中国電力、シェアリングロッカーサービスを広島で開始 メルカリの商品発送、ベビーカーなど貸出を展開

中国電力のマルチシェアリングロッカー活用サービス「ぐっとずっと。シェア」が本日7月12日(金)より、広島県広島市の「イオンモール広島祇園」において開始されました。

【PR】PayPay、新規登録でもれなく500円相当のPayPay残高をプレゼント

ロッカーで商品の発送・回収、機器レンタルなど展開

「ぐっとずっと。シェア」は誰でも利用できる「マルチシェアリングロッカー」を活用し、商品の回収・配送、受け渡し、機器レンタルなどを展開する国内初のサービスです。

サービスではメルカリ、アップリカ、マキテック、エコバックスジャパンと提携。
メルカリは売れた商品をロッカーに預けることで、梱包と発送を代行するサービスを実施します。アップリカ・マキテック・エコバックスジャパンの3社はベビーカー、ジュニアシート、車椅子、窓掃除ロボットをロッカーで貸し出すレンタルサービスを開始します。

「ぐっとずっと。シェア」はWEBサイトから会員登録が可能であり、開始から一定期間はサービスがお得に試すことができるキャンペーンが催される予定です。


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

この記事に関連するタグ

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。