ライフスタイル

スマホ充電器シェアリングのChargeSPOTが青梅市、モバイルステーションと防災時の活用で連携

モバイルバッテリーのシェアリングサービス「ChargeSPOT(チャージスポット)」を提供するINFORICHが、東京都青梅市とモバイルステーションと3社間で「ChargeSPOT」の設置に関する連結協定を締結しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

災害時にモバイルバッテリーを無料貸し出し

「ChargeSPOT」は「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに、全国の駅、空港、商業施設、飲食店、コンビニエンスストア、公共施設など中心に設置されている、スマートフォン用充電器のシェアリングサービスです。

専用アプリやLINEの公式アカウントから充電器のレンタル手続きを行うことができ、料金は1時間未満150円、48時間未満は300円、最大7日間(168時間)の場合は1日(24時間)150円で提供。
支払いはクレジットカードLINE Pay(ラインペイ)などキャッシュレス決済に対応しています。

今回、青梅市内で事業を行うモバイルステーションより、「ChargeSPOT」が災害発生時における市民ニーズに応えることができる一つの大きなツールであると青梅市からの提案により、3社間で防災協定を締結しました。

「ChargeSPOT」を青梅市に積極的に設置することで、青梅市民への情報提供が可能となるほか、災害時には無料でモバイルバッテリーが提供されるため、青梅市における災害対応力の強化にもつながります。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。