ライフスタイル

弥生、最新デスクトップアプリ「弥生 20 シリーズ」を発売へ

弥生株式会社は、デスクトップアプリケーションの最新バージョン「弥生 20 シリーズ」を11月15日(金)に発売します。

【PR】明日から住める賃貸。敷金礼金ゼロ・初期費用なし・家具家電付き

軽減税率など法令改正に対応。業務効率化機能を強化

以下、プレスリリースより引用。

「弥生 20 シリーズ※1」の主な特徴は、法令改正への対応と業務効率化機能の強化です。2019年10月より消費税率10%と軽減税率制度が開始されました。「弥生 20 シリーズ」では、「消費税10%の自動計算」、「軽減税率8%、複数税率の入力、および税率別の自動計算」、「区分記載請求書の作成と印刷」などに対応※2します。また、弥生会計ラインアップ※3の自動取込・自動仕訳機能「スマート取引取込※4」において、金融機関との口座連携機能※5のAPI連携の推進や、AIによる推論精度の向上により、お客さまの会計業務をより一層効率化します。

 弥生は、今後も「事業コンシェルジュ」として挑戦、進化を続け、お客さまの経営をサポートしてまいります。

法令改正への対応

・消費税法改正への対応
 消費税率10%、軽減税率制度の開始に対して、以下の機能を提供します。対象製品は「やよいの青色申告 20」 「弥生会計 20」「やよいの見積・納品・請求書 20」「弥生販売 20」です。
 ・消費税率10%の自動計算
 ・軽減税率8%、複数税率の入力、および税率別の自動計算
 ・各種帳票・消費税申告書への対応(「やよいの青色申告 20」「弥生会計 20」のみ)
 ・区分記載請求書の作成と印刷(「やよいの見積・納品・請求書 20」「弥生販売 20」のみ)
・令和元年分 年末調整への対応
 令和元年分の年末調整処理ができる「年末調整対応版(令和元年分)」のプログラムを
 オンラインアップデート※6で提供します。対象製品は「やよいの給与計算 20」「弥生給与 20」です。
・確定申告e-Taxモジュールを提供予定
 令和2年分の所得税確定申告から、青色申告特別控除額と基礎控除額が変更され、電子申告または電子帳簿保存
 を行うことで控除額の実質10万円アップが予定されています。電子申告をかんたんに行うことができる「確定申
 告e-Taxモジュール」を提供する予定です。対象製品は「やよいの青色申告 20」「弥生会計 20」です。

業務効率化機能の強化

・「業務3.0※7」を推進する弥生は、弥生会計ラインアップの自動取込・自動仕訳機能である「スマート取引取
 込」について継続的な機能強化を予定しています。現在、「スマート取引取込」において金融機関と法人口座
 3,000件以上を含む、全国5,000件以上(2019年9月時点)のスクレイピングによる口座連携をしています。
 また、当該金融機関に対してより安全なAPI連携への切り替えを引き続き推進します。加えて、ユーザー全体の
 集合知をもとに推論を行う「全体推論」を強化し、初めて取り込む取引においても自動仕訳が可能になるなど、
 AIによる推論精度の向上を目指します。

過去最高売上を達成、登録ユーザーは190万に到達(2019年9月期)

2019年9月期、弥生は過去最高の売上を達成しました。登録ユーザー数もデスクトップアプリケーションとクラウドアプリケーションの両輪で着実に拡大し190万に到達しました。また、業界シェアも継続してデスクトップアプリケーション、クラウドアプリケーションともにNo.1※9を獲得し、多くの事業者にご利用いただいています。

※1 「やよいの青色申告 20」「弥生会計 20」「やよいの給与計算 20」「弥生給与 20」「やよいの見積・納品・請求書 20」「弥生販売 20」「やよいの顧客管理 20」
※2 有償保守ユーザーに対しては、オンラインアップデートにて2019年9月から順次、提供を開始しています
※3 クラウドアプリケーション:「弥生会計 オンライン」「やよいの青色申告 オンライン」
               「やよいの白色申告 オンライン」
  デスクトップアプリケーション:「弥生会計 20」「やよいの青色申告 20」
※4 弥生会計ラインアップ デスクトップ製品をご利用のお客さまがご使用になる場合、
  あんしん保守サポートにご加入いただく必要があります
※5 銀行明細(法人口座/個人口座)やクレジットカード、電子マネーなどの取引データを、
  クラウド上で仕訳データに自動で変換し、ご利用の弥生会計ラインアップの各製品に取り込む機能
※6 ユーザー登録が必要です
※7 会計業務、商取引、給与・労務業務、関連する3つの存在をつなぐことによって業務を効率化する、
  スモールビジネスのための新たな業務プラットフォーム
※8 デスクトップアプリケーション: 63.0%:業務ソフト市場における弥生製品のシェア: 第三者による
  市場調査をもとに独自集計 (対象期間:2018年10月1日~2019年6月30日)
  クラウドアプリケーション:57.0%:「クラウド会計ソフトの利用状況調査」-MM総研調べ 2019年3月末

弥生株式会社について

弥生株式会社は、業務ソフトウェアメーカーとして、中小企業、個人事業者、起業家の方々の事業を支える「インフラ」であることを使命としています。また、それに留まらず、事業者の皆さまが事業を立上げ、進め、そして広げていく上で直面する様々な課題や悩みにお応えできる「事業コンシェルジュ」を目指し、日々進化をしています。
売上実績No.1※9の「弥生シリーズ」デスクトップアプリケーション、クラウド会計ソフト利用シェアNo.1の「弥生シリーズ」クラウドアプリケーション、多彩なサービスを揃えた「サポート・サービス」を通じて、お客さまの事業の発展を支援します。なお、弥生は2014年からオリックス株式会社のグループ会社です。
弥生の詳細については https://www.yayoi-kk.co.jp/ をご覧ください。

※9 デスクトップアプリケーション。全国の主要家電量販店・パソコン専門店・ネットショップ2,654店における
  ソフト実売統計で、弥生は2018年年間最多販売ベンダーとして最優秀賞を獲得。
 (業務ソフト部門:20年連続受賞、申告ソフト部門:15年連続受賞)-株式会社BCN調べ

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
お得なクーポンやキャンペーン情報から話題のキャッシュレス、スマホ決済、仮想通貨、信用スコアなど新時代の金融・投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信しています!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!