Googleマップのダークモード対応、送信予約などAndroidの新機能発表

Googleマップのダークモード対応、送信予約などAndroidの新機能発表

Googleが2021年2月23日(火)、Androidに搭載する6つの新機能を発表した。

危険性があるパスワードの検査機能も

危険性があるパスワードの検査機能も

Android 9以降に対応するデバイスに搭載される「Password Checkup」は、パスワードをGoogleアカウントに保存する「Autofill」と連携した新機能。
ユーザーが入力したパスワードが、以前流出したものと一致すると警告を表示し、パスワードの変更を促す。

公式アプリ「メッセージ」では、指定した日時にメッセージを送ることが可能に。メッセージの入力後に紙飛行機アイコンの送信ボタンを長押しすると、送る日時が選べるようになっている。

また、Androidのスクリーンリーダー「TalkBack」の新バージョンが公開されたほか、Googleアシスタントを使用することでスマートフォンがロックされている状態でも電話の発信、アラーム設定、音楽再生などができるようになった。

Googleマップではダークテーマが新たに登場。目への負担軽減はもちろんのこと、バッテリーの節約にも役立つ機能となっている。
ダークテーマは設定画面の「Theme(テーマ)」から「Always in Dark Theme(常にダークテーマにする)」を選ぶことで設定可能だ。

カーナビアプリ「Android Auto」では、カスタム壁紙の設定や雑学クイズ、「ジェパディ!」のような音声で起動するゲームを追加。
起動画面にはショートカットが新たに実装され、連絡先や天気の確認が行えるようになった。また、ワイドスクリーンを備えている場合は画面の分割機能が利用でき、Googleマップを表示しながらメディアコントロールなども表示可能だ。


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
Googleマップのダークモード対応、送信予約などAndroidの新機能発表
最新情報をチェックしよう!
WRITER