ライフスタイル

60%以上が「モノ」より「コト」消費重視 ジャパンネット銀行が調査

ジャパンネット銀行が20~60代の男女各500名、計1,000名を対象に、「応援消費」に関する意識・実態調査を実施しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

3人に1人が「応援消費」経験者

近年、人や企業・地域などを応援するために支払う「応援消費」をする人が増えてきています。
「応援消費」は、もともと被災地支援のための消費を指す言葉でしたが、最近では「ふるさと納税」「クラウドファンディング」「推しているアイドルへの消費」など、自分以外の誰かのために支払う場面が増加。倫理的で正しいと思えるものに支払う「エシカル消費」への関心が高まってきていることもうかがえます。

お金の使い方に関する考えでは、「欲しいものはたくさんはない」「モノより体験・思い出を重視したい」「「共感できるものにお金を使いたい」「救われたり喜ぶ人がいる消費は嬉しい」といった回答に約半数が「あてはまる」と回答。
消費活動でも、「モノ」より「コト」を重視する人が増えていることがわかりました。


また、3人に1人(34%)は実際に「応援消費」を行ったことがあると回答。未経験者でも2人に1人(50%)は「応援消費」を魅力的な考え・行為と捉えており、今後「応援消費」が広まっていく可能性が高いとみられています。


「応援消費」の経験者は直近1年間で「1万円未満」を費やしており、中には「200万円以上」という回答もわずかながら見受けられました。


「応援消費」を行うきっかけは「報道・ニュース」が最多で、3人に1人(34%)は「SNS」を挙げています。


また、スマホ決済サービスの利用者と非利用者を比べたところ、利用者と非利用者で9ポイントの差がみられました。
スマホ決済サービスの利用者は決済以外でもスマートフォンのサービスを活用している可能性は高いとみられており、身近なスマートフォンからできる「手軽さ」も「応援消費」普及の鍵になると考えられます。


応援消費の満足度は94%で、「誰かのためになっている、役に立てていること」「商品やサービスに共感できること」を満足の理由として挙げています。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。