ライフスタイル

傘のシェアリングサービスアイカサ、福岡市地下鉄空港線の全13駅に導入へ

傘のシェアリングサービス「アイカサ」が2月26日(水)以降、福岡市地下鉄空港線の全13駅で利用できるようになります。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

箱崎線・七隈線でも導入検討

アイカサは1日70円・月420円で傘をレンタルできるサービスであり、約650箇所で展開6万人以上に利用されています。
傘のレンタルはLINEから申し込むことができ、傘に印字されているQRコードを読み取ることで利用可能。雨が止んだ際は最寄りのスポットで返却できるようになっています。

今回アイカサと福岡市が連携し、福岡市地下鉄空港線の全13駅においてアイカサが導入されることがわかりました。
なお、アイカサが福岡で展開し始めた頃より、ユーザーから福岡市地下鉄への導入を求める声が多く上がっていたとのこと。今後も「傘を買わない街、環境に良い福岡」の実現を目指し、箱崎線と七隈線全駅にも早期導入を検討していくといいます。

福岡市地下鉄空港線 アイカサ導入概要

・姪浜(令和元年10月〜) 2台
・室見 1台
・藤崎 1台
・西新 2台
・唐人町 2台
・大濠公園 2台
・赤坂 2台
・天神 5台
・中洲川端 4台
・祇園 1台
・博多 4台
・東比恵(令和2年3月上旬〜) 2台
・福岡空港 2台

※箱崎線貝塚駅へは令和元年10月から1台設置済み

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。