Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットとは?リアルな声を大公開

Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットとは?リアルな声を大公開

テレワークなどが普及したことにより需要が大幅に増加しているのが料理のデリバリーサービスです。特にもUber Eats(ウーバーイーツ)は、東京や大阪などの都心部を皮切りに、現在も多くの都市でサービスの提供がスタートしている注目のサービスと言えるでしょう。

しかし、自宅で簡単にお店の味が楽しめる便利さとは別に、Uber Eatsやデリバリーサービス特有のデメリットが存在するのも事実です。

この記事では、Uber Eatsのデメリットについて、実際のアンケート結果よりリアルな声を紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットをアンケート調査

普段Uber Eatsを利用している方は、どのような点にデメリットを感じているのでしょうか。

大まかには下記のような意見がありました。数多くのアンケート結果より、特にも多い声を具体的に解説します。

大多数を占めるのが配送料とサービス料の高さ

配送料が高い

配送料が高いことがデメリットです。配達パートナーによっては中身が崩れた状態で持ってくる場合もあります。

少し割高な気もする…

配送料とかを考えると少し割高な印象です。また表示されている配達時間より大幅に遅くなって、イライラすることがあります。

お店の直営サイトの価格より高い

お店の直営サイトで注文するよりも価格が高いのが気になります。雨の日などは配達員がなかなか見つからないときもあります。

Uber Eatsで商品を注文する場合には、通常の商品代金にプラスして「サービス料」と「配送手数料」が上乗せで発生します。「サービス料」は「商品価格の10%」がかかりますが、注文が700円未満の場合は、「少額注文における手数料」として追加で150円をプラスで支払う必要があるのです。

「配送手数料」はお届け先の住所と配達ができるパートナーの数によって変動する金額となります。

例えば、代金が400円の商品をデリバリーする場合には、40円の「サービス手数料」と150円の「少額注文における手数料」が上乗せされるのです。もし「配送手数料」が150円であると想定すると、実際の支払い代金の合計は740円と、340円も高くなります。

直接店舗で購入するよりも、このような手数料が上乗せされてしまう点をデメリットと感じる方は多いです。

配達員の商品への取り扱いに対する不満も散見

土地勘がないのかな?

配達してる方が個人の方だからか、それとも土地勘がないためか配達が遅れることがあります。

やりとりが面倒くさい

配達パートナーの衛生面が信用できなかったり、道が分からないと尋ねてくるやりとりが面倒です。

当たり外れがある

配達パートナーは選べないので、正直当たり外れを感じます。酷い人だと商品が大量にこぼれていたりします。

Uber Eatsの配達パートナーは、一般の方が副業感覚で簡単に登録することが可能です。

「新しく始めて配送業務に不慣れ」「時間に追われて急いでいる」など、配達における意識と状況はさまざまであることから、パートナーさんによっては、商品管理が雑になってしまう場合もあります。

しかし、全体のアンケート比で見ると意見数は少なめであることから、このようなこともありえるという点を押さえておくことが大切です。

見ず知らずの方が配達をすることに対する怖さもあり

衛生面が不安

お店で作られたものを他人が持ってくるので、配達時の衛生面が不安です。

怖く思うこともある

知らない人が配達するので怖く思うこともあります。トラブルがあった時店舗ではなくウーバーイーツに問い合わせるのが面倒です。

デリバリーサービス全体にある問題ですが、どのような方が配達に来るかが分からない分、怖さがあるという意見も多くありました。店舗直営のデリバリーではなく、一般の方の登録制であることも不安を増加させる一因となっているのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットを少なくするコツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットを少なくするコツ

ここまでは、アンケート結果から見るUber Eatsのデメリットを説明しました。

このようなデメリットを上手に少なくするコツをいくつか紹介します。

配送手数料が安い店舗やプロモーションコードを有効活用する

例えば、タピオカドリンクを注文したい場合、都内での利用を想定するとタピオカドリンクを頼める店舗は無数に存在します。そのため、多くの店舗を閲覧し、配送手数料が安い店舗を選ぶのも1つのテクニックです。

また、Uber Eatsではプロモーションコードを利用することで「配送料無料」「商品代金値引き」などの特典も得られることから、メリットも活かしながらデメリットを最小限にすることが可能となります。

なお、クーポンが配信されており、クーポンを利用すればお得にオーダーできます。クーポンの発行条件や期間が設定されているため、公式サイトでチェックして、注文の際に活用しましょう。

今ならUber Eats初回注文の料金が1,000円引きになるクーポンが配信されています。アカウントを作った後はすぐにプロモーションコードを入手しましょう。

初回限定クーポン:1,000円引きプロモーションコード

BITDAYSQ220

有効期限:2021年6月30日まで

プロモーションコードを利用する際は必ず下記リンクからご利用ください。

届いた商品に不満がある場合はサポートセンターへ

届いた商品に大きな問題があった場合は、Uber Eatsのサポートセンターに連絡をしてみましょう。

状況確認などを行い、場合によっては返金対応や次回利用が可能なクーポンの付与などをしてもらえるケースもあります。

対面以外の受け取り方法も選べる

対面での受け取りが怖い場合には、玄関の前に置く「置き配」なども指定することが可能です。

インターホンを押してもらい、インターホン越しで「置いておいて下さい」などと伝えると対応してもらえますので、デリバリーサービスの利用に躊躇している方は、このような方法を試してみましょう。

Uber Eatsに限らずデリバリーサービスにはメリットとデメリットがある!

デリバリーサービスには利点も欠点もあり!デメリットをカバーする方法を知っておこう!

この記事では、数多くの方に答えてもらったアンケート結果より、Uber Eatsのデメリットと、デメリットを最小限にするコツについて説明しました。

どんな便利なサービスにおいても、必ずデメリットは存在します。デメリットを理解して、その対処法を知った上で、今後もUber Eatsを利用していきましょう。

Uber Eatsについて詳しくはこちら


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットとは?リアルな声を大公開
最新情報をチェックしよう!
WRITER