ライフスタイル

JCB、「キャッシュレス・消費者還元事業2019」を調査 クレジットカード決済が最も高い利用率に

ジェーシービーは12月9日(月)~12月11日(水)の3日間、全国の20~69歳の男女1,000名を対象に「キャッシュレス・消費者還元事業に関する調査2019」をインターネットで実施しました。

【PR】明日から住める賃貸。敷金礼金ゼロ・初期費用なし・家具家電付き

「もっと早く使っておけばよかった」新規利用層の71.9%

キャッシュレス決済の利用頻度が増える背景には利便性と利得性と安心感があります。
利用頻度が増えた層は「少額でも気にせず使える」「ポイントがよく貯まる」「周囲に使う人が増えた」と実感しています。

全回答者(1,000名)にキャッシュレス・消費者還元事業で利用しているキャッシュレス決済を聞いたところ、「クレジットカード決済」が最も高い結果になりました。
次いで「電子マネー決済」、「QRコード決済・バーコード決済」となりました。
消費者還元を受けるためのキャッシュレス決済方法として、クレジットカードが多くの人に支持されているようです。

またキャッシュレス決済の新規利用層(135名)に、キャッシュレス決済をもっと早く使っておけばよかったと思うか聞いたところ、「そう思う(計)」は71.9%となりました。

男女別にみると、「そう思う(計)」と回答した人の割合は男性81.1%、女性65.9%で、男性のほうが15.2ポイント高くなりました。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
お得なクーポンやキャンペーン情報から話題のキャッシュレス、スマホ決済、仮想通貨、信用スコアなど新時代の金融・投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信しています!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。