傘のシェアリング「アイカサ」、渋谷区と連携開始 区役所など加盟店増加へ

傘のシェアリング「アイカサ」、渋谷区と連携開始 区役所など加盟店増加へ

傘のシェアリングサービス「アイカサ」が本日7月25日(木)より、渋谷区との連携を開始しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

「完全に傘がシェアできる街、渋谷」実現へ

アイカサは1日70円・月420円で傘をレンタルできるサービスであり、加盟店は272店舗・39,000人以上に利用されています。傘のレンタルはLINEから申し込むことができ、傘に印字されているQRコードを読み取ることで利用可能。雨が止んだ際は最寄りの加盟店で返却できるようになっています。
支払いはクレジットカードスマホ決済サービスのLINE Pay(ラインペイ)が対応しています。

今回連携を開始した渋谷区はアイカサのサービス発祥の地として知られています。都内や福岡などでエリアの拡大を進めていましたが「完全に傘がシェアできる街、渋谷」の完成のため、区内の公共施設、駅や駅周辺など利便性が高いスポットの開拓に尽力していくといいます。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
傘のシェアリング「アイカサ」、渋谷区と連携開始 区役所など加盟店増加へ
最新情報をチェックしよう!
WRITER