ライフスタイル

KDDIとソフトバンク、地方の5G早期整備を推進する合弁会社

KDDIとソフトバンクが4月1日(水)、地方における5G(第5世代移動通信システム)ネットワークの早期整備を共同で推進するための合弁会社「5G JAPAN」を設立しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

5Gネットワークの地方展開を加速へ

5G JAPANでは5Gネットワークの地方展開を加速するべく、KDDIとソフトバンクが保有する基地局資産の効率的な相互利用を推進していくとしています。
また、5G基地局の工事設計や施工管理に関する業務を行っていくとのことです。

代表取締役社長はKDDIの寺尾徳明氏、代表取締役副社長はソフトバンクの大瀧栄司氏が就任。
東京都港区に本社を構えており、株主構成はKDDI50%、ソフトバンク50%となっています。

KDDIの「お客さまの期待を超える感動をお届けすることにより、豊かなコミュニケーション社会の発展に貢献」、ソフトバンクの「情報革命で人々を幸せに」の2つのビジョンのもと、あらゆる産業をカバーする5Gネットワークを早期に整備し、日本の産業育成や地方創生、迅速な災害の復旧・復興に貢献することで、国際競争力の向上を図ります。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。