ライフスタイル

医療相談アプリLEBER、茨城県の全世帯へ無償提供 家族4名まで対応

茨城県とAGREEが4月9日(木)より、医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」を茨城県の約120万世帯へ無償提供を開始することが発表されました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

すべての身体・心の不調が相談対象に

AGREEが提供する「LEBER」は、スマートフォンから24時間医療相談ができるアプリです。

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、オンライン診療における初診が正式に決定する中、茨城県の約120万世帯を対象に本日4月9日(木)から「LEBER」の無償提供がスタートしました。
これにより、茨城県内全域から遠隔医療相談が無料で行えるようになります。

茨城県における無償提供期間は9月30日(水)まで。回数無制限で24時間無料で相談でき、家族4名まで(相談者を含めて5名)が対象となります。
また、全国17万件以上の医療機関を検索できるほか、過去の相談や回答内容の閲覧・参照も可能となっています。
医療相談は新型コロナウイルス関連に限らず、すべての身体・心の不調に関する相談にも対応するとしています。

なお、今回の取り組みの体制整備にあたり「総合守谷第一病院」「竹村内科腎クリニック」「県西在宅クリニック」「松島クリニック」「悠翔会クリニック」「メドアグリクリニック」から協力を得ることができたとのことです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。