300人のリアルな声!Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの対応はどう?

300人のリアルな声!Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの対応はどう?

感染症対策における日本政府が推進するテレワークの普及などによって、自宅での時間が増加しました。このような変化によって、売上を大きく伸ばしているサービスが、「自宅で簡単にお店の味を楽しめる」点がメリットであるUber Eats(ウーバーイーツ)です。

一般の方が配達パートナーとして登録を行うことで、配達サービスを提供しており、「新たに副業を始めたい方」からも人気を集めています。

しかし、Uber Eatsにおいては「商品が原形をとどめずに届いた」などの声も聞かれ、サービス利用に不安を感じている方は多いのではないでしょうか。

BITDAYS編集部では、およそ300人を対象にアンケートを実施し、Uber Eatsの配達パートナーの対応がどうかについて解説します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの対応はどう?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの対応に対する調査結果の傾向は?

アンケートを実施し、配達パートナーの対応をどのように感じるかの回答を集めました。

具体的には、以下のような意見があります。

多くの方が「配達が早い」「丁寧」という意見が多い

感じも良いし配達も早い

配達パートナーの方は感じも良いし配達も早いと思います。料理がこぼれてしまったときもすぐに再配達してくれて親切でした。

素早い配達パートナー

料理が温かいまま届けてもらえる素早い配達パートナーの方にはとても感謝しています。

丁寧な連絡

置き配を選択しましたが、わざわざインターホンで玄関の前に置いておきましたと丁寧に連絡をくださる方がいて良かったです。

受け渡しもスムーズ

とても丁寧に料理を持ってきてくれて受け渡しもスムーズで良かったです。

回答数全体の割合を見ると、多くの方が懸念しているであろう「商品配達が雑」「配達に時間がかかる」などの意見は少数でした。

実際には「配達が早い」「丁寧」という意見が大半を占めており、ほとんどの配達パートナーが品質の高い配達を提供していることがわかります。

「丁寧に届くことが当たり前である」という前提であることから、SNSなどで商品が原形をとどめていない写真などは大きくクローズアップされる傾向にあります。インパクトの大きさと、実際にそのような状況が発生する数は比例しないことを知った上で、利用することが大切です。

アンケート結果を見ると、ほとんどの方がUber Eatsのサービスに満足している傾向が伺えます。

「愛想が悪い」「接客が残念」などのマイナス点もいくつかあり

無駄話がないため楽

Uber Eatsは無駄話がないため楽ですが、笑顔もなく愛想がないなと思う配達パートナーの方もいます。

疲れていたり愛想が悪い方も…

夜に注文するためか、疲れていたり愛想が悪いなど接客が残念だと感じることがあります。もちろん気遣いができている配達パートナーの方もいらっしゃいます。

そのほかのネガティブな意見として、「愛想が悪い」「接客が残念」などの意見も散見されました。

このような意見は、配達パートナーと利用者は初対面であることから、警戒心から来る可能性もあります。「どのような方が来るか分からない」という観点は、利用者もサービス提供者も同様です。

また、目に見える笑顔がないことから、「愛想が悪い」と言われることも多く、利用者やサービス提供者それぞれでむずかしい問題と言えるでしょう。

人間同士だからこそ出る不満がメインである

例えば、「無愛想である」と考える利用者側が求めている要素は、「配達パートナーは笑顔で接しなければならない」という評価基準があると仮定します。しかし、配達パートナー側からすれば初対面の方に対して笑顔を作るのが得意ではない方も多くいるのが事実でしょう。

配達する商品が原形をとどめていないなどは大きな問題であるが、人間同士のコミュニケーションにおいては配達パートナーだけが悪いとは判断できない部分もあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに対する不満を軽減するポイント

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに対する不満を軽減するポイント

配達パートナーに対する不満を軽減するポイントについて、いくつか解説します。

大手チェーン店なら店舗直営のデリバリーサービスを使う

Uber Eatsの場合は、パートナー登録している方が一般の方であり、実際に配達する方などをデリバリー利用者が指定することはできません。

一般の配達パートナーに少し恐怖心がある場合は、店舗直営のデリバリーサービスの利用がおすすめです。

実際にデリバリー専門で働いているパートナーが配達することから、配達経験などを踏まえても安定度は高いでしょう。

デリバリーを依頼した側の配慮も必要

サービスを評価する場合には、どうしても利用者側のネガティブな評価が目立ってしまいます。しかし、実際には依頼した側も配達パートナーに対して配慮する姿勢も大切と言えるでしょう。

  • 配達場所が分かりづらい場合には、配達場所を写真で送る
  • 近所のコンビニに居て自宅に不在の場合には、「置き配」指定を心がける
  • このように、配達する側が迷わないような配慮も、商品を受け取る側にも求められます。

    利用者側も配達する側も、互いに配慮する姿勢を持つことで、ストレスが軽減されることは多いです。

    Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの対応はポジティブな意見が多い!

    Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの対応はポジティブな意見が多い!

    この記事では、Uber Eatsにおける配達パートナーの対応について解説しました。

    配達パートナーに対するネガティブな意見は多くあるが、全体的な割合としてはネガティブな意見は少ない傾向にあり、SNSなどで取り上げられたりすることから実際数以上に目立つ部分もあります。

    しかし、数多くいる配達パートナーのなかには悪質な方が居るのも、事実です。デリバリーサービスは、サービス利用者と配達パートナーのそれぞれの対応がとても大切と言えるでしょう。

    Uber Eatsについて詳しくはこちら


    \メルマガ読者限定/

    毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

    デジタルな最新ニュースをCHECK!
    300人のリアルな声!Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの対応はどう?
    最新情報をチェックしよう!
    WRITER