ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングの始め方を初心者向けに解説!

ソーシャルレンディングを始めるためにはどのようにすればよいのかというような疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

私たちを取り巻く将来の経済的な側面の不安から、株式投資やFXなどよりも手間がかからずに始めることができる投資法としてソーシャルレンディングが注目されているようです。

この記事では、ソーシャルレンディングを始めるためにはどのようにすればいいのかについて説明します。
                          

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、資金を調達したいニーズを持った借り手側と資金は持っているが運用先を求めている資金の貸し手とをマッチングするサービスのことです。

ソーシャルレンディング事業の運営元である会社がインターネットを活用することにより、資産運用がしたい個人から資金を調達し、その資金を借りたいニーズを持った会社などに融資します。

サービスによりますが、最低投資額は1万円程度から始めることができるため、元本が少ない人でも少額から始めることができるようです。

ソーシャルレンディングのメリット

ソーシャルレンディングのメリットにはどのようなメリットがあるのでしょうか、具体的なメリットは以下のようなものがあります。

高い利回りが期待できること

ソーシャルレンディングは他の投資対象と比べても利回りが高く、ソーシャルレンディングの利回りとしてはは5~10%のものが多いようです。

銀行の定期預金や国債などの他の選択肢と比較してみても高利回りであり、ソーシャルレンディングは魅力的な投資対象の1つと言えます。

少額投資ができること

ソーシャルレンディングでは、サービスにもよりますが最低投資額は1万円程度から始めることができるためリスクを限定することができ、投資初心者でも安心して始めることができます。

安定性があること

ソーシャルレンディングは、元本の価格変動がないため融資先の企業が貸し倒れを起こさない限り投資元本が元本割れすることがありません。

逆に、株式投資やFXは、価格の変動性が大きく、投資の初心者にとっては不安要素が多く、ソーシャルレンディングに比べて安定性に欠くようです。

短期での運用が可能

ソーシャルレンディングの運用期間は、3カ月~1年程度に設定されている場合が多く、不動産投資や、投資信託、国債などと比べて短期間での運用ができます。

長期間の投資は投資の初心者にとっては不安要素が多く、短期間での運用からなら気軽に始めることができるでしょう。

ソーシャルレンディングのデメリット

ソーシャルレンディングのにはどのようなデメリットがあるのでしょうか、具体的なデメリットは以下のようなものがあります。

融資先の貸し倒れによって元本割れの可能性がある

融資先企業の業績が悪化などの理由から返済できずに倒産してしまう事態が発生してしまった場合、当然、投資家の元本割れの可能性があります。

しかし、事業者もそのような事態も想定して、融資先との間に「担保・保証に関する契約」を結んで対応しているケースが多いため、完全な補償は受けられないにしても、株式投資や、FXに比べてこの点の補償はあるようです。

投資期間中のキャンセルは不可

ソーシャルレンディングで投資の場合には、運用期間中は投資資金が拘束されることになり、原則として途中解約することができません

急に資金が必要になった場合でも運用期間終了まで待たなくてはならないため、投資する場合には余剰資金を使ってある程度の余裕を持って投資することが重要です。
プロジェクト通りにいかないことがある

ソーシャルレンディングでは、プロジェクトが予定通りにいかずに、途中で投資資金が早期償還される場合があります。

またそれとは逆に、企業がプロジェクトの延長を希望し資金の返還の延滞が発生する可能性があります。

                                     

ソーシャルレンディングを始める前に確認すべきこと

ソーシャルレンディングを始める前に確認すべきことにはどのようなことがあるのか具体的には以下のようになっています。

テーマ

ソーシャルレンディングで取り扱っている主な投資テーマは以下のようなものがあります。

  1. 不動産関連
  2. 事業性資金関連
  3. エネルギー関連
  4. 個人ローン関連

ソーシャルレンディングを行う際にはこれらのテーマに投資することになります。

融資先

ソーシャルレンディングの融資先は基本的に企業向けに融資を行います。

企業には色々な種類の企業があり、アミューズメント事業者や金融業、エネルギー関連事業などがあります。

各ソーシャルレンディングサービスによって内容が異なるため注意する必要があります。

運用期間

ソーシャルレンディングの運用期間は、3カ月~1年程度に設定されている場合が多く、不動産投資や投資信託、国債などと比べて短期間での運用ができます。

長期間の投資は、投資初心者にとっては不安要素が多く、短期間での運用からなら気軽に始めることができるでしょう。

利回り

ソーシャルレンディングの利回りは投資対象や運営サービスによって異なりますが、大体5%台から14%台ぐらいの間になっているようです。

より詳しく利回りを知りたい場合には各投資対象や運営サービスのホームページで確認することができます。

担保・保証

借り手企業に何かしらのアクシデントが発生したことにより、返済不能な状態に陥ってしまった場合に投資家を保護するための対策として「担保」と「保証」があります。

「担保」と「保証」によって投資家は、借り手企業に何かしらのアクシデントが発生した場合でも弁済を受けることができるようになっているようです。

ソーシャルレンディングでは担保や保証には不動産、売掛債権、株式などが関わっています。

担保や保証はすべてのファンドにあるわけではなく、全くないファンドも存在しているため注意が必要です。

                                   

ソーシャルレンディングの始め方

ソーシャルレンディングを始めるためにはどのようにすればよいのか以下で説明しています。

まずは口座開設

口座開設の流れは以下のようになっています。

  1. Webサイトにある登録フォームに必要情報を入力
  2. 本人確認書類の提出
  3. 口座開設に関する審査
  4. ハガキ封書の確認

登録フォームに必要情報を入力

自身の氏名、住所、年収や資産状況、投資経験の有無などの情報記載が求められるため登録フォームにこれらの必要情報を入力します。

本人確認書類の提出

本人確認書類には、運転免許証、印鑑登録証明書、各種健康保険証、住民票、パスポ-ト、住民基本台帳カードなどが該当し、口座開設にはこれらの書類の提出が必要です。

口座開設に関する審査

口座開設に関する審査では記載した氏名や住所が本物であるか、また、申請した人が反社会的勢力ではないかなど審査されます。

ハガキ封書の確認

審査に通過すると自宅に特定記録郵便のハガキか封書が届くので記載されているログイン情報を使用し、口座にログインできるか確認してみましょう。

口座へ入金

自宅に届いた特定記録郵便のハガキか封書に記載されているログイン情報を使用し、口座にログインして口座へ入金します。

この場合、事業者によっては入金がすぐに反映されず1営業日程度かかる場合もあるため注意が必要です。

投資スタート

口座開設が無事に完了し入金が済んだら皆さんが待ちに待ったソーシャルレンディングに投資を行うことができるようになります。

投資したいテーマやプロジェクトを選択し、ソーシャルレンディングを体験してみましょう。

分配金や税金について確認

ソーシャルレンディングでの利益には分配金の額や税金が関わっているため、ソーシャルレンディングを始める際には分配金や税金について確認することが重要になります。

分配金に対しては一律約20%の源泉徴収が行われ、ソーシャルレンディングの分配金などの雑所得の合計金額が20万円を超えている場合、自身で確定申告が必要です。                                      

ソーシャルレンディング初心者でも始めやすい

近年の年金問題などから分かるように、将来の経済的な不安について高まっている現状から資産を増やすためには投資を行うという選択肢も考える必要があります。

株式投資やFXだと始めるハードルが高いと思っている人にとって、ソーシャルレンディングは始めるハードルが低い投資だと言えるでしょう。

この記事の内容を参考にしてソーシャルレンディングの検討をしても良いのではないでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!