ライフスタイル

スマホ充電器のシェアリングChargeSPOT、山梨県の16施設に設置 災害時は無料提供

モバイルバッテリーのシェアリングサービス「ChargeSPOT」を提供するINFORICHが、山梨県と防災協定を締結しました。

【PR】明日から住める賃貸。敷金礼金ゼロ・初期費用なし・家具家電付き

ChargeSPOTで山梨県の観光スポットを安心・安全に

INFORICHが提供するChargeSPOTは、「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに日本、台湾、タイなどで展開されている、スマートフォン用充電器のシェアリングサービスです。

専用アプリやLINEの公式アカウントから充電器のレンタル手続きを行うことができ、支払いやクレジットカードやLINE Pay(ラインペイ)などキャッシュレス決済に対応。
全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストア、公共施設などを中心に専用スポットが設置されています。

INFORICHは山梨県と、ChargeSPOTを活用した災害時におけるモバイルバッテリーの提供とデジタルサイネージによる観光・災害情報の発信協力に関する協定を締結しました。

今回の協定により、ChargeSPOTが山梨県の関連施設16カ所(観光施設10カ所・防災関係6カ所)に設置されます。
今後観光事業者などへ設置を促進していくことで、県下各地の観光スポットなどで直接観光客に情報提供が行えるようになるといいます。

また、災害時は無料でモバイルバッテリーを提供することで、安心・安全に山梨県を周遊できる環境を確立していくとのことです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。