ソフトクリームを巻いてくれる非接触型の牛型ロボット「レイモくん」

ソフトクリームを巻いてくれる非接触型の牛型ロボット「レイモくん」

「調理ロボットサービス」を開発するコネクテッドロボティクスが、関越自動車道の三芳パーキングエリア上り線の商業施設「Pasar(パサール)三芳」において、2021年7月28日(水)〜8月16日(月)までの期間、非接触型ソフトクリームロボット「レイモくん」の実証実験を実施する。

同社は、2020年10月に「東京都ものづくりベンチャー育成事業」に採択。本事業の取り組みの一環として、ソフトクリームロボットでの注文から商品提供まですべてのプロセスを、非接触で行うサービスの開発と量産体制を進めてきた。

今回は店頭で初めてソフトクリームロボットの実証実験を実施。
長崎ハウステンボスやポッポ イトーヨーカドー幕張店で稼働しているロボット「レイモくん」を使用し、一定期間の習熟が必要とされるソフトクリームの巻き作業をボタンひとつで自動化する。

これにより、注文から接客、商品提供まで無人で対応することができるほか、キャッシュレス決済の対応、そして従業員がロボットにコーンをセットする作業を省けるというメリットもある。


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
ソフトクリームを巻いてくれる非接触型の牛型ロボット「レイモくん」
最新情報をチェックしよう!
WRITER