ライフスタイル

KDDI、渋谷で音のAR「Audio Scape」提供へ AIが位置、天気などに応じた音楽を選曲

KDDIが渋谷区観光協会、渋谷未来デザインと「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」の第2弾として、音のAR(拡張現実)サービス「Audio Scape」を10月19日(土)より提供します。

【PR】明日から住める賃貸。敷金礼金ゼロ・初期費用なし・家具家電付き

「第14回渋谷音楽祭」に合わせてサービス開始

「Audio Scape」は渋谷区内の一部エリアで専用サイトにアクセスすると、AI(人工知能)が位置情報・時間・気分・天気などを解析し、それぞれのエリアの世界観・カルチャーに合わせた音楽を自動で選曲するサービスです。

今回の取り組みはKDDI・渋谷区観光協会・渋谷未来デザインによる「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」の第2弾であり、9月14日(土)に開催された「渋谷エンタメテック会議」で発案されたアイデアをもとに実現しました。
サービスではDGLabが開発した音に関するウェブAR技術と、coton・東京藝術大学が共同開発した音楽生成サービス「soundtope」が使用されています。

「Audio Scape」は10月19日(土)・20日(日)に開催されるイベント「第14回渋谷音楽祭」に合わせてサービスを開始し、12月末まで展開予定です。

今後は「Audio Scape」と世界的なアーティストのコラボレーションを予定しているほか、5G(第5世代移動通信システム)時代を見据え、KDDIが有するテクノロジーとオープンイノベーションを組み合わせることで、渋谷の街をエンターテインメントとテクノロジーでアップデートしていくといいます。

関連記事

一般財団法人渋谷区観光協、一般社団法人渋谷未来デザイン、KDDIは2019年9月12日に、来たる5G時代に向けて「渋谷の街をエンターテインメントとテクノロジーでアップデートする」をテーマに渋谷の魅力を発見・発信する「渋谷エンタメテック推進プ[…]

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!