おつり投資の「トラノコ」!特徴やメリット、口コミは?

将来が不安だからこそ、投資運用をしたいと考えている方は多いのではないでしょうか?
近年は、増税や社会保険料の増額に伴い、お金を少しでも増やしたいと考える方は珍しくありません。

そんな中でおすすめのアプリが、おつり投資の「トラノコ」です。

クレジットカードの買い物金額と設定から「おつり」を算出。
そのおつりを使って投資を行っていく新しいサービスと言えるでしょう。

今回の記事では、おつり投資の「トラノコ」の特徴からメリット、口コミまでお話をしていきます。

この記事を読んで頂ければ、「トラノコ」について詳しく知ることで、より気軽に資産運用を始めることが可能です。
是非、最後までご覧下さい。

おつり投資のトラノコとは

トラノコの運営会社は東京都港区虎ノ門に本社を置く「TORANOTEC投信投資顧問株式会社」です。

「すべての人を投資家に」「誰もが投資できる世の中を。」というコンセプトにあるように、生活しているおつりを貯めるだけで投資が出来るサービスとして注目を集めています。

おつりの基準設定額は100円単位、500円単位、1000円単位などから選択が可能。

例えば180円の商品をクレジットカードで購入した場合、200円設定の場合は20円、500円設定の場合は320円、1000円設定の場合は820円が「おつり」としてカウントされ、貯まったおつり金額が後日、口座から引き落とされます。

この引き落とされたお金を基に、投資を行っていくのがトラノコの特徴と言えるでしょう。

投資対象のファンドは、投資をすること自体が初めてという方のために、3つのファンドから選ぶシンプルさもメリット。

安定重視の「小トラ」、バランス重視の「中トラ」、リターン重視の「大トラ」などリスク許容度に応じて分かれています。

難しそうに感じる投資を、より身近に感じることのできるサービスと言えるでしょう。

Google PlayとApple Store、それぞれでアプリがリリースされています。

アプリのダウンロードはこちらから

トラノコの仕組みは?

トラノコのアプリ、または家計簿アプリに登録したクレジットカード・電子マネーで買い物を行うことで、買い物データに連動したお釣りが表示されます。

その月のおつりの合計金額が、指定口座から自動的に引き落とされますが、投資をする金額上限の設定、おつり投資への資金の追加なども柔軟に行うことができるのです。

引き落とされたおつり「小トラ」「中トラ」「大トラ」からファンドを選ぶと自動的に投資信託を買付。
私たちはアプリで運用状況を確認するだけでOKです。

運用状況は毎日更新されていき、投資している資産構成も確認可能。
保有している資産は売却して、いつでも出金することが可能です。

トラノコの手数料

トラノコの手数料には「トラノコ利用料」と「ファンドに掛かる費用」があります。

トラノコ利用料とは、トラノコのサービスを利用するための手数料。
サービスの月額利用料が300円(税込)かかり、毎月のおつりと一緒に引き落とされます。

また出金時にも手数料300円発生し、出金額から300円が控除されるのです。

しかし、上記の月額利用料と出金手数料は最初の3ヶ月間は無料となっています。

これ以外にも、直接支払うものではなく、ファンド資産から控除される費用も。
運用手数料として、トラノコに預ける純資産額に対して年率0.3%(税抜)の費用が掛かります。

その他、監査費用として純資産額の年率0.1%(税抜)、ETF売買手数料などが資産総額の年率0.06%〜0.1%程度かかるのです。

 

トラノコのメリットは?

おつりで投資できる

トラノコには、新たに資金を用意して投資するのではなく、買い物時に出た「おつり」で投資できるというメリットがあります。クレジットカードの登録とおつり設定さえ行われていれば、毎回買い物をする際に投資に回すことができるのです。

また、毎月の投資上限も設定可能。あまりにもお釣りが多くなってしまった場合は設定上限でストップする機能も備わっています

お釣りを計算して、そのお金を自動的に運用してくれるため、手間の掛かる作業が苦手な方はおすすめです。

対応している金融機関が多い

トラノコは対応している金融機関が多いのもメリット。

お釣りは月に1回のタイミングで口座から引き落とされますが、ほぼすべての金融機関に対応しています。
その為、新しくトラノコ用の銀行口座を作る必要がありません。

投資信託を選べる

トラノコは3つの投資信託(ファンド)から投資先を選ぶだけのシンプルなルール。
選べる投資先は、リターン重視の「大トラ」、バランス重視の「中トラ」、安定重視の「小トラ」から選択が可能です。

リターンを重視すると株式の割合が必然的に多くなり、安定を重視すると債権の割合が大きくなります。
投資ファンドに詳しくない方でも気軽に始められるのは大きなメリットと言えるでしょう。

トラノコはどんな人に向いているか?

トラノコは一度設定してしまえば、自動的にお金を引き落とされて簡単に貯金をすることができます。
その為、お金を貯めるのが苦手な人や、ゲーム感覚でお金を貯めたい方には向いているでしょう。

またETF銘柄もすべて、事前に選択したリスク許容範囲を元に自動的に投資対象を決めてくれます。
細かな作業が苦手な方などもトラノコは重宝するサービスです。

 

トラノコへで口座開設・始め方は?

ここまでは、トラノコを始めるメリットについて説明しました。
便利でお手軽に投資を行えるサービスというのは理解できたのではないでしょうか?

「実際にトラノコを始めてみたい!」
しかし、申し込み方法が難しそうで始める前に挫折してしまうパターンも多いはず。

この項目ではトラノコを始める方法について解説していきます。

基本的には下記のフローで登録作業を進めていきます。

(1)投資口座申し込み
まずはトラノコ内の投資口座を作成する必要があります。
生年月日、氏名、住所などの基本情報を入力した後に、運転免許などの本人確認書類アップロード。
最後にマイナンバー情報を入力します。

(2)おつりデータ取得設定
毎日のお買い物のお釣りデータを取得するための「おつり捕捉サービス」にアカウントを作成します。

(3)クレジットカードの登録
アカウントを作成した「トラノコおつり捕捉サービス」に、おつりを捕捉するクレジットカード等を登録します。

(4)ファンド選択
安定重視の「小トラ」、バランス重視の「中トラ」、リターン重視の「大トラ」から投資対象にするファンドを選択します。

(5)お引き落とし口座設定
実際に投資する金額を引き落とす口座を設定。
毎月1回、自動的に設定した口座より引き落とします。

(6)マイナンバー設定
マイナンバー情報を入力。
(1)でマイナンバー情報を入力している場合には、この手順はスキップされます。

(7)簡易書留 確認番号入力
(1)の投資口座申し込みを完了すると、およそ5営業日ほどで簡易書留郵便がご登録の住所に送付されます。
そこに記載されている「確認番号」をアプリ上で入力すれば完了です。

申し込みは下記ページから可能となります。

トラノコの申し込みはこちらから

申し込みに必要な情報

申し込みに必要な書類はマイナンバーカードと、運転免許証などの本人確認書類が必須。
それ以外には特に必要はありません。

手続完了までの日数

口座申し込みから郵便書留の手紙が届くまでは、およそ5営業日は見ておいた方が良いでしょう。

 

トラノコの口コミは?

ここまではトラノコの実際の申し込み方法を解説致しました。
しかし、実際にトラノコを使っている人の口コミが気になる方も多いはず。

この項目では、トラノコを使っている方の口コミをいくつか紹介します。

「お釣りで投資というのはサービスとしてかなり良い。消費と投資が同時に行われ投資の仕組み化ができる。どんどん使い倒していきたい。」
⇨お釣りが貯まっていくという気軽さが多くの支持を受けていますね。

「トラノコの設定を100円にしてみた(640円の買い物でも60円は投資に回される)。たった100円の設定でも月に換算すると4000円位投資に回る計算!お釣りって馬鹿にならない。」
⇨意外と貯まるお釣りの投資金、画期的なサービスと言えますね。

以上のようなポジティブな口コミが多いトラノコ。
ぜひ使って行きましょう。

 

お釣りを全自動投資!楽したい方にはオススメのトラノコを是非試そう!

いかがでしたでしょうか?
今回は、お釣り投資が特養のトラノコのメリットや口コミを説明しました。

難しくて手が出しづらいイメージのある投資も、トラノコを使うと簡単に投資を始めることが可能。
一から投資を勉強したい方にはおすすめのアプリと言えるでしょう。

トラノコを有効活用して、もっと投資を身近なものにして欲しいと思います。

この記事が、トラノコを使いたいと考えている方の一つの参考になれば幸いです。

この記事に関連する記事

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰