ライフスタイル

LINE家計簿、レシート読み取りによる支出入力に対応

LINE Payがが提供する家計簿・資産管理サービス「LINE家計簿」が7月28日(火)、「トーク入力機能」において新機能「レシート読み取り」を新たに提供開始しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

AIがレシートを自動で読み取り・カテゴリ振り分け

LINE家計簿では、アプリ版の機能としてレシート読み込み機能を提供をしているほか、LINE公式アカウントのトーク画面から品目と金額を入力するだけで、支出が自動的にLINE家計簿へ反映される「トーク入力機能」を提供しています。

今回、「トーク入力機能」において出入力の利便性をさらに高めるため、新たに「レシート読み取り」機能が追加されました。
LINE家計簿のLINE公式アカウントのトーク画面でレシートの画像を送ることで、AIがレシートの内容を読み取って支出が自動的に「LINE家計簿」へ入力されます。
なお、レシートは一度に最大50枚まで送ることが可能です。

さらに、AIが支出品目のカテゴリーが自動で振り分けるほか、登録した支出の修正や削除もトーク画面から変更することができ、手間なく簡単に支出管理が行えます。

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

併せてオススメ

LINEモバイル「夏のWプレゼントキャンペーン 最大10,000円相当プレゼント」実施中

最新情報をチェックしよう!
WRITER
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。