アマゾン、マンションのオートロックと連携する「置き配」新システム

アマゾン、マンションのオートロックと連携する「置き配」新システム

Amazonが2021年2月25日(木)、アメリカなどで先行導入している「Key for Business」を日本で開始することを発表した。

大東建託、ALSOKと連携も

大東建託、ALSOKと連携も

「Key for Business」は、Amazonから委託を受けた配送業者、配送ドライバーが専用アプリからマンションのオートロックを解除できるシステム。

これにより、オートロック付きのマンションにおいて注文客の不在時や宅配ボックスの満杯時、注文客が在宅時に手を離せず対応が難しい時でも、配送業者は玄関などへ置き配ができるようになる。

また、本サービスを活用し再配達を減らすことで、配送業者の負担軽減、二酸化炭素などの排出削減による環境負荷の軽減にも期待できるという。

日本における「Key for Business」開始時は、マンション200棟への導入を予定しているとのこと。
また、大東建託パートナーズ、ALSOK(綜合警備保障)をはじめとする企業と連携し、パートナー企業を順次拡大しながらを全国展開を目指す。


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
アマゾン、マンションのオートロックと連携する「置き配」新システム
最新情報をチェックしよう!
WRITER