ソーシャルレンディング「maneo」の特徴やメリット、口コミは?

近年は、ビジネス傾向として「新しいものを作る」というコンセプトから、「今あるものをシェアする」というコンセプトに市場が移っています。

その代表的な例では、一般乗用車を持つ人が登録し、タクシーサービスを提供する「Uber」や「Grab Taxi」、借りている部屋を長期間空ける為、宿泊施設として開放する「Airbnb」などが流通。

そんな流れの中で、日本の貯蓄金額が1000兆円を超え、「市場にお金が回らない」という点が大きな社会問題となっています。

そんな状況を改善するひとつのきっかけに成り得るのが、「ソーシャルレンディング」というサービス。

今回は、ソーシャルレンディングサービス「maneo」にフォーカスを当てて、特徴はメリット、実際の口コミなどを解説していきます。

この記事を読んで頂ければ、maneoの特徴について把握し、新しくソーシャルレンディングを始めるひとつのきっかけにすることが可能です。

是非、最後までご覧下さい。

ソーシャルレンディングサービス「maneo」とは


ソーシャルレンディングサービス「maneo」は、2008年に生まれた日本で初めてのソーシャルレンディングサービス。元々はC to C取引形態のレンディング事業を行なっていましたが、2011年から法人向け融資のビジネスモデルに力を入れています。

次の項目でより具体的な情報を見て行きましょう。

maneoの情報

ソーシャルレンディングサービス「maneo」の運営会社は、東京都千代田区に本社を置く「maneoマーケット株式会社」です。最低投資金額は2万円〜とお手軽に始めることが可能。

また、投資期間は2ヶ月〜36ヶ月と自身の都合に合わせて期間も選べます。
利回りは、4.9〜8.9%が平均であり、更に利回りの良い案件も十分に期待出来るのです。

maneoの会員登録や更に詳しい情報は、こちらのURLからチェックして見て下さい。

mameoの公式ホームページはこちら

maneoの実績

mameoの成立ローン総額は累計786億円超(2017年7月地点)であり、ライバルサービスである2位「SBIソーシャルレンディングサービス」と比較しても2倍以上の金額となります。

口座開設者も50,000人以上と多く、ソーシャルレンディング業界を引っ張るトップサービスと言えるでしょう。

ファンドの種類も多彩であり、他社のように不動産などのファンドに特化していないことも大きな実績。
そのジャンルは国内事業性資金から海外不動産まで多岐に渡るファンドを扱っています。

そして現在より過去4年間は、公表されている貸し倒れはありません。
しかし、貸し倒れはないものの大規模な延滞は発生しています。
それでも、過去に投資家最大のリスクである貸し倒れが発生していない点は評価出来るでしょう。

また、2017年3月期の決算は、経常利益3.4億円、当期純利益1.98億円と順調に業績を伸ばしています。
2018年3月期の決算においても増収増益を達成している為、会社としても好調を維持していると言って
良いでしょう。

maneoのメリットは?


ここまではmaneoの実績について簡単に解説致しました、
次に他社のソーシャルレンディングサービスと比較した際の、maneoのメリットをお伝えします。

業界最大規模の安心感

「とにかく実績のあるサービスを利用したい」
そのような思いがある方は、maneoがおすすめです。

maneoは2007年に設立されてから、今まで毎年増収増益を達成。
成立ローン数は国内トップの1000億円を超えており、登録ユーザー数も7万人以上に登ります。

過去に延滞などはありますが、貸し倒れの報告は0件。
貸し倒れが発生すると多くの損失を被ってしまう投資家側にとっては安心と言える会社です。

業界最大規模の案件数

投資する金額はあるとしても、投資する案件がないという場合が他社の場合はあり得ます。
理由としては、不動産などのある特定ジャンルに案件が偏ってしまい、選べる選択肢が少なくなることが原因です。

しかし、幅広いジャンルの投資対象を扱っているmaneoでは、「投資したいけど投資出来ない」という機会損失を防ぐことが出来るのです。

より沢山の投資案件の中から、自分に合ったものを選択したい方はmaneoがおすすめと言えるでしょう。

口座解説手数料・取引手数料は一切なし

例えば、まとまった金額を様々な投資対象に分散投資することは、リスクを最小限にする為に必要となります。
しかし、1000円の利回りを引き出した場合、取引手数料が差し引かれる会社も多いです。

maneoに関しては、取引時の手数料が一切発生しない為、少額のお金を分散投資することで手数料を多く取られてしまう心配がありません。

会員ステータスによる特典がある

maneoの優秀な点として、投資額に応じて会員ステータスが分けられる点。
「レギュラー」「ブロンズ」などのステータスに応じて特典があるのです。

また、ステータスを獲得しないと投資が出来ないファンドもあり、多く融資をした方にもしっかりと良い案件を紹介する仕組みが確立されています。

 

maneoの申込み方法は?


ここまでは、maneoのメリットや強みについて説明してきました。
興味を持ち、「実際に始めて見たい」と感じた人も多いのではないでしょうか?

この項目ではmaneoのWEBページより実際に申し込みを行う方法を解説致します。

申し込みの流れは下記が原則です。

(1)mameoIDの登録

mameoIDはログイン時のIDとなる以外にも、投資登録した場合にIDの一部が投資情報として表示がされてしまいます。
その為、設定時には必ず個人情報を含まない内容にしましょう。

(2)同意及び重要事項の確認

この項目では主に利用規約や、取引約款の同意が行われます。
全て読んだ後に、同意欄にチェック、適合性確認に進むのです。

「取引約款」の中には「個人信用情報の照会」を許可する文言が書かれていますが、基本的にはお金を貸す側に回る為、特に審査に落とされることはありません。

(3)適合性の確認

ここでは、収入源、年収、金融資産などを自己申告で回答します。
また株式、外貨預金の経験なども回答が必要です。

(4)投資家申請

名前、性別、生年月日、住所などの基本情報を入力する欄があります。
勤務先・銀行口座などを入力して、入力フォームは完了。

その後、本人確認書類送付フォームに移動し、個人情報の証明と、預金通帳の情報の照明を行います。
ちなみに、書類送付に関してはFAX,PCメール,郵便からでも可能です。

(5)申請内容の承認

入力した情報を元に審査を行い、特に問題がなければ「本人確認キー送付のお知らせ」というメールが送付されます。
こちらのメールがもし問題なく届いていれば、審査に問題なかったと捉えて良いでしょう。

(6)ユーザー本登録

自宅にはがきが到着後に、保護シールを剥がすとmaneoIDと確認番号が印字されています。
こちらをWEBページ上の「mymaneo」から入力することで、確認番号ID入力画面に移動。
そこから確認番号IDを入力することで、本登録が完了します。

(7)入金対応

その後は入金を行い、投資案件を選択するだけ。
基本的に2万円以上からの案件が多いために、最低でも2万円は振込みする必要があります。

まずは下記の公式HPから申し込みを行いましょう。

mameoの公式ホームページはこちら

申し込みに必要な情報

申し込みに必要な情報は主に住所や銀行口座の個人情報と、それを証明する本人確認書類と口座確認書類が必要となります。それ以外の情報は特に必要ないため、申し込み自体は簡単に行うことが可能です。

手続完了までの日数

実際に申し込みを行ってから、自宅にはがきが届くまでは2営業日〜10営業日と少し幅があります。
こちらも、「はがきが来ない = 審査に落ちた」と思われがちですが、基本的には「本人確認キー送付のお知らせ」というメールが届いていれば、必ず届くということを理解しておきましょう。

maneoの口コミは?


ここまでは実際のmaneoの申し込み方法について説明致しました。
しかし、実際にmaneoのサービスを使っている方の口コミを聞きたいと思う方も多いはず。

この項目では、maneoに対してある口コミやレビューを取り上げて、ご紹介していきます。

「ほったらかしなのに、利益が発生するのは嬉しいですね。前々から資産運用はしたいと考えていたのですが、株やFは損失のイメージが大きくて全く手が出せませんでした。maneoは案件数も多くて、初心者も手軽に始められる資産運用だと思います。」
→初心者でも簡単に始められる手軽さと、大きな損失を被らない安全性は魅力的ですね。

「短くて高利回りの案件が出てきましたね。もう追加資金がない。むやみに投資したい気持ちを抑えて、いい案件が出るまで待つことも大事ですね。勉強になる。」
→案件自体が多いため、より条件の良い案件が出た時に投資出来るかが大きな鍵。
むやみに投資するのではなく、待つことも大切なんですね。

「maneoの初めての分配。お金がお金を生んでくれた!小さいけど不労所得ゲット。」
→お金が動くことで小さいながらも不労所得が生まれるのは、大きなメリット。

「クラウドファンディング国内最大手のmaneoの運用利回りは年5〜8%、いろんな角度で調べてみたけど、この投資運用は仕組みが理にかなってる。是非ともおすすめです。」
→お金を借りたい新興企業と、お金を運用したい個人の思いがマッチしたサービスですね。

「今の時代に銀行にお金を預けておくのはもったいないと思い、投資を始めました。少額資金から始められるのがよくて、配当は少なくても大きなリスクも抑えられているのは個人的には安心です。少しづつ投資金額も増やしていきたいと思います。」
→銀行に預けてもお金にならない時代において、ソーシャルレンディングサービスはとてもおすすめですね。

「maneoは案件が多くて投資しやすい。他の会社だと登録したのに案件がなさすぎて結局投資しなかったな。」
→多種多様な案件を取り扱っているのも、maneoの大きな魅力と言って良いでしょう。

 

maneoに興味を持ったらソーシャルレンディングを始めてみては?

いかかでしたでしょうか?

今回は、クラウドレンディングサービス「maneo」にフォーカスを当てて、特徴やメリット、口コミについて解説致しました。

配当の遅延などもニュースにあり、デメリットが多いように思えますが、実際には貸し倒れ0件を達成しているという大きなメリットもあります。

「FXは損失が多そうで手が出せない」
「株で失敗した人が、周りに大勢居て手が出せない」

そんな方には、まずは手軽に資金運用出来るソーシャルレンディングがおすすめです。

最初に話した通り、現在は既存のものを「シェア」することで大きな利益が生まれます。
よりソーシャルレンディングを有効活用して、人生をより楽しく豊かにして下さい。

この記事が、新しくソーシャルレンディングサービスに興味を持つ方の、一つのきっかけになれば幸いです。

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰