておきましょう。

トラノコ退会・解約の注意点

トラノコを解約した場合、ANAマイルとの連動、ウィークリー解説の閲覧、新規投資などはすべて停止され、貯めたトラノコポイントも消滅してしまいます。
また、月額料金の支払いを停止しても、締め日で確定した分の新規投資は行われるので、退会するのであれば締め日以前に手続きすることをおすすめします。

トラノコでは、月額サービスを解約した場合でも運用自体は続けられます。新規に投資はできませんが、積立分の運用を続けるということであればこのままでも問題はありません。
こちらもやめたいという場合は、別途出金手続きを行う必要があります。
トラノコ口座の解約も考えるのであれば、退会後にメールまたは電話で解約手続きを行います。

トラノコの「退会」「解約」「アプリの削除」は別作業

トラノコでは、「退会」「解約」「アプリの削除」はそれぞれ別作業になります。

トラノコを退会するには、アプリやWebサイトのアカウント情報ページを開き「トラノコを退会する場合」という項目をタップします。
注意事項等が表示されますので、内容を確認したらIDなどの情報を入力した上で「同意」をしてください。これで退会hかーじあ完了です。

次に、口座を解約する場合、トラノコのお客様窓口にメールや電話で連絡します。
残高がなくなって1年が経つと情報が削除されるので、連絡するのが面倒であれば放置しておいてもいいでしょう。

退会、解約が済んだらアプリを削除してください。

トラノコでおつりを自動投資!

いかがでしたか?
今回は、おつり投資のトラノコのメリット手数料、評判について解説しました。

難しくて手が出しづらいイメージのある投資も、トラノコを使うと簡単に投資を始めることができます。気軽に投資を始めたい方にはおすすめのアプリと言えるでしょう。

トラノコを有効活用して、もっと投資を身近なものにしてくださいね。

CATEGORY

トラノコ